質問と答

人間にんげんほね何本なんぼんあるの

人間にんげんほね(ほね)のすうは、ほんによって「200」や、「206」など、まちまちですが、だいたいそのぐらいのかずおもっていればまちがいありません。このようにかず一定いっていしていないのは、ほねすうは、そのひとの「とし」によってちがうからなのです。子供こどもは、大人おとなよりもほねかずおおいのです。なぜなら、子供こどものころは、はなればなれになっているほねが、大人おとなではくっついてひとつになっている場合ばあいがあるからです。こし(こし)にある「骨盤こつばん(こつばん)」や、むね(むね)の中央ちゅうおうにある「胸骨きょうこつ(きょうこつ)」や、手足てあしほねなどがそうです。
そのために、人間にんげんほねすう正確せいかくなんめることはできません。およそ
200くらいとおぼえておいてください。

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊