夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 工作・フリーアート > くるくる回転つりぼりゲーム

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生

作り方

くるくる回転するつりぼりゲームを作ろう!
ギアを使って、つりぼりを回転させられるぞ。
つる人は、つりざおを持って、糸の先につけた磁石(じしゃく)をうまくコントロールして、動くターゲットをつろう!
アロンアルフアを使うときは、「使い方のコツ」「アロンアルフアを使うときの注意」をよく読んで、おうちの人といっしょにやろう。

用意するもの

回転つりぼり
・丸いプラスチックのトレー
・だんボールの箱(サイズの目安 40cm×30cm×15cm)
・だんボールの板(サイズの目安 55cm×30cm)
・ねじ(長さ2〜3cm):3本
・ナット:3こ
・ワッシャー:6まい
・ラッピング用の色紙
※ねじ、ナット、ワッシャーはサイズを合わせる。

つりざお
・わりばし:1本
・タコ糸(長さ 30cm):1本
・磁石(じしゃく):1こ

道具
・アロンアルフアEXTRAゼリー状
・はさみ ・カッターナイフ
・目打ち ・ガムテープ
・ビニルテープ ・ものさし

つるもの
・ビー玉、おはじき、消しゴム、貝がらなど
・ナット(鉄:磁石につくもの):つるものの数だけ

はり合わせるときやせっ着するときは、これを使おう!


アロンアルフア EXTRAゼリー状
ゼリー状だから、液(えき)がたれず、しみこまないので工作しやすいよ。
使い方のコツ

①せっ着面のよごれを落とし、よくかわかす。
②片面(かためん)に少量つける。
③ぬり広げずにせっ着面でおし広げる。
すぐにはり合わせてしばらくおさえる。

作り方
  • 1

    ギア(大)・(小)、スペーサーの型紙をA3の紙にいんさつする。

  • 2

    ギア(大)・(小)、スペーサーの型紙を だんボールの板にはって、黒い線で切り取る。

  • 3

    ギア(大)・(小)の黒い点に目打ちであなをあける。

  • 4

    だんボールの箱にラッピング用の色紙をはって、かざる。

  • 5

    だんボールの箱に、図のような位置に目打ちで、ねじを通すあなをあける。

  • 6

    ギア(小)にねじをつけて、ハンドルにする。

  • 7

    ねじを使って、ギア(大)を箱の上のあなに、ギア(小)を箱の横のあなにとりつける。

  • 8

    ギア(大)の上にスペーサーをくっつける。

  • 9

    スペーサーの上に丸いプラスチックトレーをはりつけると、回転つりぼりができる。

  • 10

    わりばしの先にタコ糸をむすびつけて、その先に磁石をつける。
    わりばしの持つところにはビニルテープをまいてかざると、つりざおができる。
    (磁石にアロンアルフアを多めにつけて、タコ糸を丸めてつける。
    うまくつかないときは、小さく切っただんボールをタコ糸の上にはろう。)

  • 11

    つるものとして用意した、ビー玉、おはじき、消しゴム、貝がらなどにナット(鉄:磁石につくもの)をつけると、つるものができる。

あそび方

1 丸いプラスチックトレーの中に、
  つるものを入れる。

2 つる人とつりぼりを回転させる人を決める。

3 つりぼりを回転させる人は、ギア(小)の
  ハンドルを回して、つりぼりを回転させる。

4 つる人は、つりざおを持って、糸の先に
  つけた磁石をうまくコントロールして、動く
  ターゲットをつる。

決められた時間の中で、何個つれたかを
きそってあそぶのもおもしろいね。

工作・フリーアートのまとめ方の例を見てみよう

注意

工作は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
工作前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
工作するときは、新聞紙などをしき、よごれてもいい場所でしよう。
ビー玉やおはじき、ビーズ、ボルトなど、小さな部品をなめたり口に入れたりしないこと。また、あやまって飲みこむと危険(きけん)なので小さい子が手にしないように注意しよう。
はさみやカッターなどの刃物(はもの)や、きり、目打ちなどの先のするどいものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。できないときはおうちの人にやってもらうこと。
また、小さい子が手にすると危険なので、手にしないように注意しよう。
絶対(ぜったい)にはさみやカッター、きり、目打ちなどを人に向けたり、ふりまわしたり、持ったまま走ったりしないこと。
ボール紙のふちで手指を切ることがあるので気をつけよう。
油性ペンやえんぴつの先をなめたり、家具や高価(こうか)なもの、ひふ(はだ)にかいたりしないこと。
材料やできあがったつるものを火に近づけたり、熱くなるもののそばで使ったり置きっぱなしにしないこと。
材料やできあがったつるものをゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがあるよ。
また、使わないときは、人がふまないところや、小さい子の手のとどかないところにしまうこと。
安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
工作のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。

アロンアルフアを使うときの注意
・目に入れないよう十分注意する。目に入ったときはすぐに洗(あら)って、お医者さんにみてもらう。無理にはがしたり、目をこすらない。
・アロンアルフアを使うときは、使い方をよく読んでから使おう。
・アロンアルフアをつけるときは、アロンアルフアがはみ出さないように注意しよう。はみ出したら、つまようじなどできれいにとってね。
・アロンアルフアが指についてしまったときは、あわてて、無理にひっぱったり、はがそうとせず、40度くらいのお湯の中で、もむようにしてゆっくりはがすこと。指についたかたい部分は、しばらくすると自然に取れるよ。あらかじめ指にハンドクリームをぬっておくと、指にせっ着ざいがつきにくくなるよ。
・せっ着部や周辺部が白くなることがあるので、つけすぎないように注意すること。
・使用中と使用後は、まどを開け、換気(かんき)をよくすること。
・ぬのや裏革(うらかわ)につくと発熱し、やけどのおそれがあるので使わないこと。
・火気は厳禁(げんきん)。火気のある場所では絶対(ぜったい)に使用しないこと。
・衣服などにつくと発熱のおそれがあり、あぶないよ。また、一度つくととりのぞけなくなるので、衣服にはつかないように十分気をつけること。 ・使わないときは小さい子の手がとどかないところにしまい、いたずらをしないように注意する。
・せっ着以外には使用しないこと。
・直射日光(ちょくしゃにっこう)をさけ、湿気(しっけ)の少ない場所にしまうこと。
・すてるときは、よう器を密封(みっぷう)して燃(も)えないゴミとしてしょ理すること。

工作・フリーアートをするときの注意(工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

アロンアルフアで自由研究トップへ

※この工作・フリーアートは、8月31日までの公開です。