夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 科学実験 > カブトムシの好きなえさ調べ

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学1・2年生小学3・4年生

実験方法

カブトムシは、クヌギやコナラのじゅえきを食べるよ。じゅえきのかわりに、いろいろなえさでわなをつくってカブトムシをつかまえよう! どのえさにいちばん集まるかな?

まとめ方

カブトムシの好きそうなえさを考えて、どれに一番集まるか予想しよう。用意したえさに、カブトムシやほかの虫が何びき集まったか表にしてみよう。予想とくらべてみて、なぜそうなったのか考えてまとめよう。

用意するもの

バナナ、パイナップル、リンゴ、モモなどカブトムシのえさになりそうなもの3〜4種類
いらないストッキング2足、果物ナイフ

  • 1

    昼間のうちに雑木林(ぞうきばやし)に行き、カブトムシがきそうなクヌギやコナラの木をさがす。

  • クヌギは木の皮がごつごつしていている。葉は細長く、ギザギザの先にとげがある。

  • コナラの木の皮はクヌギほどはごつごつしていていない。葉はクヌギににているが、まんなかあたりが少しふくらんでいる。

  • 2

    ストッキングにバナナなどを入れる。バナナは皮をむいてつぶし、パイナップルやリンゴ、モモは切って入れよう。

  • 3

    日がくれる前に、果物を入れたストッキングを、さがしておいた木に結びつける。わなのできあがり。

  • 4

    その日の夜か次の日の早朝になったら、しかけたわなを見に行く。どのえさにいちばんカブトムシが集まったか、数えて記録しよう。カブトムシのほかに、わなにきていた虫がいたら、それも記録しておこう。
    ※終わったら、近くにきけんな生き物がいないことをたしかめてから、わなを全部はずしてもちかえること。

  • 1

     


●行列のできるスーパーバナナトラップ

●くさりかけのバナナを、皮をむいてストッキングに入れる。

●クヌギやコナラの木のみきに結び、小石などでたたいてバナナをつぶす。
その上から、泡盛(あわもり)などアルコール度数が強めのお酒を多めにかけ、黒酢(くろず)を少しかける。

バナナだけのときとくらべて、カブトムシの集まり方がどうちがうか、試してみてね!

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

・雑木林に行ったり、カブトムシのえさをしかけに行くときは大人の人と行き、あぶないところには近づかないこと。
・こん虫をきずつけたりしないようにしよう。
・スズメバチやムカデなど、きけんな生き物がいるときは、ぜったいにわなに近づかないこと。
・実験が終わったら、近くにきけんな生き物がいないことをたしかめてから、わなを全部はずしてもちかえること。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

こん虫のなぞで自由研究トップへ

※この研究は、8月31日までの公開です。