<PR>

質問と答

どうしてしゃっくりがでるの

いきをするとき、わたしたちは、むね(むね)の筋肉きんにく(きんにく)もうごかしています。 いきをすうときはむねほねがもちあがるようにうごくはずです。 そのとき、からだなかでははい(はい)のしたにある横隔膜おうかくまく(おうかくまく)というまく(まく)が引き下ひきさげられるようにうごいています。 これははいをふくらませるためです。 ぎゃくいきをはきだすときは、横隔膜おうかくまくがり、はいをちぢめているのです。
いきをすったりはいたりと、呼吸こきゅう(こきゅう)のときに人間にんげんはいつもこういううごきをしています。 そのときに大切たいせつ役割やくわりをしているのが、横隔膜おうかくまくなのです。
ところが、この横隔膜おうかくまくは、ときどきなにかのはずみでけいれんすることがあります。 しゃっくりとは、けいれんした瞬間しゅんかん(しゅんかん)に、いきを「ひっく」とすってしまうことをいいます。
ところが、いったいなに原因げんいんでこの横隔膜おうかくまくのけいれんがはじまるのか、その理由りゆうはまだよくわかっていないのです。
しゃっくりをはやなおしたいときは、つめたいみずんだり、いきをすってしばらくめるといいといわれています。しゃっくりがでたらためしてみてください。
おうちのかた
いまのところ食道しょくどうくわわるなんらかの刺激しげき横隔膜おうかくまくのけいれんを誘発ゆうはつするのだろうとわれていますが、正確せいかくなことはまったくわかっていません。