キッズ・ハンド・クラブ情報局 イベントレポート
「ナイフ1本で色々なモノを作ろう」親子教室

板橋区立エコポリスセンターにて8月25日、キッズ・ハンド・クラブのワークショップ「ナイフ1本で色々なモノを作ろう」がおこなわれたよ。夏休みということもあって、とてもたくさんの親子が参加してくれた。

ビクトリノックスのマルチツール「ティンカーfor KIDS」を使って、竹笛(たけぶえ)つくりにちょうせんしたんだ。

道具を使う前に接着剤(せっちゃくざい)を使って竹笛の鳥の頭を作ったよ。それから、マルチツールのナイフを使ってえんぴつを削(けず)ってみた。

削ったえんぴつで実際に字や絵をかいてみる人もいたね。みんな、楽しそうに作業していたよ。

いよいよ次は竹笛つくりに挑戦(ちょうせん)だ。まずはマルチツールのリーマーという穴(あな)をあける部分で竹に穴をあけていくよ。穴が大きくてきれいな方がよく音がでるんだって。

穴があいたら笛の部分をくわえて息をふいて音が出る場所をさがす。音がちゃんと出せたら接着剤(せっちゃくざい)でくっつけて、頭の部分もくっつけて竹笛が完成だ。

最後はみんなで完成した竹笛の吹き比べをしてみたよ。いろんな音が聴こえて楽しかったね。

このエコポリスセンターでのワークショップは3回目で、なんども参加してくれたお友だちもいたんだ。1回目と比べてとても上手になっていたよ。話をきいたみてら、おもしろくなっておうちでも練習したんだって。キッズ・ハンド・クラブの仲間が増(ふ)えたみたいでうれしいね。

みんなのイベント参加も待っているよ。