夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > アレルギーの治りょうに使われるくすり

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生中学生

調べ方

食品や花粉(かふん)などが原因(げんいん)で起こるアレルギーの話はよく耳にするね。自分の経験(けいけん)をふり返ったり、おうちの人に聞いたりして、アレルギーにはどんなものがあるかを調べよう。また、アレルギーはなぜ起こるのか、アレルギーを治すくすりは、どんなしくみなのか、日本製薬(せいやく)工業協会「*」のサイトを手がかりに調べよう。
*ここから先は外部サイトへ移動(いどう)します。

まとめ方

アレルギーの原因(げんいん)となるものや、アレルギーが起こるしくみをイラストを使って説明しよう。また、アレルギーをおさえるくすりがきくしくみを、図やイラストを用いて説明しよう。

■アレルギーとその原いん:アレルギーは、体に入ってきたい物をたおそうとするはたらきが強く出すぎること。■アレルギーが起こるしくみ�@花ふんなどが体に入る。�A花ふんの成分にくっつくこう体がふえる。�Bひまん細ぼうにこう体がつく。�Cまた花ふんが体に入ると、こう体に花ふんがくっついてひまん細ぼうからヒスタミンが出る。�Dこのヒスタミンが、受よう体とくっついて、くしゃみなどを起こす。■アレルギーのしょうじょうをおさえるくすりがきくしくみ:アレルギーをふせぐには、ヒスタミンが出にくくするくすりと、ヒスタミンが受よう体にくっつくのをじゃまするくすりがある。

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

くすりのヒミツを大研究へ

※この研究は、8月31日までの公開です。