つらく苦しい「花粉症」を調べよう

つらく苦しい「花粉症」を調べよう

毎年春が近づいてくると急に多くなる「花粉症(かふんしょう)」。鼻水がとまらなかったり、目がかゆくなったりという不快(ふかい)な症状(しょうじょう)が特徴(とくちょう)だ。日本ではの20%近くの人が花粉症にかかっているといわれるので、国民病とも呼(よ)ばれている。

花粉症のメカニズム

人間の体は、体内に異物(いぶつ)が入ってくると、細胞(さいぼう)(注1)が抗体(こうたい)(注2)をつくってそれを体の外に追い出そうとする。この抗体が必要以上に働くことをアレルギーと呼ぶよ。
あたたかくなって植物の花粉が風に乗って飛んできて目や鼻に入ると、抗体の働きで花粉をくしゃみでふきとばしたり、鼻水やなみだで花粉を洗(あら)い流したりしようとする。この抗体の働きが必要以上に起こると、花粉症の症状(しょうじょう)が現(あらわ)れるわけ。春先になると、マスクやゴーグルのような大きな眼鏡(めがね)をした人を多く見かけるね。その人たちは花粉が体に入るのを防いでいるんだ。
花粉症は日本ではニュースになるくらい大変な現象(げんしょう)なのに、不思議なことに海外では花粉症に苦しむ患者(かんじゃ)の話はほとんど聞かないよ。

(注1)細胞…すべての生物の体をつくる基本(きほん)単位のこと。直径約0.005mmで、顕微鏡(けんびきょう)でなければ見えない。ヒトの場合は約60兆個(こ)の細胞からできている。
(注2)抗体…体内に入った細菌(さいきん)や毒素(どくそ)に対抗(たいこう)するためにつくられる物質のこと。"

花粉症の原因となっている植物

スギ花粉の電子顕微鏡(でんしけんびきょう)写真
ヒノキ(左)とヒノキ花粉の光学顕微鏡(こうがくけんびきょう)写真(右)
ハンノキ(左)とハンノキ花粉の光学顕微鏡写真(右)
ブタクサ(左)とブタクサ花粉の光学顕微鏡写真(右)
ヨモギ(左)とヨモギ花粉の光学顕微鏡写真(右)

(提供=東邦大学薬学部教授 佐藤紀男)

花粉症の約70%は、スギの花粉が引き起こしていると考えられている。これはスギ林の面積が、日本の森林の18%、国土の12%を占(し)めているため。スギ以外の樹木(じゅもく)だとヒノキやハンノキが、草花ではカモガヤやブタクサ、ヨモギなどがある。花粉症を引き起こす原因(げんいん)と考えられている植物の花粉は、全部でおよそ60種類もあるんだよ。

植物には、昆虫(こんちゅう)の体にくっついて運ばれる虫媒花(ちゅうばいか)と風で運ばれる風媒花(ふうばいか)があり、花粉症の原因となっているのは風媒花の方だ。風に乗って花粉が運ばれるため、晴れで風の強い日は、花粉の飛ぶ量が多いといわれているよ。

また、スギ、ヒノキなどの樹木は春、カモガヤなどのイネ科は初夏、ブタクサ、ヨモギといったキク科は真夏から秋口というように、植物によって花粉を飛ばす時期が異(こと)なったり、地域(ちいき)によって生えている植物がちがうので、季節や場所によっても花粉の量は変わってくるんだよ。

提供(ていきょう)=鼻アレルギー診療(しんりょう)ガイドライン作成委員会「花粉症保健指導(ほけんしどう)マニュアル」[環境省(かんきょうしょう)発行]

花粉症の防ぎ方

鼻の中と眼(め)に入る花粉数-実験的なマスク、メガネの効果(こうか)

出典=日本医科大学耳鼻咽喉(いんこう)科 大久保公裕「的確(てきかく)な花粉症の治療(ちりょう)のために」[厚生(こうせい)労働省発行]

花粉症は、体内に花粉が入ることで引き起こされるアレルギー。だから、花粉を体内に入れないことが一番よい花粉症対策(たいさく)になるんだ。

まず、環境(かんきょう)省が出している花粉情報(じょうほう)やニュースを見て、花粉が多く飛ぶような日は窓(まど)や戸を閉(し)めて室内に花粉が入らないようにするほか、外出をひかえるようにすること。
外出するときは、マスクや眼鏡(めがね)を使って目や鼻に花粉が入るのを防(ふせ)ぐ。さらに、表面がけばけばした毛織物(けおりもの)などのコートには花粉がつきやすいのでなるべく使用しないこと。
外から家に帰ってきたときは、衣服やかみをよくはらって花粉を落としてから中に入り、洗顔(せんがん)、うがいをして鼻をかむようにすれば、室内の花粉の量を減(へ)らすことができる。

ただ、あまりに症状(しょうじょう)がひどいときは、病院でお医者さんにみてもらおう。

花粉症と寄生虫のふしぎな関係

寄生虫(きせいちゅう)のサナダムシ

出典=東京医科歯科大学医学部教授(きょうじゅ) 藤田(ふじた)紘一郎(こういちろう) 環境(かんきょう)goo WEB講義(こうぎ)「第5回 清潔(せいけつ)志向(しこう)が環境(かんきょう)悪化を招(まね)く」

花粉症でつらい思いをするのは、人間だけじゃない。テレビCMや広告で花粉症にかかったニホンザルを見たことがあるかな? ニホンザルのほかにもイヌ。イヌの場合は、鼻づまりやくしゃみよりも、体がかゆくなるという症状(しょうじょう)が多いみたい。室内犬は散歩からもどったら、ブラッシングをして花粉を落としてあげよう。

花粉症と意外な関係にあるのが寄生虫(きせいちゅう)だ。寄生虫とは、ほかの動物の体内で生息する生き物のことで、ギョウチュウやサナダムシが有名だ。第二次世界大戦直後は日本人の約70%が寄生虫に感染(かんせん)していたけれど、生活水準(すいじゅん)が向上し清潔(せいけつ)になるにつれて感染率(かんせんりつ)は低くなり、1980年代には0.2%になった。ところが、寄生虫感染者が少なくなるとアトピー性(せい)皮膚炎(ひふえん)や花粉症などのアレルギー患者(かんじゃ)が増(ふ)え始めた。細胞(さいぼう)がつくる抗体(こうたい)は、本来、寄生虫に対するものだったのに、寄生虫が体からいなくなったから、害のないはずの花粉に反応(はんのう)して花粉症が発症(はっしょう)したようだ。実際、寄生虫感染率の高い国では花粉症患者がほとんど見当たらない。

でも、寄生虫を体に飼(か)えば花粉症にならないっていわれても、考えちゃうけどね。

PAGETOP