キッズネットニュース

Notice: Undefined index: PHPSESSID in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/functions/custom_command_api.php on line 31 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 11 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 13
Calendar
2017.04.21

水野君 まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

こんにちはー!
うっす、水野っす!!

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

まぜて楽しいおかし「ねるねるねるね」。
みなさんは、知ってますか~?

理科の実験みたいで、とってもおもしろいっすよね!
ひさしぶりにつくってみたから、紹介するっす。うっす。

今回は「ねるねるねるね ブドウ味」にちょうせん!

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

ふくろをオープンしたら、材料をかくにん。この他に必要なのは、水だけっす!

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

1ばんのこなを丸いトレーに入れる。

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

水を入れたら、スプーンでグルグルとかきまぜる。
白かったこなが、だんだん青く変化! ぶどうのイイにおいがしてきたっす♪

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

2ばんのこなを入れて、かきまぜる。

すると……

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

ムラサキっぽくなってきた!! まぜてるうちに、だんだんと重くなってきたような……

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

最終的には、こんなにキレイなピンク色になったっす!!! しかも、モコモコ!!

まぜると色が変わるフシギなおかし「ねるねるねるね」をつくってみた!

さいごに、右のトレーに3ばん(細かく砕いたアメ)を入れる。
カラフルでキレイっすね~♪

では、さっそく食べてみようと思うっす! うっす!

少しすっぱいような気がしますね……。
でも、甘いアメとの相性(あいしょう)はベストマッチっす!

「ねるねるねるね」には、体にわるい保存料(ほぞんりょう)とか、合成着色料(ごうせいちゃくしょくりょう)は使われていないから、安心して食べてくださいね。

それにしても、何で色がかわったのかな~。
ふしぎに思ったから調べてみたっす。

どうやら、この「ねるねるねるね ブドウ味」には、「アントシアニン」っていうムラサキキャベツの色の成分が入っているらしいっす。この「アントシアニン」は、もともと、むらさき色をしているんだけど、ふくらし粉などに入っている重そうなどをくわえてアルカリ性にすると青に、くだものにも含まれるクエン酸などをくわえて酸性にすると赤に、変わるっていう性質を持っているんだって。まぜると色がかわるのは、その性質を利用しているからなんだね!

そして、まぜるとフワフワになったのも、重そうと、クエン酸の反応によるもの。この2つの物質がまざると炭酸ガスが発生するんだけど、そこに、「卵白」や「増粘多糖類(ぞうねんたとうるい)」を合わせることで、よりクリーミーな泡になるらしい。

食べたとき、少しシュワシュワしたのはそのせいだったのか~。
みなさんも、このフシギを体験してみてくださいね! うっす!

ちなみに、もっと実験っぽくしてみたい! なんて思っちゃったらこれはどう?

ラーメンの生めんとムラサキキャベツ、酢(す)などを使って色が変わる冷やし中華の実験ができちゃうよ。
https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/670.html

それにそれに、「リケチェン! ラボ」の“さえこっち”と“ともちん”が教える「シュワシュワする入浴ざいのひみつ」でも、クエン酸と重そうを使ったかわいい実験ができるって。
https://kids.gakken.co.jp/rikechen/bathbomb/

気になったら見てみるといいっすよ。うっす。