質問と答

どうしてねむくなるの

人間にんげんは、よるになると、どうしてもねむくなります。 それは、からだだけではなく、のう(のう)もつかれてきて、ゆっくりやすみたいとかんじているからです。 からだのうも、ゆっくりやすんで、明日あすのためにそなえようとしているのです。
ただし、ねむくなるのは、つかれているときだけではありません。 あまりつかれていないのにねむくなることもあります。 たとえば、たいくつでおもしろくないはなしかされたり、おなじことをなが時間じかんつづけているときなど、よくねむくなります。 これは、あまり刺激しげき(しげき)がないために、のうはたらきがにぶくなるからです。
算数さんすう勉強べんきょうをするとねむくなる、というのも、たいくつでおもしろくないはなしおなじようなケースです。 しかし、この場合ばあいは、もっとよく勉強べんきょうして、算数さんすう勉強べんきょうたのしくかんじるようになれば、きっとねむくはならないでしょう。
おうちのかた
ねむっているときには、のうあみさまからだ(もうようたい)という部分ぶぶんやすんでいるとわれています。このとき、のう脊椎せきついのすべての部分ぶぶん活動かつどう低下ていかするのです。

<PR>

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊