夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > ノーベル賞にも! 世界にはばたく日本のくすり

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生中学生

調べ方

日本で開発されたくすりは、世界で役立っている。2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した、大村智博士(おおむらさとしはかせ)が開発したオンコセルカ症(しょう)という病気にきくくすりもそのひとつ。世界で役立っているくすりには、どんなものがあるか、日本製薬工業協会のWebサイト「」、 「」などを見て調べよう。
*ここから先は外部サイトへ移動(いどう)します。

まとめ方

日本で開発され、世界で使われているくすりの名前と、それぞれどんな病気や症状(しょうじょう)に効果(こうか)があるかなどをわかりやすくまとめよう。

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

くすりのヒミツを大研究へ

※この研究は、8月31日までの公開です。