さいしんのかがくキーワードをチェックしよう!
ニュースなかがくキーワード

っているようでらない、らないようでやっぱりらない科学かがくのキーワードを、ニュースのなかからえらびました。ともだちにちょっぴりをつけ、先生せんせいにもおもわずじまんしたくなる科学かがく用語ようごしゅうだよ!

グリーゼ581c(Gliese 581 c)

宇宙うちゅうじんがいるかも!? 「グリーゼ581c」というあたらしくつかった惑星わくせいには、きものが存在そんざいするんじゃないかっていわれているよ。

イラスト=ウメゴロー

地球ちきゅう惑星わくせい「グリーゼ581c」

「グリーゼ581c」は12カこく共同研究きょうどうけんきゅう機関きかんヨーロッパ南天なんてん天文台てんもんだい(ESO)のスイス・フランス・ポルトガルの科学かがくグループによって発見はっけんされました。2007ねん4がつ25にち発表はっぴょうされたこのほしは、地球ちきゅうのある太陽系たいようけいから20光年こうねんもはなれていますが、地球ちきゅうていて、みずきものが存在そんざいする可能性かのうせいがあるのではないかと注目ちゅうもくされています。

20光年こうねんやく200,000,000,000,000km(1光年こうねんやく10,000,000,000,000km)

どうしてきものが存在そんざいする可能性かのうせいがあるの?

そもそも、どうして地球ちきゅうにはいろいろなきものがいるのかかんがえてみましょう。地球ちきゅうは、恒星こうせい(みずからひかりはなってかがやいている天体てんたい)である太陽たいようのまわりをまわっている惑星わくせいで、太陽たいようひかりをあびてほどよくあたためられています。ほどよくあたためられていると、みず液体えきたいとして存在そんざいできます。

また、地球ちきゅうきものはみずなかまれたとかんがえているので、みず存在そんざい重要じゅうようなのです。
ほどよいあたたかさとみずがあると、もしかしたら地球ちきゅうのようにきものが存在そんざいする可能性かのうせいがあるのではと期待きたいされるのです。

しかし、おなじく太陽たいようのまわりをまわ惑星わくせいでも、金星きんせいのように太陽たいようちかくをまわ惑星わくせい
は、表面ひょうめん温度おんどたかすぎたり(平均へいきんやく464℃)、火星かせいのように太陽たいようとおくをまわ惑星わくせいでは、表面ひょうめん温度おんどひくすぎたり(平均へいきんやくマイナス63℃)して、きものが存在そんざいする可能性かのうせいひくいとかんがえられます。
つまり、きものが存在そんざいするためには、地球ちきゅうのように、太陽たいようからちょうどいい距離きょりのところをまわっていることが必要ひつようなのです。このように、きものが存在そんざいするのにちょうどよい温度おんどになるところをハビタブル・ゾーンとんでいます。

1】太陽系たいようけいのハビタブル・ゾーン

今回こんかい発見はっけんされたグリーゼ581cは、グリーゼ581という恒星こうせいまわりをまわ惑星わくせいで、ちょうど、グリーゼ581のハビタブル・ゾーンにあるのです。だから、グリーゼ581cにはきものが存在そんざいするのではと期待きたいされているのです。

どうして20光年こうねんもはなれた惑星わくせい「グリーゼ581c」のことがわかったの?

グリーゼ581cは、ヨーロッパ南天なんてん天文台てんもんだい(ESO)が、みなみアメリカのチリにあるラ・シーヤ天文台てんもんだい設置せっちした直径ちょっけい3.6メートル望遠鏡ぼうえんきょう発見はっけんされました。20光年こうねんもはなれているので、惑星わくせいかたちえるわけではありません。この望遠鏡ぼうえんきょうには、HARPS(高精度こうせいど視線しせん速度そくどけいがい惑星わくせい探査たんさ装置そうち)というひかりのわずかな変化へんか分析ぶんせきする装置そうちがついています。

まず、恒星こうせいグリーゼ581のひかり観測かんそくされました。そして、そのひかりがほんのすこしだけぶれていることを、HARPSで発見はっけんしたのです。そのひかりのぶれは、グリーゼ581のまわりをまわっている惑星わくせいがあることを意味いみしています。恒星こうせい惑星わくせい存在そんざいすると、その惑星わくせい重力じゅうりょく恒星こうせい引っ張ひっぱられて、観測かんそくされるひかりがぶれます。まわりをまわ惑星わくせいちいさいほど、恒星こうせいのぶれもちいさくて観測かんそくむずかしいのですが、HARPSはそれを見逃みのがしませんでした。こうして惑星わくせいグリーゼ581cが発見はっけんされました。

2】ラ・シーヤ天文台てんもんだい望遠鏡ぼうえんきょうとHARPSが恒星こうせいからのひかり観測かんそく
惑星わくせいをもたない恒星こうせいひかりはぶれない。
惑星わくせいをもつ恒星こうせいひかりはその惑星わくせい重力じゅうりょく影響えいきょうでぶれる。

恒星こうせいグリーゼ581は、太陽たいようの3ぶんの1のおおきさで、惑星わくせいグリーゼ581cは、直径ちょっけい地球ちきゅうやく1.5ばい密度みつど地球ちきゅうおなじだとすると)で、おもさは5ばいほどの惑星わくせいだということがわかっています。惑星わくせいグリーゼ581cにみずきものが存在そんざいしているかどうかはわかっていませんが、恒星こうせいグリーゼ581のハビタブルゾーンにあることはわかっているので、地球ちきゅうのようなきもののいかもしれない、となったのです。

監修かんしゅう川崎かわさき青少年せいしょうねん科学かがくかん学芸員がくげいいん 国司こくししん

国立こくりつ天文台てんもんだい 広報こうほうしつ日本語にほんご
ヨーロッパ南天なんてん天文台てんもんだい(ESO)プレス・リリース(英語えいご

日時にちじ: 2007ねん5がつ14にち 18:00 | パーマリンク