夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > これでカンペキ!自由研究のまとめ方 > 科学実験の例-大きな1まいの紙にまとめよう!
これでカンペキ!自由研究のまとめ方

大きな1枚の紙にまとめよう! 科学実験の例

科学実験を行ってわかったことを大きな紙にまとめてみよう。

大きな紙にまとめる良さ
  • 研究の全体がひと目でわかる。
  • 字や絵を大きく書けるので、印象的な見せ方ができる。
  • 一度におおぜいの人に見てもらうことができる。
  • 新聞のようなデザインにするのもおもしろいね。
    大きな紙にまとめるコツ
  • いきなり大きな紙に書かず、どのように見せるかを、小さな紙に書いてたしかめる。
  • 大きな紙に書くときには、じょうぎを使って文字や絵の位置が曲がらないようにえん筆でうすく下書きする。
  • えん筆の下書きを黒のフェルトペンなどで、ていねいになぞる。
  • 写真をつけるとわかりやすくなる
  • 図やグラフなどは、色フェルトペンや色えん筆を使ってカラフルにする。
  • 実験の様子をとった写真をつけると、印象的でわかりやすくなる。
  • まとめに必要な項目
    1.研究のきっかけ どうして調べようと思ったのかを書く。
    2.調べたいこと 実験で何を調べたいのかを書く。
    3.予想 どんな結果になるか先に考えてみる。
    4.用意したもの 実験に使った道具や材料を書く。
    5.実験の方法 どのように調べたかを書く。
    6.実験の結果 どのような結果が出たのかを書く。
    7.わかったこと・反省したこと 結果からわかったことや考えを書く。
    8.参考にしたもの 参考にした本などがあれば、題名と出版社名(しゅっぱんしゃめい)を書く。
    自分の名前もわすれずに。
    例えばこのように
    タイトル小見出し表やグラフ
    レモンでつく電卓(でんたく)
    サブタイトルイラスト写真
    大きく

    <PR>