実験をやってみよう
実験5 くるくる回して急速冷とう ひえひえマシン
ひえひえマシン
なまあたたかいかんジュースを、たった数分すうぶんみごろの温度おんどやしてくれます。
そのひみつは、小型こがたマッサージのモーターによる回転かいてんれいとうもかなわない、その実力じつりょくをぜひためしてみてください。

用意よういするもの

100円ショップグッズ 小型マッサージ機
注意ちゅうい:カッターナイフを使つかうときは、けがをしないよう に十分じゅうぶんをつけましょう。

やりかた

1)プッシュピンのはりをペンチでぬき取り、きりであなを少し広げます。 やり方
1)プッシュピンのはりをペンチでぬきり、きりであなをすこひろげます。
2)小型マッサージ機の頭部をはずして、モーターじくの先のおもりを取ります。そのあとに、プッシュピンをはめます。接着剤を少しつけるとしっかり固定できます。 2)小型こがたマッサージ頭部とうぶをはずして、モーターじくのさきのおもりをります。そのあとに、プッシュピンをはめます。接着剤せっちゃくざいすこしつけるとしっかり固定こていできます。
3)ペットボトルに図のようにカッターナイフで切りこみを入れ、内側に折りまげて容器を作ります。キャップはしっかりしめておきます 3)ペットボトルにのようにカッターナイフでりこみをれ、内側うちがわりまげて容器ようきつくります。キャップはしっかりしめておきます
4)ビニルテープで、小型マッサージ機をわりばしにしっかり固定します。 4)ビニルテープで、小型こがたマッサージをわりばしにしっかり固定こていします。
飲み物を冷やしてみよう
1)冷やす飲み物の缶とプッシュピンに輪ゴムをか けます(わりばしと缶の間に1~2センチメートルのすき間を作ったとき、ゴムが少し 張るくらいの大きさの輪ゴムを使います)。それから、水と氷を入れたペットボトル の容器の中に缶をしずめながら、わりばしの両はしを容器のあなにさしこみます。こ れで準備オーケーです。 1)やすものかんとプッシュピンにゴムをかけます(わりばしとかんあいだに1~2センチメートルのすきつくったとき、ゴムがすこるくらいのおおきさのゴムを使つかいます)。それから、みずこおりれたペットボトル の容器ようきなかかんをしずめながら、わりばしのりょうはしを容器ようきのあなにさしこみます。こ れで準備じゅんびオーケーです。
2)小型マッサージ機のスイッチを入れると、プッシュピン の回転が輪ゴムで伝わり、缶が氷水の中で回転しはじめます。数分間でびっくりする ほど冷えます。 2)小型こがたマッサージのスイッチをれると、プッシュピン の回転かいてんゴムでつたわり、かん氷水こおりみずなか回転かいてんしはじめます。すうふんかんでびっくりする ほどえます。
うまくまわらないときは、ここをチェック
・わりばしとかんがくっついていませんか?
その場合ばあいは、みずりょうをへらして 、わりばしとかんあいだすこしすきができるように調節ちょうせつしましょう。また、ゴムがちい さすぎないかもたしかめましょう。
ゴムがゆるんでいませんか?
その場合ばあいは、もうすこちいさめのゴムに りかえましょう。
こおりがじゃましていませんか?
その場合ばあいは、こおりをずらして、かん水平すいへいにな るようにしましょう。
うまく回らないときは、ここをチェック
なぜ 実際じっさいうごきをよう
 
まえのページにもど
商品版はこちら
100円ショップ大実験
くわしくはこちら この商品しょうひん 100えんショップでかんたんにはい材料ざいりょうで、科学かがくのおもしろさや不思議ふしぎ体験たいけんできる、アイデア科学かがく実験じっけんだい集合しゅうごう! むしめがねで望遠鏡ぼうえんきょうつくったり、コップとファイルシートでだい気圧きあつ実験じっけんをしたり! 自由じゆう研究けんきゅうにもぴったりだよ!
100円グッズを選んで実験をしよう!
たわし
小型こがたマッサージ
グラス
あみじゃくし
目玉めだまクリップ
園芸えんげいよう金属きんぞくネームプレート
せんたくばさみ
アイシャドウ(けしょうパウダー)
むしめがね
アルミホイル
キッチンペーパー
ものさし・したじき
磁石じしゃく
スーパーボール・ピンポンだま
しょうゆ
ファイルシート
キーホルダー
おたま
Sのフック
ダンベル
洗面器せんめんき
ビーだま
ふくろのくちどめ
じょうご
時計とけい
コーヒーフィルター
クッションシート
スプーン
発泡はっぽう入浴にゅうよくざい
ごみばこ
風船ふうせん
びん
素焼すやきの人形にんぎょう