<PR>

質問と答

どうしてさむくなるとおしっこがしたくなるの

なつにあせがるというのは、当たり前あたりまえですが、はるあきでも、すこしずつですが、いつもあせがています。 あせがるということは、からだなかからみずすこしずつなくなっていることなのです。 ですから、人間にんげんからだは、あせがたくさん季節きせつはおしっこをする回数かいすうすくなくして、からだからあまりみずがにげないように調節ちょうせつ(ちょうせつ)します。
それが、ふゆになってさむくなると、あせのかたが自然しぜんすくなくなります。 さむいときにはあせはほとんどないからです。 ほかの季節きせつにくらべて、あせですてられるみずりょうすくなくなり、すてたいみずはぜんぶおしっことなってます。 おしっこのりょうがふえるわけですから、当然とうぜんトイレに回数かいすうもふえるわけです。
そのほかに、さむくなるとおしっこがしたくなる理由りゆうが、もうひとつあります。 おしっこをためる膀胱ぼうこう(ぼうこう)の筋肉きんにく(きんにく)が、さむさでちぢみやすくなるのです。 膀胱ぼうこう筋肉きんにくがちぢむと、のう(のう)におしっこの合図あいずおくられます。
このふたつの理由りゆうから、さむくなるとおしっこがしたくなるのです。