新型インフルエンザについて調べちゃおう

新型インフルエンザについて調べちゃおう

2008年12月、例年よりも早いインフルエンザの流行が発表された。この冬は、毎年流行しているインフルエンザのほかに、これまでのインフルエンザより毒性が強い新型インフルエンザの流行も心配されている。新型インフルエンザとはどんなものなのか、その発生や予防方法について調べちゃおう。

インフルエンザはかぜとはちがう

毎年、冬になると各地でインフルエンザが流行する。インフルエンザに感染すると、38度以上の高熱、頭痛や関節痛、筋肉痛などの症状が起き、命を落とすこともある。インフルエンザというと、かぜの重いもののように考えている人が多いけど、これは大まちがい。インフルエンザとかぜは、ちがうものなんだ。インフルエンザは、インフルエンザウイルスという、目には見えない微生物が体内に入ることで、さまざまな症状が起きる。かぜもウイルスが原因だが、ウイルスの種類がちがう。また、かぜの場合、鼻水やくしゃみ、せきなどが出ることが多く、高熱になるようなことは少なく、インフルエンザに比べると症状は軽い。

インフルエンザウイルス
電子顕微鏡で見たインフルエンザウイルス。
提供:国立感染症研究所

とても危険な新型インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型がある。そのうちA型は、世界中で流行するおそれのある、とても危険性が高い型だ。また、インフルエンザウイルスは、毎年、少しずつ変化するので、一度かかったからといって、もうかからないということはない。ただ、一度かかっていると、体にインフルエンザウイルスを追い出そうとするはたらき(「めんえき」という)ができるため、重い症状になることが少ない。

インフルエンザのうち、それまでなかったウイルスによって起きるものを新型インフルエンザという。人は新型インフルエンザに対しては、めんえきを持っていないため、症状が重くなり、世界中で流行すると、たくさんの死者が出ることがある。新型インフルエンザは、これまでにも世界的に大流行したことがある。1918年のスペインかぜ、1957年のアジアかぜ、1968年の香港かぜは、どれも新型インフルエンザで、特にスペインかぜは、世界の人口が18億人だった当時、5億人以上がかかり、8000万人が死亡したといわれている。

鳥インフルエンザウイルスが新型インフルエンザウイルスに変化する

現在、流行が心配されている新型インフルエンザは、どういうものなのだろう。  近年、世界各地で鳥インフルエンザが発生している。鳥インフルエンザは、鳥のインフルエンザで、野鳥がかかっても症状は軽いが、ニワトリなどがかかると重い症状になる。日本でも、2004年1月以降、ニワトリに鳥インフルエンザが発生し、大量のニワトリが死んだ。

その原因である鳥インフルエンザウイルスは、H5N1型というウイルスで、鳥から鳥へうつることで広がり、人へはうつらないと考えられてきた。しかし、1997年、香港でH5N1型が人にうつったことがわかっている。

インフルエンザウイルスは、生物の間をうつるうちに、性質が変化していく。H5N1型ウイルスも、鳥から鳥へ、鳥から人へうつるように変化し、人から人へ簡単にうつるように変化するおそれがある。実際、インドネシアなどの東南アジアでは、人から人へうつった例も報告されている。人から人へ簡単にうつるようになると、新型インフルエンザとして、世界中に広まるおそれが高い。すると、重い症状になる人や亡くなる人が多数出ることが予想されている。そこで、世界各国で、それを防ごうとして、対策を立てている。

新型インフルエンザが現れるまで
新型インフルエンザが現れるまで。新型インフルエンザになると、ヒトからヒトに、簡単にうつるようになる。
新型インフルエンザによる被害の予想
新型インフルエンザによる被害の予想(スペインかぜ程度の場合の死者)。
オーストラリア・ロウイー研究所推計(ロシア、オーストラリア、アフリカはデータなし)。

短時間で世界中に広がるおそれ

現在、飛行機などの交通機関の進歩により、世界中が、短時間で移動できるようになり、人や物の行き来もさかんになっている。H5N1型が人から人に簡単にうつるように変化したとき、短時間で世界中に広がり、日本でもたくさんの人がインフルエンザにかかると考えられている。新型インフルエンザウイルスを治すためのワクチンは、新型インフルエンザが発生してからしか作れないため、ワクチンができるまでに半年から1年はかかってしまう。日本の厚生労働省は、新型インフルエンザにより、日本の人口の4分の1にあたる3200万人がかかり、17万人から64万人の人が亡くなると推測している。

しっかりした予防が大切

新型インフルエンザを防ぐには、どのような対策をとればいいのだろう。大切なのは、新型インフルエンザにかからないよう、予防すること。通常、インフルエンザウイルスは、ウイルスを持っている人のせきやくしゃみなどが空気中に放出され、それがほかの人の体内にうつる。そこで、外から帰ったら、手あらいやうがいをするとよい。また、人が多く集まる場所へはできるだけ出かけないこと、また外出する場合は、マスクをすることも効果がある。さらに、ふだんからバランスのよい食事をとることや、すいみんを充分にとって体力をつけ、ウイルスに対する抵抗力をつけるよう心がけよう。

新型インフルエンザは、起きるか起きないかではなく、いつ起きるかが問題だとまで言われている。ふだんから健康に気をつけ、備えておきたいものだ。

PAGETOP