<PR>

質問と答

どうして食事しょくじをしなければいけないの

人間にんげんはたらくためにエネルギーが必要ひつようです。そのために、エネルギーのもとになる栄養えいよう(えいよう)を食事しょくじでとらなければならない、というのが、常識的じょうしきてきこたえでしょう。
このこたえでももちろんまちがいではありません。しかし、これでは、病気びょうきでねたきりのひとべなくてもいいことになってしまいます。
べなくてもいいひとはいませんから、ねたきりではたらかないひとでも、やはりべなければなりません。なぜなら、からだなか細胞さいぼう(さいぼう)が、たえずれかわりをしているからです。たとえば、赤血球せっけっきゅう(せっけっきゅう)という血液中けつえきちゅうにあるあかちいさなつぶ(つぶ)は、120にちはたらくとんでしまいます。赤血球せっけっきゅうは、からだなか酸素さんそ(さんそ)をはこ大切たいせつやくわりをしていますから、んでしまったら、またあたらしいものをつくらなければなりません。つくるためには、当然とうぜん材料ざいりょう必要ひつようです。この材料ざいりょうが、食べ物たべものとして、からだそとからりこまれているのです。
また、からだ皮膚ひふ(ひふ)も、つねにれかわりをしています。(い)やちょう(ちょう)などの細胞さいぼうも、すこしずつですがりかえられています。食べ物たべものべないと、これらの細胞さいぼうのの交換こうかん(こうかん)ができなくなり、からだのぐあいがわるくなってしまいます。だから、人間にんげんべなければならないのです。