調べてみよう!
初夏の訪れを知らせるホタルについて調べちゃおう

 黄緑きみどりいろひかりし、夜空よぞらまわるホタルたち。日本では、おもなつられる光景こうけいだね。ホタルがどのような一生いっしょうおくるのか、どういうしくみでひかるのか、っているのかな? ホタルについて調しらべてみよう。

一生いっしょうのほとんどを水中すいちゅうごすゲンジボタル

 ホタルは、体長たいちょうすうmmから30mmほどの昆虫こんちゅうで、カブトムシやクワガタムシなどとおな仲間なかまだ。

 世界せかいにはやく2000種類しゅるいがいて、日本にはゲンジボタルやヘイケボタルなど、やく50種類しゅるいられる。

 ホタルのおおくは、幼虫ようちゅうのとき陸上りくじょうごすけれど、ゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマボタルなど一部いちぶのホタルは、水中すいちゅうでくらす。

 日本の本州ほんしゅう四国しこく九州きゅうしゅうられるゲンジボタルをれいに、ホタルの一生いっしょうをしょうかいしよう。

 ゲンジボタルがくらしているのは、みずがきれいな小川おがわなどのまわりだ。たまごは、直径ちょっけいやく0.5mmのボールがたをしていて、水辺みずべのコケなどにみつけられる。

産み付うみつけられたゲンジボタルのたまご
出典しゅってん岐阜ぎふ里山さとやまホタル

 ゲンジボタルは、たまごのときからひかりす。とされたすぐあとからよわひかりし、ふちかづくと、そのひかりつよくなる。

 20?30にちすると、たまごから幼虫ようちゅうがかえり、みずなかはいる。幼虫ようちゅうは、体長たいちょうやく1.5mm、その姿すがたは、成虫せいちゅうとはまったくちがい、いもむし(アゲハチョウの幼虫ようちゅう)のようだ。幼虫ようちゅうべものは、3?4cmほどのまきかい仲間なかまのカワニナなどだ。

ゲンジボタルの幼虫ようちゅう
出典しゅってん岐阜ぎふ里山さとやまホタル

 幼虫ようちゅうは、翌年よくねんはるまでみずなかでくらし、そのかんに5?6かいのだっをして成長せいちょうする。そのりくがり、直射ちょくしゃ日光にっこうたらず、やわらかくしめったつち場所ばしょつけると、そのしたにもぐり、さなぎになる。幼虫ようちゅうりくがるとはらさきひかるようになる。また、さなぎになっても地面じめんしたひかっている。

 さなぎになって10ほどたつと、羽化うかして成虫せいちゅうになる。羽化うかしたばかりは、まだはねがやわらかく、はねくろく、かたくなるまでつちなかで3?4ごす。成虫せいちゅう地上ちじょうあらわれるのは、5がつじゅんから7がつ じょう じゅんのことだ。

ゲンジボタルの成虫せいちゅう
出典しゅってん岐阜ぎふ里山さとやまホタル

 1ねんちかくを幼虫ようちゅうごしたホタルだけど、成虫せいちゅうになってから10?15にちほどしかきられない。そのみじかあいだにおすとめすが出会であってたまごむ。1ぴきのめすがたまごは500?1000だ。

ホタルのひかりのひみつ

 ホタルがひかるのは、おすとめすが、けっこんの相手あいてをさそう合図あいずだ。

 ホタルがひかるしくみは、じつにうまくできている。

 ゲンジボタルには、おすは2ふし、めすは1ふし発光はっこうがある。発光はっこうには、ひかさいぼうのそうがある。そのなかでルシフェラーゼという物質ぶっしつのはたらきで、ルシフェリンというものと酸素さんそむすびつくとひかるというしくみだ。

 人間にんげんがつくったひかりである電球でんきゅうなどは、かならねつあつくなるけど、ホタルがひかりは、ねつない。人間にんげん技術ぎじゅつではできないことを、ホタルは大昔おおむかしから実現じつげんしていたんだね。

 ホタルのひかかたは、種類しゅるいによっても、おすとめすとでもちがうけれど、おな種類しゅるいでもすんでいる場所ばしょによってひかりかたがちがう。

 ゲンジボタルは、長野県ながのけん新潟県にいがたけん愛知県あいちけんさかいとして、それよりひがしではやく4びょうおきにひかる。ところが、西側にしがわではやく2びょうおきにひかる。人間にんげん言葉ことば方言ほうげんがあるように、ホタルにもひかり方言ほうげんがあるようでおもしろいね。

 ひかりすホタルは、よる活動かつどうするホタルだ。くらいところでも仲間なかま交信こうしんができるくふうなんだね。いっぽう、昼間ひるま活動かつどうするホタルはひかりさず、おもににおいをして仲間なかま合図あいずをしているよ。

ホタルをまもるために

 ホタルは、最近さいきん、その姿すがたられる地域ちいきってしまった。きれいなみずがあるところにすむため、かわがよごれたり、川岸かわぎしがコンクリートでかためられたりしたために、すめる場所ばしょってしまったのが、おもな原因げんいんだ。

 近年きんねんでは、全国各地ぜんこくかくちで、ホタルをまも活動かつどうや、ホタルがくらせる環境かんきょうりもどす活動かつどうおこなわれている。

 もともとホタルがくらしていた地域ちいきや、現在げんざいもホタルが生息せいそくしている地域ちいきでは、かわ家庭かていからるよごれたみずや、農薬のうやくなどがざったみずながれこむことをふせ活動かつどうおこなわれている。また、人間にんげんそだてたホタルの幼虫ようちゅう放流ほうりゅうする活動かつどうおこなわれている。このほか、もともとはホタルがいなかったけれど、人工じんこう小川おがわ水辺みずべ環境かんきょうをつくって、ホタルをっているところもある。

ホタルを鑑賞かんしょうしよう

 ホタルのひかりうつくしさは、ふるくからあいされてきた。自然しぜんしたしむためにも、ちかくにホタルがられる場所ばしょがあったら、ぜひホタルの鑑賞かんしょうたのしもう。

 地域ちいきによっては5がつ下旬げじゅんから、ゲンジボタルやヘイケボタルなどを鑑賞かんしょうすることができる。インターネットなどで、ホタルを鑑賞かんしょうできるスポットや発生はっせい時期じきなどの情報じょうほう公開こうかいされている地域ちいきもあるので、参考さんこうにするとよい。なかには、ホタルの生態せいたいなどについてのガイドがついた鑑賞かんしょうかい開催かいさいされている。

でも、自然しぜんをこわさないように注意ちゅうい必要ひつようだ。ホタルはつよひかりをきらうので、カメラのフラッシュやかいちゅう電灯でんとう使つかわないこと。また、環境かんきょうをよごすとホタルがくらせなくなってしまうので、ごみはかならちかえろう。くさむらにはいったりしてホタルをつかまえることも禁止きんしだ。また、安全あんぜんのため、かなら大人おとなといっしょにこう。

 ホタルを鑑賞かんしょうできる自然しぜんがあるのは、とても幸運こううんなことだ。ホタルが安心あんしんしてくらせる自然しぜんのこしていきたいものだね。

調べ隊のおすすめ本
[ポケット版学研の図鑑]鳥

[すぐ調しらべられる「環境かんきょう生き物いきもの」3] メダカがすめるのはどんなかわ?(かわいけ生物せいぶつへん) 監修かんしゅう内山うちやま裕之ひろゆき

ホタルなどの昆虫こんちゅう、カエルなどの両生類りょうせいるいや、淡水魚たんすいぎょ水辺みずべ野鳥やちょうなど、河川かせん湖沼こしょうにすむ生き物いきものから環境かんきょう調しらべる。身近みぢか生物せいぶつ対象たいしょうにした環境かんきょう調査ちょうさ実例じつれいをまとめたシリーズ。

おまけに調べちゃおう! 板橋区いたばしくホタル飼育しいく施設しせつ

自然しぜん水辺みずべ環境かんきょう再現さいげんし、ホタルを飼育しいくしている施設しせつのサイト。『ホタル生態せいたい映像えいぞうかん』のページでは、発光はっこうするゲンジボタルや幼虫ようちゅう様子ようす写真しゃしん動画どうがることができる。

こどもホタレンジャー

ホタルをまも活動かつどうおこなう、こどもホタレンジャーの活動かつどうることができる。『わがまちのこどもホタレンジャー』のページでは、ホタルの保護ほごや、かわ自然しぜんまもるなどの活動かつどうおこな全国ぜんこく団体だんたい紹介しょうかい

調べ隊リンク集 豊田とよだホタルのさとミュージアム

ゲンジボタルの生態せいたいや、さまざまなひみつについてまなべる博物館はくぶつかんのサイト。『豊田とよだのホタル』のページでは、ゲンジボタルをはじめ、陸生りくせいのホタルも紹介しょうかいされている。

東京とうきょうにそだつホタル

ホタルの生態せいたい生息せいそく環境かんきょう飼育しいく保護ほごなどさまざまな情報じょうほう公開こうかいされているサイト。『ホタル図鑑ずかん-forきっず』では、ホタルの一生いっしょうなどがイラストと写真しゃしん紹介しょうかいされているよ。