<PR>

質問と答

しおはどうやってつくるの

しお作り方つくりかたには、おおきくけて、3つの方法ほうほうがあります。 まず1つめは、 岩塩がんえん(がんえん)というしおのかたまりをつちなかからほりして、くだいて、ふるいわけてつく方法ほうほうです。日本にほんにはありませんが、世界せかいには、いわのようなしおのかたまりを地面じめんしたからほりしているところもあるのです。
2つめは、いけみずうみからこい塩水えんすいをくみげる方法ほうほうです。日本にほんには、塩水えんすいいけみずうみはありませんが、世界せかいには、うみよりもなんばいものこさをもつ塩水えんすいみずうみいけがあるのです。それらのこい塩水えんすいをくみげて、ねっして、水分すいぶん蒸発じょうはつ(じょうはつ)させてしお取り出とりだしています。
3つめはうみみず使つか方法ほうほうです。むかしは、うみみずつちうえにまいて、これを太陽たいようねつでかわかしてしお取り出とりだしていました。いまでもこの方法ほうほうしおつくっているところがあり、このような方法ほうほうつくられたしおはおいしいと評判ひょうばん(ひょうばん)です。
しかし、この方法ほうほうはあまりたくさんしおつくれないというのが欠点けってんです。現在げんざいは、機械きかいうみみずをくみげ、工場こうじょうなどでつくられています。
日本にほんでは、むかしいまも3つめのうみみず使つか方法ほうほうしおつくられてきました。なぜなら、日本にほんでは岩塩がんえんれませんし、しおのこいみずうみもないからです。そのかわり、日本にほんはまわりをうみでかこまれていますからうみみず利用りようするのが一番いちばんいいわけです。