調べてみよう!
今年は新たな発見があるか!恐竜について調べよう

 いまからやく2おく4700まんねん〜6500まんねんまえ地球上ちきゅうじょうにいた恐竜きょうりゅうたち。恐竜きょうりゅう姿すがた生活せいかつるのにがかりになるのが化石かせきだ。恐竜きょうりゅう化石かせきは、日本にほんでもつかっている。とくに、2007ねんは、さまざまな恐竜きょうりゅう化石かせき はっ くつされた。恐竜きょうりゅう化石かせきについて調しらべてみよう。

化石かせき大昔おおむかし生物せいぶつがかり

博物館はくぶつかん展示てんじぶつ図鑑ずかんには、恐竜きょうりゅうたちがきていた時代じだいおおきさ、べていたものなど、さまざまな情報じょうほうかれているね。でも、恐竜きょうりゅうがいたのは、いまからやく2おく4700まん〜6500まんねんまえ中生代ちゅうせいだい三畳紀さんじょうき−ジュラ白亜紀はくあき)という時代じだいだ。人類じんるい誕生たんじょうするずっとまえ時代じだいきていた恐竜きょうりゅうたちのことが、どうしてこれほどわかるのだろう?

大昔おおむかし生物せいぶつのことをるには、化石かせきやくつ。化石かせきというのは、大昔おおむかし生物せいぶつがいがすなやどろなどにうまり、なが年月ねんげつがたってからつかるものだ。たいていの場合ばあいにくなどのやわらかい部分ぶぶん微生物びせいぶつ分解ぶんかいしてしまうので、かたほねだけが化石かせきになる。また、みずちからなどによってばらばらになることもおおいので、全身ぜんしんが、んだ状態じょうたいのままでつかることはほとんどなく、からだ一部分いちぶぶんだけしか発見はっけんされないことがおおい。

化石かせきのできかた。生物せいぶつがいが土砂どしゃにうもれ、ほねだけがのこる。
やがて、土地とちのようすが変化へんかし、発見はっけんされる。
提供ていきょう福井県立ふくいけんりつ恐竜きょうりゅう博物館はくぶつかん

化石かせきは、たくさんの情報じょうほうをもっている。たとえば、ある恐竜きょうりゅうがいた時期じきは、つかった化石かせきや、その化石かせきがうもれていた地層ちそうの「放射性元素ほうしゃせいげんそ」をはかって調しらべるほか、「示準しじゅん 化石かせき」から特定とくていすることもできる。示準しじゅん 化石かせきというのは、地球上ちきゅうじょうにいた期間きかんみじかく、世界中せかいじゅうひろ分布ぶんぷしていたことから、時代じだい目安めやすになる生き物いきもの化石かせきのことだ。恐竜きょうりゅうがいた中生代ちゅうせいだいでは、アンモナイトるい化石かせき代表的だいひょうてきだ。ある地層ちそうから恐竜きょうりゅう化石かせき発見はっけんされたとき、おな地層ちそうから示準しじゅん 化石かせき発見はっけんされれば、その恐竜きょうりゅうがいた時期じきがわかるというわけだ。

また、恐竜きょうりゅうべていたものは、あたま化石かせきから推測すいそくできる。ティラノサウルスのは、ナイフのようなかたちで、ふちにちいさなぎざぎざがついている。これはほかの恐竜きょうりゅうにくるのに都合つごうがよい。それで、ティラノサウルスは肉食にくしょく恐竜きょうりゅうだということになる。一方いっぽうさきたいらなや、表面ひょうめんみぞがついているは、植物しょくぶつをすりつぶしやすいため、植物しょくぶつしょく恐竜きょうりゅうだとわかる。

ぞくぞくわかった恐竜きょうりゅう真実しんじつ

化石かせきからわかることは、ほかにもある。
2008ねん1がつ、アメリカ・カリフォルニア大学だいがくバークリーこう研究けんきゅうチームは、恐竜きょうりゅうが10さい前後ぜんご出産しゅっさんできただろうと発表はっぴょうした。チームは、植物しょくぶつしょく恐竜きょうりゅうのテノントサウルスと肉食にくしょく恐竜きょうりゅうのアロサウルスのうしろあしの化石かせきから、たまごから材料ざいりょうとなるカルシウムを発見はっけんした。現代げんだいとりは、産卵さんらんまえにカルシウムをためる機能きのうがそなわっているが、恐竜きょうりゅうにもとりおな機能きのうがそなわっていたことがわかったのだ。化石かせきのテノントサウルスは、年齢ねんれいが8さい、アロサウルスが10さい推定すいていされていて、この年齢ねんれいですでにたまごむことができたとおもわれるのだ。

また、鳥類ちょうるい恐竜きょうりゅうから進化しんかしたというせつうらづける化石かせきつかっている。
もともと、もっと原始的げんしてきとりひとつである「始祖鳥しそちょう」は、とりから進化しんかしたというせつがあった。始祖鳥しそちょうは、全長ぜんちょうやく45cm、くちばしにはがあり、身体しんたいには羽毛うもうえている。ぜんあしはつばさのようなかたちで、ながをもつ、恐竜きょうりゅうとり中間ちゅうかんてき動物どうぶつだ。1861ねんにドイツで始祖鳥しそちょう化石かせき発見はっけんされたとき、鳥類ちょうるい祖先そせん恐竜きょうりゅうだというせつ発表はっぴょうされた。ところが、当時とうじ恐竜きょうりゅう研究けんきゅうすすんでおらず、鳥類ちょうるいにある「さほね」が恐竜きょうりゅうにないとおもわれていたので、このせつ否定ひていされた。しかし、その研究けんきゅうすすみ、恐竜きょうりゅうにも「さほね」があったことがわかった。さらに1996ねんに、中国ちゅうごく羽毛うもうをもつ小型こがた恐竜きょうりゅう「シノサウロプテリクス」の化石かせき発見はっけんされ、鳥類ちょうるい祖先そせん恐竜きょうりゅうであるというせつうらづけることになった。そのも、中国ちゅうごくからは羽毛うもうをもつ恐竜きょうりゅう化石かせき数多かずおおつかっている。

日本にほんつかった恐竜きょうりゅう化石かせき

日本にほんでは、1978ねん長野県ながのけん恐竜きょうりゅう化石かせきはじめて発見はっけんされた。つかったのは、ながさ50cmほどのかたとひじのあいだほねで、中国ちゅうごく発見はっけんされている植物しょくぶつしょく恐竜きょうりゅう「マメンチサウルス」の仲間なかまだとかんがえられている。それ以前いぜんは、恐竜きょうりゅうがいたころの日本にほん陸地りくちがわずかしかなく、ほとんどがうみそこだったことなどから、化石かせき発見はっけんされにくいとかんがえられていた。しかし、近年きんねん日本にほんでもおおくの化石かせき発見はっけんされており、2007ねん12がつ現在げんざい、16の都道府県とどうふけん恐竜きょうりゅう化石かせきつかっている。

2007ねん1がつ兵庫県ひょうごけん丹波市たんばいちで、大型おおがた植物しょくぶつしょく恐竜きょうりゅう化石かせき発見はっけんされた。発見はっけんされたのは、頭骨とうこつ一部いちぶや、ろっこつほねなどで、いくつかの関節かんせつがつながったまま発見はっけんされた。この恐竜きょうりゅうは、たおれたままの姿勢しせい化石かせきになったとかんがえられていて、今後こんご全身ぜんしん骨格こっかくがほりされる可能性かのうせいたかい。

兵庫県ひょうごけん丹波市 たんばし での化石かせき発掘はっくつのようす(2007ねん2がつ28にち)。
提供ていきょう兵庫県立ひょうごけんりつ ひと 自然しぜん博物館はくぶつかん

和歌山県わかやまけんはじめて発見はっけんされた
恐竜きょうりゅう化石かせき
提供ていきょう和歌山わかやま県立けんりつ自然しぜん博物館はくぶつかん

おなとしの4がつには、福井県ふくいけん勝山市かつやましで、恐竜きょうりゅうの「皮膚ひふこん化石かせき」もつかっている。皮膚ひふこん化石かせきというのは、しめったつち恐竜きょうりゅう皮膚ひふのあとをつけ、そこにこまかいすなもって化石かせきになったもので、非常ひじょうにめずらしいものだ。海外かいがいでは発見はっけんされていたが、日本にほんでははじめての発見はっけんだった。恐竜きょうりゅう皮膚ひふそのものは、ほとんどのこらず、情報じょうほうすくない。皮膚ひふこん化石かせきは、恐竜きょうりゅう皮膚ひふ形状けいじょうることができる貴重きちょうなものなのだ。

このほか2007ねんには、それまで化石かせきつかっていなかった和歌山県わかやまけんでも恐竜きょうりゅう化石かせき発見はっけんされた。ながやく2.6cm、はばやく1.2cmの肉食にくしょく恐竜きょうりゅう化石かせきつかったもので、おおきさからかんがえて、全長ぜんちょう3〜4mのカルノサウルスという中型ちゅうがた肉食にくしょく恐竜きょうりゅうのもののようだ。

恐竜きょうりゅう化石かせきは、わたしたちに過去かこのさまざまな情報じょうほうつたえてくれる。それらのなかには、学者がくしゃ博物館はくぶつかん化石かせき はっ くつチームではなく、アマチュアのマニアがつけたものや、偶然ぐうぜんつかったものもある。興味きょうみのあるひとは、化石かせきさがしにチャレンジするのもいいね。

調べ隊のおすすめ本
[学研まんが新ひみつシリーズ] じどうしゃ・ひこうき

[学研がっけんまんがしんひみつシリーズ 恐竜きょうりゅう化石かせきのひみつ 監修かんしゅう金子かねこ隆一りゅういち]

最新さいしん発掘はっくつ技術ぎじゅつ復元ふくげん方法ほうほう化石かせき発掘はっくつ歴史れきし・エピソードなどが、まんがで紹介しょうかいされていて、恐竜きょうりゅう化石かせき入門にゅうもんにはぴったり。恐竜きょうりゅう化石かせき興味きょうみがわいたら、んでみよう。

おまけに調べちゃおう! 兵庫県立ひょうごけんりつ
ひと自然しぜん博物館はくぶつかん

兵庫県ひょうごけん丹波市 たんばし 恐竜きょうりゅう化石かせき発掘はっくつおこなっている博物館はくぶつかんのサイト。2007ねん1がつ発掘はっくつ開始かいしから、現在げんざいまでの発掘はっくつ情報じょうほうることができる。

バーチャルミュージアム
国立こくりつ科学かがく博物館はくぶつかん

国立こくりつ科学かがく博物館はくぶつかん恐竜きょうりゅう化石かせき展示てんじしつ体験たいけんできるサイト。展示てんじぶつについての観察かんさつポイントや、解説かいせつむことができる。また「DINOリンク」には、全身ぜんしん骨格こっかく標本ひょうほんられる博物館はくぶつかんへのリンクが紹介しょうかいされている。

調べ隊リンク集 福井県立ふくいけんりつ恐竜きょうりゅう博物館はくぶつかん

日本にほん最大さいだいきゅう恐竜きょうりゅう博物館はくぶつかんのサイト。『恐竜きょうりゅう図鑑ずかん』のページでは、名前なまえ種類しゅるいからたくさんの恐竜きょうりゅう調しらべることができる。また、日本にほん世界せかいおも化石かせき発掘はっくつ情報じょうほう掲載けいさいされている。

和歌山わかやま県立けんりつ自然しぜん博物館はくぶつかん公式こうしきホームページ

和歌山県わかやまけんはじめて発見はっけんされた恐竜きょうりゅう化石かせき展示てんじしている博物館はくぶつかんのサイト。発見はっけんされた化石かせきについて、くわしくりたくなったらのぞいてみよう。


.