実験をやってみよう

だれかにおう(お)してもらわなくても、ぶらんこがゆれつづけるのは、なぜでしょう? っているひと重心じゅうしん移動いどう(いどう)がそのヒミツです。
ぶらんこにったときのことを思い出おもいだしながら、ひものながさで重心じゅうしん調節ちょうせつ(ちょうせつ)して、たわしをゆらしてみましょう。はじめは、なかなかむずかしいですよ。

用意よういするもの

やりかた


1)たわしのリング金具かなぐに、ひもをとおして、しっかりむすびます。
2)カーテンレールなど、適当てきとう(てきとう)なところにSのフックをつるし、そこにひもをかけます。このとき、たわしがカーテンやかべにくっつかないようにしてください。

3)たわしと反対はんたいがわのひものはしをち、もう一方いっぽうでたわしをすこしゆらします。このとき、たわしがカーテンなどにふれないきにゆらしましょう。
4)さあ、ここからが実験じっけんです。ったひもをいたりゆるめたりして、たわしとSのフックのあいだのひものながさを調節ちょうせつ(ちょうせつ)し、たわしのゆれをどんどんおおきくしてみてください。タイミングがうまくとれないと、すぐにゆれがまってしまいますよ。

ひもをいたり、ゆるめたりするのは、ぶらんこをこぐ動作どうさおなじです。ってぶらんこをこぐときのことを思い出おもいだしてみてください。ぶらんこのうえでひざをげることによって重心じゅうしんげ、そこからのびがることによって重心じゅうしんうえ移動いどうしていますね。
1)一番いちばんたかいところでは、ひざをのばし、全身ぜんしんをグッとうえのほうにのばしているはずです。つまり、この実験じっけんでは、たわしが一番いちばんひくいところをとおりすぎるあたりから、ひもをきはじめ、一番いちばんたかいところで、たわしとSのフックのあいだのひもが一番いちばんみじかくなるようにします。これが、ひとのコツです。
2)グッとのびがったからだを、つぎはどうしますか? 後ろ向うしろむきにゆれがもどりはじめると同時どうじに、すばやくひざをげ、重心じゅうしんひくくしているはずです。この実験じっけんでは、ひもをすばやくゆるめ、ひもがながくなるようにします。これが、二つ目ふたつめのコツです。
3)このふたつの動作どうさを、たわしのゆれにわせてタイミングよくおこなうと、ゆれはだんだんおおきくなっていきます。なじめはむずかしいかもしれませんが、ぶらんこにったときのリズムを思い出おもいだしながらやれば、きっとうまくできるようになるでしょう。
なぜ 実際じっさいうごきをよう
 
まえのページにもど
100円グッズを選んで実験をしよう!
たわし
小型こがたマッサージ
グラス
あみじゃくし
目玉めだまクリップ
園芸えんげいよう金属きんぞくネームプレート
せんたくばさみ
アイシャドウ(けしょうパウダー)
むしめがね
アルミホイル
キッチンペーパー
ものさし・したじき
磁石じしゃく(じしゃく)
スーパーボール・ピンポンだま
しょうゆはい
ファイルシート
キーホルダー
おたま
Sのフック
ダンベル
洗面器せんめんき
ビーだま
ふくろのくちどめ
じょうご
時計とけい
コーヒーフィルター
クッションシート
スプーン
発砲はっぽう入浴にゅうよくざい
ごみばこ
風船ふうせん
びん
素焼すやきの人形にんぎょう