<PR>

質問と答

どうしてサルのおしりはあかいの

わたしたち日本人にほんじんは「サルのおしりがあかい」のは、当たり前あたりまえだとおもっています。しかし、おしりがあかいサルというのは、ニホンザルの仲間なかまだけです。世界中せかいじゅうにサルのなかまはたくさんいますが、おしりのあかいサルはそんなにいないのです。
では、どうしてニホンザルはおしりがあかいのでしょう。このあかいおしりは、サルがなかまを見分みわけるときの大切たいせつなしるしとなるのです。ニホンザルは、人間にんげんおなじようにいろがわかるをもっているために、派手はで(はで)なあかいろのほうが見分みわけるのに便利べんりなのでしょう。
またこのほかに、サルは,繁殖はんしょく(はんしょくき)になると、おしりがますますあかくなり、おすはめすをきつけます。とくにボスザルのおしりやかおは、ほかのサルよりもあかくなくてはいけません。
つまり、おしりがあかいということは元気げんき証拠しょうこ(しょうこ)であり、 なかまに「オレはつよいんだ!」ということをいつもせていることになるのです。つまりボスザルは、おしりやかおあかくないと、ボスとしては失格しっかく(しっかく)です。
繁殖はんしょくにまだ関係かんけいのないザルのおしりはしろっぽいわけですから、あかいというのは大人おとなのしるしでもあるし、つよさもあらわしているのです。