質問と答

くさはどうしてたねをまかないのにはえてくるの

たねをまいてもいないのにくさえてくることがよくあります。これは、にわ空き地あきち、また、きれいにたがやしたはたけなどでかける光景こうけいです。しかし、たねをまかないのに、てくることは絶対ぜったいにありません。ですから、この場合ばあいは、本当ほんとうはどこかにたねがあったか、もしくは、地面じめんしたくき(くき)やがかくれていたか、この2つのうちのどちらかとかんがえられます。
ふつう、くさたねはとてもちいさいものです。したがって、つちうえにあってもなかなかつけることはできません。しかも、たねかぜってんできたり、ひと動物どうぶつからだにくっついてきたりなど、よそからはこびこまれることもすくなくありません。
また、地面じめんしたくきがかくれているということもあります。多年草たねんそう(たねんそう)という種類しゅるいくさがありますが、この多年草たねんそうは、地面じめんうえくきがかれても、地面じめんしたくきのこっていて、なん年間ねんかんつづけています。このように地面じめんしたにかくれているくきなどは、ある時間じかんぎるとし、あたらしいひろげていくのです。
このようにかくれたたねくきがあるために、人間にんげんたねをまかなくても、くさは、どんどんえてくるというわけです。

<PR>