調べてみよう!
わたしたちの星「地球」の歴史について調べちゃおう

くもがない状態じょうたい再現さいげんした地球ちきゅう
提供ていきょう:JAXA

 人間にんげんおおくの生物せいぶつらす「地球ちきゅう」。地球ちきゅうがどのように誕生たんじょうし、どのように変化へんかしていまのような姿すがたになったのか、かんがえたことがあるかな。地球ちきゅう歴史れきしについて調しらべてみよう。

現在げんざいとはちがっていた原始げんし地球ちきゅう

 地球ちきゅうは、直径ちょっけい1まん2756km、太陽たいように3番目ばんめちかいわくせいで、太陽系たいようけいなかではただひとつのきものがいるほしだ。地球ちきゅうはほかのわくせいとちがって、生物せいぶつ誕生たんじょうし、生物せいぶつきていくために必要ひつよう酸素さんそをふくむ大気たいきみずがある。また、気候きこう生物せいぶつがくらすのに都合つごうがよい。このような環境かんきょうは、地球ちきゅう誕生たんじょうしてからなが年月ねんげつをかけてできたものだ。

 地球ちきゅうは、いまからやく46おくねんまえちいさなわくせい同士どうしがぶつかり、だんだんおおきくなって誕生たんじょうした。誕生たんじょうしたばかりの地球ちきゅうには、さらにほかの天体てんたいがぶつかり、それらの天体てんたいがふくんでいた水蒸気すいじょうき二酸化炭素にさんかたんそでできた原始げんし大気たいきつつまれていた。さらに天体てんたいがぶつかると、原始げんし大気たいき温室効果おんしつこうかやしょうとつのエネルギーで地球ちきゅう温度おんどは1000℃以上いじょうになり、地表ちひょうはマグマオーシャンというマグマのうみにおおわれた。マグマオーシャンの内部ないぶでは、おもてつ成分せいぶん中心ちゅうしんにしずみ、それよりかる岩石がんせき成分せいぶん表面ひょうめんへと移動いどうした。現在げんざい地球ちきゅう内部ないぶは、地表ちひょうからかく、マントル、かくというそうかれているが、マグマオーシャンの内部ないぶにしずんだてつかくに、表面ひょうめん移動いどうした岩石がんせき成分せいぶんがマントルになったとかんがえられている。

地球ちきゅう内部ないぶ構造こうぞう内部ないぶは、層状そうじょうになっている。
出典しゅってん岡山おかやま大学だいがく 地球ちきゅう科学かがく教室きょうしつ

 その、しだいにほかの天体てんたいのしょうとつがり、原始げんし大気たいき水蒸気すいじょうきえると、マグマのうみだった表面ひょうめんかたまりはじめてかく(岩石がんせき大地だいち)ができた。さらに地球ちきゅうえると、水蒸気すいじょうきあめになってなんねんものあいだ降り続ふりつづうみができた。やく40おくねんまえのことだ。そして、やく38おく〜35おくねんまえには、地球ちきゅう最初さいしょ生命せいめいである細菌さいきん誕生たんじょうした。細菌さいきんは、単純たんじゅん構造こうぞう単細胞たんさいぼう生物せいぶつだったが、やく27おく〜19おくねんまえになると、らん藻類そうるいの「シアノバクテリア」が大量たいりょう出現しゅつげんし、太陽たいようひかり二酸化炭素にさんかたんそ使つかって光合成こうごうせいおこない、酸素さんそをつくるようになる。現在げんざい地球ちきゅうには、酸素さんそをふくむ大気たいきがある。また、大気たいきうえのほうには、酸素さんそからできたオゾンのそうがあり、太陽たいようからとど有害ゆうがい紫外線しがいせんをさえぎっている。紫外線しがいせんがそのまま地表ちひょうまでとどくと生物せいぶつきていけない。その意味いみでは、地球ちきゅう生物せいぶつほしになったのは、酸素さんそがつくられたおかげといえる。

 やがてシアノバクテリアは、すなやどろなどとかさなってドームのようなかたちのストロマトライトに成長せいちょうし、さらに大量たいりょう酸素さんそをつくった。この時代じだい地層ちそうからは、ストロマトライトの化石かせき大量たいりょうつかっている。やく19おくねんまえになると、地球ちきゅう内部ないぶ大規模だいきぼなマントルの上昇じょうしょうはじまり、かくに無数むすうのわれをつくって火山かざん活動かつどうなどをこし、地球上ちきゅうじょう最初さいしょちょう大陸たいりくヌーナができた。

おおきな変化へんかをとげる大陸たいりく

 最初さいしょ生命せいめい誕生たんじょうしてからやく30おくねんのカンブリア(5おく4300まん〜4おく9000まんねんまえ)にはいると、さまざまな種類しゅるい生物せいぶつあらわれた。現在げんざい昆虫こんちゅうるい貝類かいるいなど、背骨せぼねたないせきつい動物どうぶつ祖先そせんは、ほとんどがこの時代じだい誕生たんじょうしている。シルル(4おく4300まん〜4おく1700まんねんまえ)になると、コケるいなどが水辺みずべ進出しんしゅつした。さらにデボン(4おく1700まん〜3おく5400まんねんまえ末期まっきには陸上りくじょうではシダ植物しょくぶつなどが森林しんりんをつくり、両生類りょうせいるい昆虫こんちゅうるいもくらすようになった。

 こうして、生物せいぶつ進化しんかしているあいだに、大陸たいりくおおきく変化へんかしていた。現在げんざい地球ちきゅうには、ユーラシア、アフリカ、きたアメリカ、みなみアメリカ、オーストラリア、南極大陸なんきょくたいりくの6つの大陸たいりくがあるが、これらはもともとひとつのおおきな大陸たいりくだった。地球ちきゅう表面ひょうめんは、プレートというあつやく100kmの岩盤がんばん十数じゅうすうまいにおおわれていて、大陸たいりくうみはそのうえにある。プレートは毎年まいとしすうcmずつ移動いどうしており、そのために大陸たいりくは、やく4おくねんごとにかれたりくっついたりをくりかえしている。現在げんざいの6つの大陸たいりくは、ペルム(2おく9000まん〜2おく4800まんねんまえ)にできたちょう大陸たいりくパンゲアがなが年月ねんげつをかけてかたち位置いち変化へんかさせてできたものだ。

やく7おく〜6おくねんまえ大陸たいりく分布ぶんぷ
出典しゅってん地球ちきゅうのからくり -EPACS自然しぜん博物館はくぶつかん-

ちょう大陸たいりくパンゲアが形成けいせいされたやく2おくねんまえ大陸たいりく分布ぶんぷ
出典しゅってん地球ちきゅうのからくり -EPACS自然しぜん博物館はくぶつかん-

やく8300まんねんまえ大陸たいりく分布ぶんぷちょう大陸たいりくパンゲアが分裂ぶんれつつづけた。
出典しゅってん地球ちきゅうのからくり -EPACS自然しぜん博物館はくぶつかん-

現在げんざい大陸たいりく分布ぶんぷいまからやく180まんねんまえには、現在げんざい大陸たいりくとほぼおながたになった。
出典しゅってん地球ちきゅうのからくり -EPACS自然しぜん博物館はくぶつかん-

 大陸たいりくうごくというかんがえをはじめて発表はっぴょうしたのは、ドイツじん気象きしょう学者がくしゃアルフレッド・ウェゲナーだ。ウェゲナーは、みなみアメリカ大陸たいりく東側ひがしがわとアフリカ大陸たいりく西側にしがわ地形ちけいていることや、化石かせき地質ちしつなどのてんから大陸たいりく移動いどうせつおもいついた。三畳紀さんじょうき(2おく4800まんねん〜2おく600まんねんまえ)にいたは虫類ちゅうるいキノグナトゥスの化石かせきが、みなみアメリカ大陸たいりくのアルゼンチンとアフリカ大陸たいりくみなみアフリカから発見はっけんされているのは、その証拠しょうこのひとつだ。

絶滅ぜつめつをくりかえしてきた生物せいぶつ

 地球ちきゅうには、さまざまな種類しゅるい生物せいぶつ進化しんかつづけてきた。そのいっぽうで、過去かこ何度なんどか、生物せいぶつ大量たいりょう絶滅ぜつめつこっている。ペルムまつにはうみ生物せいぶつの90%、陸上りくじょう生物せいぶつの70%の種類しゅるいみじかあいだ絶滅ぜつめつしたとかんがえられている。このような大量たいりょう絶滅ぜつめつは、過去かこに5かいあったことがわかっているが、ペルム大量たいりょう絶滅ぜつめつ史上最大しじょうさいだいといわれている。

 いまから2おく4800まん〜2おく6000まんねんまえ三畳紀さんじょうきには、恐竜きょうりゅうあらわれる。恐竜きょうりゅうは、からだ真下ましたあしがのびていて、ほかのは虫類ちゅうるいよりはやはしれることから、陸上りくじょう生活せいかつい、地球ちきゅう王者おうじゃだった。ところが、やく6500まんねんまえ白亜紀はくあきまつ姿すがたしてしまった。巨大きょだいいんせきのしょうとつや環境かんきょう変化へんか原因げんいんといわれるが、はっきりしていない。

 恐竜きょうりゅうがいなくなったあと地球ちきゅうには、白亜紀はくあきまつだい絶滅ぜつめつきのびた小型こがた乳類にゅうるい鳥類ちょうるいなどがさかえた。そのなかには、大型おおがたする生物せいぶつもいた。この時代じだいには、パキケトゥスというクジラの祖先そせんが、現在げんざいのカワウソのように水辺みずべ生活せいかつしていたとかんがえられている。また、やく600まん〜500まんねんまえには2ほんあしあるき、草原そうげんなどでくらす最初さいしょ人類じんるい、ラミドゥス猿人えんじんあらわれている。やく180まんねんまえになると、大陸たいりくもほぼ現在げんざいおな姿すがたになる。やく15〜10まんねんまえ、わたしたちの直接ちょくせつ祖先そせんであるホモ・サピエンスがアフリカにあらわれ、やがて世界せかい各地かくちひろがった。

クジラの先祖せんぞのパキケトゥスの頭骨とうこつ複製ふくせい)。
写真しゃしん提供ていきょう 足寄あしよろ動物どうぶつ化石かせき博物館はくぶつかん

地球ちきゅう誕生たんじょうしてからやく46おくねん地球ちきゅう生物せいぶつとおくなるようななが年月ねんげつをかけて変化へんかし、現在げんざいのような姿すがたになった。わたしたち人類じんるい歴史れきしは、地球ちきゅう全体ぜんたい歴史れきしからると、ほんのわずかでしかないが、人間にんげん文明ぶんめい発達はったつさせて、地球ちきゅうえてしまう技術ぎじゅつれた。だが、いまこそこれまでの地球ちきゅうあゆみをふりかえり、地球ちきゅう将来しょうらい真剣しんけんかんがえなければならないだろう。

調べ隊のおすすめ本
[学研まんが新ひみつ] 地球のひみつ

[学研がっけんまんがしんひみつ] 地球ちきゅうのひみつ 監修かんしゅういのししきょう久義ひさよし 漫画まんが大岩おおいわピュン

地球ちきゅうかんする身近みぢか疑問ぎもんに、そのしくみなどをまんがでくわしく解説かいせつしてくれるいっさつ地震じしんはなぜこるのか、やまはどうやってできるのかなど、地球ちきゅうについて疑問ぎもんがわいたらんでみよう。

おまけに調べちゃおう! 21世紀せいきあるかただい研究けんきゅう

「46おくねん歴史れきしを1ねんる 地球ちきゅうカレンダー」のページでは、46おくねんまえ地球ちきゅう誕生たんじょうから現代げんだいまでをカレンダー形式けいしき紹介しょうかいしている。

国立こくりつ科学かがく博物館はくぶつかん

「バーチャルミュージアム」うちの「日本人にほんじんのはるかなたび(2001)」では、大昔おおむかし日本にほんらしていた縄文じょうもんじん弥生やよいじん紹介しょうかいしている。むかしひとつくった土器どき写真しゃしんることができるよ。

調べ隊リンク集 地球ちきゅうのからくり -EPACS自然しぜん博物館はくぶつかん-

大気たいきうみ内部ないぶ構造こうぞうや、地球ちきゅう歴史れきしなどが写真しゃしんきで紹介しょうかいされていて、地球ちきゅうかんするさまざまな情報じょうほうることができるよ。宇宙うちゅう太陽系たいようけい成り立なりたちも紹介しょうかいされているので、宇宙うちゅう勉強べんきょうするのにもピッタリ。

やまびこネット

たのしい博物館はくぶつかん」の「バーチャル博物館はくぶつかん」から「進化しんかかん」にすすむと、せんカンブリアだいから現在げんざいまでの生物せいぶつ移り変うつりかわりをることができる。さまざまな博物館はくぶつかん展示てんじぶつ紹介しょうかいしている「おもしろ歴史れきしかん」のページも必見ひっけん


.