質問と答え

ゴミのなかでもプラスチックは、やっかいなものだとわれますが、どうしてですか?

かみなどは時間じかんがたつうちにくさったり、こなごなになったりして、やがて分解ぶんかいされてしまう。ところがプラスチックは自然しぜんちからでは分解ぶんかいされないので、いつまでもくさらないでそのままのかたちのこってしまう。

かるくじょうぶで、みずやよごれにつよい。そのうえ加工かこうもしやすいなど、プラスチックはすばらしい性質せいしつっているため、まわりのあらゆるところに使つかわれている。飲み物のみもののボトルに使つかわれているペットボトルもプラスチックだよ。けれども、プラスチックの特徴とくちょうである「くさらない」という性質せいしつが、ゴミとなると問題もんだいになってしまう。

世界せかいうみには、プラスチックのゴミがたくさんういている。うみがよごれるだけでなく、生き物いきものたちがみこんでんでしまうこともあるんだ。また、プラスチックには、やすとどくのあるガスをすものがある。ダイオキシンという猛毒もうどく物質ぶっしつがでるものもある。

こうしたことからプラスチックは、ゴミにせずリサイクルしてさい利用りようをしようといううごきがたかまっている。
また、てられても微生物びせいぶつなどに分解ぶんかいされてしまう、環境かんきょうにやさしいプラスチックの研究けんきゅうおこなわれている。
このテーマで前の質問へ このテーマで次の質問へ
質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊