科学なぜなぜ110番

科学かがくなぜなぜ110ばんトップ へ

きみの質問にズバリ答える! 科学なぜなぜ110番

<PR>

質問と答

どうしてチョコレートをべすぎると鼻血はなぢがでるの

では、まず、チョコレートをべるとからだにどんなことがおきるのかから説明せつめいしましょう。あまくておいしいチョコレートですが、あのなかにはカフェインというものがすこしふくまれています。カフェインというのは、コーヒーにもはいっています。よく、ねるまえにコーヒーをむとねむれなくなるといいますが、これは、コーヒーのなかはいっているカフェインが原因げんいん(げんいん)なのです。
このカフェインというのは、人間にんげん神経しんけい(しんけい)を興奮こうふん(こうふん)させるはたらきがありますから、ねるまえにコーヒーをむと興奮こうふんしてしまいねむれなくなるわけなのです。
チョコレートにも、このカフェインがはいっています。やはり、たくさんべすぎると、おなじようにからだ興奮こうふんしてくるのです。
からだ興奮こうふんするというのは、からだなかのめぐりがよくなるということですから、ほそ血管けっかん(けっかん)に、いちどにたくさんのながれようとするのです。そうなると、はななかにあるほそ血管けっかんれて、鼻血はなぢがでてしまうというわけです。
はななかは、粘膜ねんまく(ねんまく)といううすいかわでおおわれていますが、ここの血管けっかんは、とてもほそくてれやすくなっています。そのために、きずがついたわけでもないのに、興奮こうふんしただけで、はななかほそ血管けっかんがやぶけてしまうことがあるのです。