夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 科学実験 > グラハム・ベルにちょうせん!

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生

実験方法

グラハム・ベルは、声のふるえを電流の強弱として伝えられることを発見したんだ。このとき作った音声送信機が電話のはじまりと言われているよ。
LEDライトとイヤホンコード、シャーペンのしんなどを使ってマイクをつくり、グラハム・ベルの実験にちょうせんしてみよう!

まとめ方

LEDライトを使ったマイクのつくり方をかく。マイクがどんなときに音が聞こえて、どうなると聞こえないか試して表にまとめよう。また、作ったマイクで、どんな音が聞こえやすいか、聞こえにくいか、試してまとめよう。

用意するもの

LEDライト、LEDライトに入れる電池、長いモノラルイヤホン、200mLぐらいの紙コップ、シャーペンのしん3本、つめやすり、セロハンテープ
でそろえられるよ。
ゼムクリップ2こ、はさみ、カッターナイフ、木工用せっ着ざい、細いプラスドライバー、ビニルテープ、ものさし

はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
1モノラルイヤホンのプラグ部分を切りはなす。コードを50cmぐらい2つにさいて単線にする。A、B、Cのパーツにしたら、4カ所の先2cmぐらいのビニルをはずし、導線(どうせん)を出す。2導線のコーティングをはがす。導線には、目に見えないコーティングがあり、そのままでは通電しない。やすりでていねいにこすり落として使うよ。スティックのつめやすりが作業しやすい。だいたい30~40回こすると通電する。やすりでこする。こすった導線をねじっておく。

3LEDライトのケースのネジをはずして開き、とめ具などのふぞく品をはずす。
モノラルイヤホンのプラグ部分を切りはなす。コードを50cmぐらい2つにさいて単線にする。A、B、Cのパーツにしたら、4カ所の先2cmぐらいのビニルをはずし、導線(どうせん)を出す。1で作ったコードAとBを、LEDライトから出ている足にまき付けてせつ続する。※小さなネジなどがなくならないように気をつけよう。※一度LEDをはずしてからせつ続しよう。あとでもとにもどせるように、写真をとっておくといいよ。

5コードAとBはすき間を通し、とめ具が付いていたあなに通す。もとどおりにケースをとじれば、スイッチ部分の完成。※ケースにあながない場合は、ネジをゆるめにしめよう。ここで、ライトがつくことをたしかめる。6コードAとCの先に、ゼムクリップをつける。あぶなくないようにセロハンテープをまいておこう。二重にまく。ねじる。セロハンテープをまく。

7シャーペンのしん3本を平らにそろえて、まん中にセロハンテープをまいてから、そっと折る。セロハンテープ1.5cmくらい。おす。折る。折れている部分がくっついている。8カップの底に、しんの折った部分を置き、セロハンテープでとめる。9セロハンテープをつけたゼムクリップを、しんにのせるようにして、カップの側面に固定する。調節しやすいように、セロハンテープのはしを折っておこう。

102つめの紙コップをさかさにして、木工用せっ着ざいではりつけよう。コードがからまないように何カ所かビニルテープやセロハンテープをまいておく。もう一つのコップにのせてせっ着する。せっ点に木工用せっ着ざいをつけて、しばらくのせておくと、くっつく。コードはからまないように何カ所かまいておこう。スイッチをおしてLEDライトがつけば通電しているよ。しばらく使ってライトがつかなくなったら電池を入れかえてね。使い方:このマイクはふたりで使うよ。ひとりは紙コップを持ち、もうひとりはイヤホンを耳につけ。遠くにはなれよう。紙コップを持った人が、スイッチをおしながら声を出すと、イヤホンからその声が聞こえてくるよ。

聞こえない時は…シャーペンのしんとゼムクリップはしっかりくっついているかな?まん中を折ったシャーペンのしん同士がはなれていないかな?コードがせつ続されているかたしかめよう。

発展:作ったマイクで、どんな音が聞こえやすいか、聞こえにくいか、試してみよう。

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

・実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
・実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
・実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
・はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
・導線やLEDライトの先、シャーペンのしんで、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。
・LEDライトの小さな部品は、なくさないように気をつけること。
・電池をなめたり、口に入れたりしないこと。まちがって飲んでしまうと、とてもあぶないよ。万一のみこんだ場合は、すぐに病院に行くこと。
・イヤホンコードを手指や首にまきつけるとあぶないので、ぜったいにしないこと。
・マイクを火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
・マイクをぶつけたり、重いものをのせないようにしよう。また、ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがあるよ。使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
・安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
・実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

静電気モーターが回るしくみ
シャーペンのしんは、金属のように電気を通すんだ。スイッチを入れたあと、声を出していないときは電気の流れは一定している。声を出すと声のふるえがしんに伝わり、折られたところもふるえる。そのため、電気の流れが不安定になる“ふるえ”が生まれる。

その電気の流れのふるえがイヤホンを通って、再び声(音)のふるえに変わったんだ。マイクができたのはそのためだよ。



監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

※この科学実験は、8月31日までの公開です。