さいしんのかがくキーワードをチェックしよう!
ニュースなかがくキーワード

っているようでらない、らないようでやっぱりらない科学かがくのキーワードを、ニュースのなかからえらびました。ともだちにちょっぴりをつけ、先生せんせいにもおもわずじまんしたくなる科学かがく用語ようごしゅうだよ!

iPS細胞さいぼう

「iPS細胞さいぼう」ってなんだろう? なんかむずかしそうな名前なまえだね。わたしたち生き物いきものからだは、細胞さいぼうというちいさなつぶがあつまってできているよ。この「iPS細胞さいぼう」というちいさなつぶは、わたしたちが病気びょうきやけがをしたときに、復活ふっかつさせてくれるすごい細胞さいぼうらしいぞ!

イラスト=ウメゴロー

京都きょうと大学だいがくがiPS細胞さいぼう研究けんきゅうセンターを設立せつりつ

2008ねん1がつ22にち京都きょうと大学だいがくにiPS細胞さいぼう研究けんきゅうセンターができたよ。世界せかいはじめてiPS細胞さいぼうをつくった山中やまなか伸弥しんや教授きょうじゅがセンターちょうになって、山中さんちゅう教授きょうじゅのいる京都きょうと大学だいがく再生さいせい科学かがく研究所けんきゅうじょのスタッフやわかい研究者けんきゅうしゃあつまったよ。研究けんきゅうセンターは、iPS細胞さいぼう研究けんきゅう中心ちゅうしんてき存在そんざいになって、できるだけはやくiPS細胞さいぼう実際じっさい病院びょういんでの治療ちりょう役立やくだつことを目指めざしているよ。そのために、センターでつくったiPS細胞さいぼう全国ぜんこく研究けんきゅうしているひとたちにもどんどんひろめていくこともかんがえているよ。

「iPS細胞さいぼう」ってなに?

iPS細胞さいぼうは、神経しんけい筋肉きんにくなどいろいろなからだ部分ぶぶんになることができる細胞さいぼう万能ばんのう細胞さいぼうとよばれているよ。

ヒトの皮膚ひふ細胞さいぼうからつくったiPS細胞さいぼう顕微鏡けんびきょう写真しゃしん
かたまりのなかにiPS細胞さいぼうがふくまれている。
写真しゃしん京都きょうと大学だいがく教授きょうじゅ 山中やまなか伸弥しんや

たとえば、病気びょうき内臓ないぞうわるひとがいたとすると、そのひとかわふから細胞さいぼう取り出とりだして、iPS細胞さいぼうにすれば、そのiPS細胞さいぼう内臓ないぞう細胞さいぼう成長せいちょうさせることができるんだ。手術しゅじゅつで、わるくなった内臓ないぞう細胞さいぼうを、iPS細胞さいぼうでつくった細胞さいぼうりかえれば、病気びょうきをなおせるというわけ。いまは、病気びょうき内臓ないぞうわるひとは、ほかの健康けんこうひと内臓ないぞうをもらう手術しゅじゅつをすることがおおいけど、ほかのひと内臓ないぞうはそのひとわないことがあるし、健康けんこう内臓ないぞうをわけてくれるひとなんてそんなにいない。でも、iPS細胞さいぼうだったら、もともと自分じぶん細胞さいぼうだからわないことはないし、いつでもほしいからだ部分ぶぶん細胞さいぼう作り出つくりだすことができるんだ。

自分じぶんかわふの細胞さいぼうからあたらしい内臓ないぞう細胞さいぼうをつくれるよ

iPS細胞さいぼうはどうやってできたの?

生き物いきものは、最初さいしょ、1つの細胞さいぼうで、それがどんどんかれていって、たくさんのこまかい細胞さいぼうあしあたま内臓ないぞうなどになっていき、あかちゃんになるよ。つまり、あかちゃんになるまえは、いろいろなものになる可能性かのうせいをもった細胞さいぼうのかたまりなんだ。そこで、かわふの細胞さいぼう取り出とりだして、その細胞さいぼうがまだいろいろなものになる可能性かのうせいがあったときのような状態じょうたいにもどすことのできる遺伝子いでんしからだをつくる情報じょうほうはいっている設計せっけいのようなもの)をさがしたんだよ。そして発見はっけんされたのがある4つの遺伝子いでんし。それらの遺伝子いでんしかわふの細胞さいぼうれることで、神経しんけい筋肉きんにくなどいろいろなからだ部分ぶぶんになることができるiPS細胞さいぼうができるんだ。

まず、マウスを使つかった実験じっけん成功せいこうしたよ。その実験じっけんは、マウスのしっぽのかわふの細胞さいぼうを、iPS細胞さいぼうにして成長せいちょうさせた結果けっか、いろいろなものになる可能性かのうせいった細胞さいぼう変化へんかしたんだって。そして、その細胞さいぼうをマウスのからだれて成長せいちょうさせたら、神経しんけい消化しょうかかん組織そしき、やわらかいほねはいりまじったかたまりに成長せいちょうして、さらに、ピクピクうご心臓しんぞう筋肉きんにく神経しんけい細胞さいぼうにも変化へんかしたそうだよ。そして、人間にんげんかわふからもマウスのものとおなじようなiPS細胞さいぼうをつくることにも成功せいこうしたんだ。

iPS細胞さいぼう使つかって、安全あんぜん人間にんげん病気びょうきやけがをなおすためには、ほしいからだ部分ぶぶんにちゃんと成長せいちょうさせたり、勝手かって成長せいちょうしないようにしたりする方法ほうほうなどをしっかりと調しらべなくちゃいけないなど、さらに研究けんきゅうつづけていくんだ。iPS細胞さいぼう研究けんきゅうすすめばきっと、病気びょうきやけがでつらい生活せいかつをしているおおくの人々ひとびとたすかるぞ!

協力きょうりょく京都きょうと大学だいがく 物質ぶっしつ細胞さいぼう統合とうごうシステム拠点きょてん/再生さいせい科学かがく研究所けんきゅうじょ 山中さんちゅう 伸弥しんや教授きょうじゅ

関連かんれんリンク
山中やまなか研究室けんきゅうしつ