さいしんのかがくキーワードをチェックしよう!
ニュースなかがくキーワード

っているようでらない、らないようでやっぱりらない科学かがくのキーワードを、ニュースのなかからえらびました。ともだちにちょっぴりをつけ、先生せんせいにもおもわずじまんしたくなる科学かがく用語ようごしゅうだよ!

オートファジー

2016年10月3日、東京工業大学(とうきょうこうぎょうだいがく)の大隅良典(おおすみよしのり)栄誉教授(えいよきょうじゅ)が、ノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった!

東京工業大学の大隅良典栄誉教授
画像=東京工業大学提供

ノーベル生理学・医学賞は、生き物の体のしくみやはたらきを調べる学問で功績(こうせき)のあった人におくられる賞だよ。大隅教授がこの賞を受賞したのは、長年なぞとされてきた「オートファジー」のしくみを解明(かいめい)したからなんだ。オートファジーというのは、生き物に必要な栄養を作り出すシステムで、多くの生きものの細胞(さいぼう)内で行われている。

オートファジーのしくみ

人間は、アミノ酸(さん)という栄養が必要で、アミノ酸は食べ物の中のたんぱく質(しつ)から作りだされる。1日に必要なアミノ酸を作りだすには、200~300gのたんぱく質が必要だけど、食事からとれるたんぱく質は、わずか70~80gくらいなんだ。

そこで、食事からとれなかった分、体の中のいらないたんぱく質を分解酵素(ぶんかいこうそ)というものが入ったリソソーム(消化するための器官)のはたらきで分解して、アミノ酸にするリサイクルシステムがある。

このシステムが「オートファジー」だ。山などで遭難(そうなん)した人が、水だけで何日も生きていられれるのも、このオートファジーが人間の体の細胞内ではたらいているからなんだ。

さらに、このオートファジーは、がんやアルツハイマー病など治療(ちりょう)が難(むずか)しい病気と関係があるといわれているので、オートファジーとこれらの病気との関係の研究がもっと進めば、新しい治療方法がみつかると期待されているぞ。


関連リンク

http://www.titech.ac.jp/research/stories/ohsumi.html


日時にちじ: 2016ねん12がつ2 18:00 | パーマリンク