夏休み!自由研究プロジェクト2017

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生

作り方

体がのびたり、ちぢんだり。楽しそうに走るネコをつくろう!
アロンアルフアを使うときは、「アロンアルフアを使うときの注意」をよく読んで、おうちの人といっしょにやろう。

用意するもの

厚口(あつくち)の黄ボール紙(または、工作用紙※)、中厚の色紙(色画用紙など)、つまようじ、きり、カッターナイフ、はさみ、絵の具など、アロンアルフア EXTRAゼリー状(じょう)、新聞紙5まいぐらい(工作をするときに下にしこう)
※工作用紙を使うときは、二つ折りにした中に、もう1まいはさんでしっかりはり合わせて厚みを出す。折り目部分を残して使うと強度が出る。

はり合わせるときや接着するときは、これを使おう!


ゼリー状だから、液(えき)がたれず、しみこまないので工作しやすいよ。
使い方のコツ

まず、ふちをぬってから中を全体的に行きわたるようにぬろう。はったときに、はみ出さないように気をつけてね。

こんなふうに動くよ

1.動かし棒(ぼう)をつくろう
  • 1

    26cm×1.3 cmに切った厚口の黄ボール紙(動かし棒(ぼう))と、持ちやすい大きさで半円形に切ったもの(持ち手)を「アロンアルフアEXTRAゼリー状」ではり合わせる。これを2つ用意する。
    それぞれの動かし棒の真ん中内側に、2mmほどの切りこみを入れる。

  • 2

    それぞれ、持ち手の方から10cm、反対の先から1cmぐらいのところに、きりであなをあける。先のあなには、1.5cmに切ったつまようじをそれぞれさして接着する。また、片方の動かし棒の残り真ん中のあなには、2cmほどに切ったつまようじをさして接着する。

  • 3

    一方の動かし棒の真ん中のあなに、もう一方の動かし棒のつまようじを通す。このとき、接着はしない。上の動かし棒がぬけないように、中厚の色紙をつまようじにはりながらまきつける。

  • 4

    持ち手より内側にななめにはみ出したパーツをそれぞれ作り、動かし棒の表とうらにはりつける。2

  • 5

    輪ゴムを三重にして切りこみにかける。

2.ネコをつくろう
  • 6

    20cm×5cmに中厚の色紙を切り、図のように手足を切りぬく。体の色をぬったら、紙で作った足先をはる。一方の足先には、つまようじが通るぐらいのあなをあける。しっぽをさす切りこみを入れる。

  • 7

    しっぽと補助(ほじょ)のパーツをつくったら、体の切りこみにしっぽを差しこんで、うら側から補助の紙ではりつける。

  • 8

    顔のパーツとして目と口をつくってはる。顔を体に差しこみ、はりつけ用の紙へんではる。

  • 9

    ネコの足を棒に差し、ネコが取れないように、つまようじに紙へんをまきつけてはる。このとき、ネコの足は動かし棒にはらない。

  • 10

    完成! 持ち手を左右に開いたり閉じたりして、ネコを走らせてみよう。

工作・フリーアートのまとめ方の例を見てみよう

注意

アロンアルフアを使う前に、「アロンアルフアを使うときの注意」を必ず読もう。
工作は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
工作前にこの作り方をしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
きり・はさみ・カッターナイフ・つまようじを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
きり・はさみ・カッターナイフ・竹ぐしを人に向けたりふりまわしたりしないこと。
きりやつまようじを持ったまま立ち上がったり歩いたりしないこと。
新聞紙の上など、よごれてもいい場所で作業をしよう。
使う材料や、完成した走るネコを火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
完成した走るネコをふりまわしたり、上に重いものをのせないようにしよう。
使う材料や完成したものは、使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
工作のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。

アロンアルフアを使うときの注意
・目に入れないようじゅうぶん注意する。目に入ったときはすぐに洗(あら)って、お医者さんにみてもらう。無理にはがしたり、目をこすらない。
・アロンアルフアを使うときは、使い方をよく読んでから使おう。
・アロンアルフアをぬるときは、アロンアルフアがはみ出さないように注意しよう。はみ出したら、つまようじなどできれいにとってね。
・アロンアルフアが指についてしまったときは、あわてて、無理にひっぱったり、はがそうとせず、40度くらいのお湯の中で、もむようにしてゆっくりはがすこと。指についたかたい部分は、しばらくすると自然に取れるよ。あらかじめ指にハンドクリームをぬっておくと、指に接着ざいがつきにくくなるよ。
・接着部や周辺部が白くなることがあるので、つけすぎないように注意すること。
・使用中と使用後は、まどを開け、換気をよくすること。
・ぬのや裏革(うらかわ)につくと発熱し、やけどのおそれがあるので使わないこと。
・火気は厳禁(げんきん)。火気のある場所では絶対(ぜったい)に使用しないこと。
・衣服などにつくと発熱のおそれがあり、あぶないよ。また、一度つくととりのぞけなくなるので、衣服にはつかないように十分気をつけること。
・使わないときは小さい子の手がとどかないところにしまい、いたずらをしないように注意する。
・接着以外には使用しないこと。
・直射日光(ちょくしゃにっこう)をさけ、湿気(しっけ)の少ない場所にしまうこと。
・すてるときは、よう器を密封(みっぷう)して燃(も)えないゴミとしてしょ理すること。

工作・フリーアートをするときの注意(工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

※この工作・フリーアートは、8月31日までの公開です。