質問と答

どうしてかぜをひくの

空気くうきえないので、なかなにはいっていないようにおもうかもしれません。 しかし、空気くうきなかには、ウイルスやバクテリアとよばれる病気びょうき のもとがたくさんただよっています。 このウイルスやバクテリアは、 いきをしたり、ものべたりするだけで、かんたんに空気くうきといっしょにからだなかはいってきます。
ウイルスやバクテリアは、からだなかはいるとすぐに仲間なかまをふやそうとしはじめます。 これがふえると、人間にんげんからだ病気びょうきになってしまうのです。 健康けんこう(けんこう)なときは、ウイルスやバクテリアをかんたんにおさえつけることができますが、からだよわっていて抵抗力ていこうりょく(ていこうりょく)がよわくなっているときには、これをおさえることができず、ウイルスやバクテリアはからだなかでどんどんふえつづけるのです。
ウイルスやバクテリアが、もしはなでふえていけば鼻炎びえん(びえん)という病気びょうきになりますし、気管支きかんし(きかんし)ならば気管支炎きかんしえん(きかんしえん)、なら胃炎いえん(いえん)、ちょうなら腸炎ちょうえん(ちょうえん)という病気びょうきになります。 このような病気びょうきのまだかる症状しょうじょう(しょうじょう)のときをかぜといいます。

2018年8月更新

<PR>