調べてみよう!
秋の虫について調べちゃおう

 コオロギやスズムシのごえいたり、アカトンボがんでいる姿すがたたりすると、あきだなというがするね。コオロギなどのごえや、アカトンボの一生いっしょうにはひみつがいっぱいだ。あきむしについて調しらべてみよう。

むししたしんできた日本じん

 あきむしには、コオロギやスズムシ、マツムシなどがいる。むしは、ふるくから日本じんしたしまれてきた。いまから1200ねん以上いじょうまえつくられた『万葉集まんようしゅう』にもコオロギをよんだうたのこされているほどだ。そのなかには「コオロギのごえは、いくらいてもあきない」という内容ないよううたもある。また、江戸えど時代じだいには、スズムシなどのむしあるひともいた。

 名前なまえからだかたちなどにちがいはあるけれど、スズムシもマツムシも、コオロギの仲間なかまだ。コオロギの仲間なかまは、世界せかいやく2000しゅ、日本にはやく60しゅがいる。コオロギの仲間なかまは、アリヅカコオロギのように2?3mmのものから、タイワンオオコオロギのように40mmをこえるものもいて、おおきさはさまざまだ。

コオロギの一生いっしょう

 よくかけるコオロギの仲間なかまに、エンマコオロギがいる。エンマコオロギは、体長たいちょう26?32mm、日本では最大さいだいのコオロギだ。エンマコオロギは、河原かわらくさむら、はたけなどにすんでいる。エンマコオロギのめすは、あきわりごろ、つちなかたまごむ。たまごつちなかふゆをこし、つぎとしなつはじめごろにたまごからかえる。まれたばかりの幼虫ようちゅうは、成虫せいちゅうとちがってからだいろしろいが、だんだんくろくなっていく。幼虫ようちゅうは、栄養えいようをとって、およそ1かげつあいだに7かい脱皮だっぴをくりかえして成虫せいちゅうになる。成虫せいちゅうになったばかりのエンマコオロギには、4まいのはねがあり、うしろのながいはねを使つかってぶ。でも、成虫せいちゅうになって1週間しゅうかんほどすると、うしろのはねを自分じぶんでぬいてしまう。そして、このころから、本格的ほんかくてきくようになる。あきふかくなると、おすとめすがけっこんし、めすはたまごむ。

エンマコオロギ。体長たいちょう26?32mm。成虫せいちゅうは11がつ中旬ちゅうじゅんまで活動かつどうする。
提供ていきょう箕面公園みのおこうえん昆虫こんちゅうかん

 エンマコオロギは、このような一生いっしょうおくっているよ。

なんのために、どうやってくの?

 むしたちは、どうやって、また、なんのためにくのだろう。

 むしたちの「こえ」は、じつはくちからしているのではなく、まえばねをこすりわせてしている。2まい まえ ばねは、1まいにやすりのようなぎざぎざが、もう1まいにはでっぱりがついていて、 まえばね同士どうしをすばやくこすりわせると、おとる。これがむしの「こえ」の正体しょうたいだ。

 そして、くのはおすだけ。ごえには、いくつかの役割やくわりがある。まず、ここは自分じぶんのなわばりだぞと、ほかのおすにしめすこと。エンマコオロギは、この場合ばあい、「コロコロコロ」とく。また、おす同士どうし出会であったときは、おたがいに「キリ、キリ、キリ」とく。どちらかがっていくまでつづけるので、けんかのような役割やくわりをしていることがわかるね。また、めすをさそうときは、「コロコロコロリー」とく。ということは、コオロギたちは、あのこえくためのみみをもっていることになるね。でも、コオロギたちのみみは、わたしたちとちがい、まえあしについているよ。

 むしこえは、種類しゅるいによってもちがう。スズムシは「リーン、リーン」、マツムシは「チンチロ、チンチロ」、クツワムシは「ガチャガチャ」、ウマオイは「スイッチョン、スイッチョン」というごえだ。ごえから、どんなむしがいるかあててみるのもたのしいね。

クツワムシ。おす25mm、めす36mm。10がつころまで活動かつどうする。
提供ていきょう箕面公園みのおこうえん昆虫こんちゅうかん

なつあきにすむ場所ばしょえるアカトンボ

 むしのほかにも、あきかんじさせてくれる昆虫こんちゅうがいる。そう、アカトンボだ。でも、アカトンボという種類しゅるい昆虫こんちゅうがいるのではない。トンボの仲間なかまのうち、アカネぞくというグループにふくまれるトンボ全体ぜんたいをアカトンボとんでいる。日本には、21種類しゅるいのアカトンボがいる。ほとんどのアカトンボはからだあかいけれど、なかにはあかくないアカトンボもいる。また、わかときあかくないものもいるよ。

 あきになると、きゅうにアカトンボの姿すがたかけるね。では、それまで、アカトンボはどこにいたんだろう。それは、アカトンボの一生いっしょう調しらべるとわかる。

アキアカネ。体長たいちょう40mm。12がつころまで活動かつどうする。
提供ていきょう箕面公園みのおこうえん昆虫こんちゅうかん

たとえば、アカトンボの仲間なかまのアキアカネは、あきに、かわいけ、たんぼなどにえる水草みずくさなどにたまごみつける。はるになると、たまごから幼虫ようちゅうがかえる。これが、やごだ。やごはみずなからし、おたまじゃくしなどをべて成長せいちょうする。6がつごろになるとみずから成虫せいちゅうになる。成虫せいちゅうは、もちろんトンボの姿すがたをしている。でも、成虫せいちゅうになったばかりのアキアカネは、あかくなく、だいだいいろをしている。あつなつのさかり、アキアカネは、あつさをさけるためにやま高原こうげんなどのすずしい場所ばしょかう。そして、10がつくらいになると、やまから平地へいち移動いどうして、けっこん相手あいてさがす。このとき、アキアカネのからだはだいだいいろから赤色せきしょくわっている。これは、けっこんできるよっていうしるしなんだね。おすとめすがけっこんして、めすがたまごむと、アキアカネは、一生いっしょうえる。

アキアカネの一生いっしょう幼虫ようちゅうは、みずなかそだち、成虫せいちゅうやまから平地へいち移動いどうする。
出典しゅってん:たつの・あかトンボをやそうかい

 このような一生いっしょうおくるので、アカトンボは、あきになると、きゅうえたようにおもえるんだ。

コオロギをおう

 コオロギをうのは、そうむずかしくない。きれいな鳴き声なきごえけるから、ぜひってみよう。

 ものには、プラスチックせいすいそうを用意よういする。なたでかわかしたつちをしいて、コオロギがかくれられるように、いし、かわらのかけらなどをれておこう。えさは、ナスやキュウリなどの野菜やさいがよい。輪切わぎりにして、つまようじなどにさして、つちててやる。また、かつおぶしなどの動物性どうぶつせいのえさもかならずやろう。そうしないと、コオロギ同士どうしがともいすることもあるからだ。

 おすとめすをいっしょにっていると、たまごむこともある。めすは、おしりのさきはりのようなながくだがあり、このくだ地面じめんにさしてつちなかたまごむ。めすがくだ地面じめんにさしていたら、つちをほってたまごさがしておこう。成虫せいちゅうんだら、食べ残たべのこしのえさなどを取り除とりのぞき、すいそうごと、温度おんどひくくら場所ばしょく。つち表面ひょうめんがかわいていたら、きりふきでみずをまき、つちをしめらせておく。また、ラップやビニールですいそうにふたをして、かんそうしすぎないようにしよう。つぎとしの5?6がつになると、たまごから幼虫ようちゅうがかえる。幼虫ようちゅうは、成虫せいちゅうおなじようにそだてられるよ。

 あきのひととき身近みぢかものけてみよう。

調べ隊のおすすめ本
[ジュニア学研の図鑑] 植物

[ジュニア学研がっけん図鑑ずかん] 昆虫こんちゅう 監修かんしゅう:岡島秀治

身近みぢか昆虫こんちゅうをイラストや写真しゃしんで、環境かんきょうべつ季節きせつべつ紹介しょうかいしている。分類ぶんるいべつ標本ひょうほん写真しゃしんものっているので、昆虫こんちゅう採集さいしゅう観察かんさつにも役立やくだつ。昆虫こんちゅう図鑑ずかん入門にゅうもんへんとしてぴったりな一冊いっさつ

おまけに調べちゃおう! むしシリーズ 日本にほんエアロビデオ

コオロギの仲間なかまやキリギリスの仲間なかま、セミの仲間なかまなど、むし様子ようす動画どうがることができる。コオロギの仲間なかまは、エンマコオロギをはじめ、スズムシ、マツムシなど16種類しゅるい紹介しょうかいされているよ。

デジタル神戸こうべ自然しぜんシリーズ 神戸こうべ水辺みずべ環境かんきょう生き物いきものたち?神戸こうべのトンボ

神戸市こうべしられるトンボを紹介しょうかいするサイト。「成虫せいちゅう名前なまえ調しらべる(原著げんちょ)」のページでは、はねの特徴とくちょう頭部とうぶかたちなどから、トンボの種類しゅるい判別はんべつできる。

調べ隊リンク集 箕面公園みのおこうえん昆虫こんちゅうかん

大阪府おおさかふ箕面市みのおしにある昆虫こんちゅうかんのサイト。「昆虫こんちゅうかんだより」では、箕面みのお生息せいそくしている昆虫こんちゅう紹介しょうかいや、モンシロチョウなどのかた解説かいせつがある。

たつの・あかトンボをやそうかい

アカトンボの種類しゅるいや、アキアカネの生態せいたい一生いっしょう写真しゃしんとイラストで説明せつめいしている。兵庫県ひょうごけんたつのおこなわれているアカトンボをやす活動かつどう紹介しょうかいされているので、ぜひのぞいてみよう。


.