夏休み!自由研究プロジェクト2017

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生中学生

作り方

森などで材料を集めてきみだけの森をつくろう。

用意するもの

軍手、木工用せっちゃくざい、のこぎり、きり、めうち、ナイフ、わりばし、つまようじ、木の板(ベースになるもの)、オーブンレンジ

外で集めるもの

木の実、えだ、小石など。

1

外で木の実やえだ、小石などをひろって集める。
生えているものは取らず、落ちているのを集めてね。

※野外活動をするときは、強い日光や虫、草から身を守るために、ぼうしをかぶり、なるべく、はだの出ない服装(ふくそう)をしよう。かならず、おうちの人といっしょに行こう。
※ナイフやのこぎりを使うときは、かならず、おうちの人をいっしょにしよう。
※あながあいている木の実には、中に虫がいることが多いので、ひろわずに置いておこう。

大きな木のえだなどは、ナイフで小さくして持ち帰ろう。

大きな木のえだなどは、持ち帰ってからのこぎりで切ろう。

2

ひろって集めてきたものを水できれいにあらう。
【木の実やえだの準備(じゅんび)】

※オーブンレンジを使うときは、おうちの人に手伝ってもらおう!

あらかじめ200度にあたためておいたたオーブンに木の実や木を入れて、スイッチを止めた状態(じょうたい)で30分くらい予熱(よねつ)で焼(や)く。
直接日の当たらないところでよくかわかす。

3

どんぐりなどの木の実で動物の形をつくる。

つまようじを少しずつ回しながらナイフで切れ目をつける。

切れ目を使ってつまようじをおって必要な長さにする。

きりで木の実にあなをあける。

あなにつまようじをさしてせっちゃくざいでつける。

せっちゃくざいで木の実同士をつける。

4

土台になる木の板にきりであなをあけて、えだを立てる。

5

いろいろな長さのわりばしやようじを用意して、せっちゃくざいでつけてツリーハウスをつくる。
わりばしのおりたいところをナイフでけずる。
または、わりばしを少しずつ回しながらナイフで切れ目をつける。
けずったり、切れ目をつけたところを使ってわりばしをおって必要な長さにする。
わりばしをせっちゃくざいでつけて、わくをつくる。これを積(つ)み上げていく。
短いわりばしを使ってすき間をつくって、まどにする。
長いわりばしをならべてつけて屋根をつくる。
わりばしに短いつまようじをならべてつけてはしごをつくる。

6

土台の木に、木の実でつくった動物と小石をおく。

できあがり

ツリーハウスは、たとえば右の図のようなささえをわりばしで作ってえだにひっかけよう。

うさぎの森

カブトムシの森

工作・フリーアートのまとめ方の例を見てみよう

注意

工作は必ずおうちの人といっしょにやろう。
工作をする前に、やり方をよく読んでからはじめよう。
刃物(はもの)を使うときなど、自分だけでできないときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
刃物や先のとがったものを投げたり、ふり回したり、らんぼうなあつかいは絶対(ぜったい)にしないこと。
木の実や小石などをなめたり、口に入れたりしないこと。
オーブンレンジを使うときはやけどに注意し、おうちの人といっしょにやろう。
せっ着ざいが目や皮ふにつかないように注意しよう。
材料をけずったり切ったりしたはへんは、なめたり口に入れたりせず、すぐにすてよう。
工作は、まわりに新聞紙などをしいてから行ってください。
工作のあとは手あらいとあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。

工作・フリーアートをするときの注意(工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)