<PR>

質問と答

人間にんげんほね何本なんぼんあるの

人間にんげんほね(ほね)のすうは、ほんによって「200」や、「206」など、まちまちですが、だいたいそのぐらいのかずおもっていればまちがいありません。このようにかず一定いっていしていないのは、ほねすうは、そのひとの「とし」によってちがうからなのです。子供こどもは、大人おとなよりもほねかずおおいのです。なぜなら、子供こどものころは、はなればなれになっているほねが、大人おとなではくっついてひとつになっている場合ばあいがあるからです。こし(こし)にある「骨盤こつばん(こつばん)」や、むね(むね)の中央ちゅうおうにある「胸骨きょうこつ(きょうこつ)」や、手足てあしほねなどがそうです。
そのために、人間にんげんほねすう正確せいかくなんめることはできません。およそ
200くらいとおぼえておいてください。