キッズネットニュース

Notice: Undefined index: PHPSESSID in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/functions/custom_command_api.php on line 31 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 11 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 13
Calendar
2017.05.11

梅の香チェリー チェリーのお気に入り♪
スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

スヌーピーとアメリカのチャールズ M.シュルツ美術館 館長カレン・ジョンソンさん

みんな元気か? チェリーだ。

2016の4月にオープンしたスヌーピーミュージアム。このコーナーでもレポートしたけど、日本のみんなにかわいがられながら、もう1周年をむかえたんだ。

1周年をむかえて生まれかわった新しい展示(てんじ)『ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!』は、ピーナッツの主な登場人物たちの性格や、それぞれの関係を原画とともにしょうかいしている。どんな展示なのか、かわいいビッグスヌーピーといっしょに、ミュージアムの中にレッツゴー!

残念ながら、みんなが見学するときには、スヌーピーはもうまんがの世界の中に帰っちゃうのであえないぞ。

スヌーピーの友だち、ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!

スヌーピー以外で、ピーナッツの登場人物といって思い出すのはだれ? スヌーピーの飼い主・チャーリー・ブラウン、親友・ウッドストック、ルーシー、ライナス…。人それぞれ思い入れのあるキャラクターの名前が出てくるんじゃないか。この展示では、70ものキャラクターの中から特になじみ深いキャラクターをピックアップしている。

まず入る部屋は、ピアノをひくのが大好きなシュローダーの部屋。そのとなりがルーシーとライナス、リランきょうだいの部屋になっている。

それぞれの部屋にあるまどには意味があって、恋心を通すまどなんだって。
ルーシーが好きなのはシュローダー。だから、シュローダーがいる部屋とルーシーがいる部屋の間にはまどがあるんだ。

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

今回登場しているキャラクターの中で、カレンさんが大好きなのはルーシー。思ったことをはっきりというので、ガミガミ屋といわれているんだけど、リーダー的な人でもあるんだ。

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

その次がスヌーピーの飼い主チャーリー・ブラウンとサリーきょうだいの部屋で、チャーリー・ブラウン家のリビングルームになっている。学校の教室には、チャーリー・ブラウンのクラスメイトのペパーミント パティ、マーシー、フランクリンがいるよ。

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

犬小屋の形のアーチをくぐって、スヌーピーっぽい柱のまわりにあるのは、スヌーピーと近しいキャラクターの部屋。ウッドストックとスヌーピーの5人のきょうだい、ファーロンという短い期間しか登場しないネコがいる。

このファーロンは、作者のシュルツさんがあまりネコをうまくかけなかったことと、スヌーピーとの相性がよくなかったことが理由で少ししか登場していなんだ。

スヌーピーのきょうだいは、生まれて間もないころにみんなばらばらになった。スパイクはカリフォルニアのニードルズという砂漠(さばく)に住んでいる。

そして、作者のシュルツさんが一番好きなアンディ。女の子のベル。ビー玉という意味の名前のマーブルスは、ぽつぽつがからだについているよ。そして、カレンさんがとても気に入っているのは、丸いふくよかなオラフ。

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

キャラクターと遊べる「インタラクティブ・シアター」

シュローターが大好きなベートーベンの第九を、みんなで演奏(えんそう)するアニメーションがみられる「インタラクティブ・シアター」。座席(ざせき)にすわるとアニメーションの中のキャラクターが反応するんだ。17のキャラクターがいて、座席にすわるタイミングや人数で毎回アニメーションが変わるんだって。

立ったり、すわったりして楽しんでみよう♪

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

スヌーピーがいるのは入り口。右おくに見えるのがアニメーションだ

通訳(つうやく)の仕事とピーナッツ!

館長のカレンさんは英語を話すので、それを日本語に訳す通訳・横田佳世子(よこたかよこ)さんがカレンさんの横にいた。スヌーピーミュージアムのオープンのときにも通訳をしていたんだけれど、なめらかなバターを思わせるきれいな声で、カレンさんの発言をていねいに訳してくれるんだ。

「外国に住んでいた子どものころから、スヌーピーはあって当たり前のもの。おとな向けの新聞で毎日読み続けたのがまんがで、ピーナッツだった」んだって。

アメリカで生まれたピーナッツは、もちろん原画は英語。日本のミュージアムでは日本語に訳されてもいるけれど、もしかしてスヌーピーで英語を勉強するって楽しそうじゃない? と思って聞いたら、
「けっこうむずかしくて、哲学的(てつがくてき)なことを言っているし、文学的」なんだそう。
「でも、スヌーピーが本当はどんなこと言っているんだろうって思ったら英語でわかった方が絶対(ぜったい)楽しい」って言っていたよ。

「日本語のまんがを外国の人に伝えられるように勉強をするのもいいかも」って。

そして、英語の勉強についてのポイントも教えてくれたよ。
「言葉の意味は、使われ方によって変わることがあります。新しい言葉と出あったら、辞書でその例文を調べ、覚えることではじめて意味が分かってきます。そうすると、少しずつ似(に)た言葉の使い分け方も見えてきます。そう考えると、文章の意味を解(と)きほぐす手がかりになる文法は、とても大事」だそうだよ。

そして、そして、たとえば、このかべにかいてあった「CLOMP」。擬音(ぎおん)で「ぽこん」っていうような意味だそうで、こういう擬音ひとつとっても、どう訳すかはとてもむずかしい。

通訳のコツは、
「この人が日本語を話したら、どう話すかなと想像(そうぞう)すること。」
「英語と日本語は言葉として全くちがうし、考え方も全くちがうから、ぴったり同じに訳すことはできない、と一度あきらめること。」
だそうだ。

「小学校・中学校での勉強はいつか必ず役に立つから、英語だけじゃなく、日々の勉強を、どうぞがんばって。」とメッセージをもらったよ。

ブランケット メガネふき

展示には、ライナスの安心毛布(あんしんもうふ・security Blanket)が登場する「安心毛布よ永遠(えいえん)に」っていう原画がある。この安心と訳されている「security」っていろんな意味があって「安全保障」なんてむずかしいのもある。それを「安心」と訳しているわけだから、ぴったりの日本語にするのはたいへんだってことが想像できる。ちなみにこのまんがは、グッズにもなっているから、ショップでも展示の続きが楽しめるよ。

スヌーピーミュージアムといえば、かわいいグッズたちがあるショップが楽しみ。あいかわらず、どれもとってもかわいくて、どれを家につれて帰るかえんえんと考えこんじゃうようなところ。新しいグッズたちもあったよ。

スヌーピーミュージアム1周年! スヌーピーがやってきた!

人気の商品たち。売り切れの場合があるよ。

ピーナッツといえば、スヌーピーと思っちゃうけれど、スヌーピーはピーナッツ・ギャングがすんでいるまちに暮(く)らして、その仲間との関係が物語になっている。

そのみんなを見わたすと、これ自分のことじゃない!? って思うことがあるんだよね。そういうふうに自分の気持ちと照らし合わせながら全体を楽しむのがピーナッツ。英語の勉強にもなるスヌーピーミュージアムへ、ぜひ行ってみ!

「スヌーピーミュージアム」Webサイト
www.snoopymuseum.tokyo
チケットの買い方とか、見てみて。

©Peanuts Worldwide LLC

トイレへ向かうかべや、トイレのかべもかわいい♪