<PR>

質問と答

オジギソウはどうしてさわるとおじぎをするの

オジギソウのは、つけ空気くうきまくらのような細胞さいぼう(さいぼう)がついています。このなかには水分すいぶんはいっており、ふだんはぴんとはっています。さきゆびでさわると、からじくのところにある細胞さいぼうに「さわられた」という信号しんごうがとどき、細胞さいぼうなか水分すいぶん片方かたほうだけぬけてちぢんでしまうのです。するとちぢんだほう内側うちがわ、ちぢまないかた外側そとがわにしてまがります。このようなしくみでうごきます。このうごきは、さわったときだけではなく、つよひかりねつたったときにもおきることなのです。
さて、一度いちどおじぎをしたはそのままにしておくと、ゆっくりもとにもどっていきます。これは、ぬけした水分すいぶんがまたもと細胞さいぼうにもどるために、ふくらんでぴんとするからなのです。しかしもとにもどるのは非常ひじょうにゆっくりで、おじぎのときのようにはやくはありません。