キッズネットニュース

Notice: Undefined index: PHPSESSID in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/functions/custom_command_api.php on line 31 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 11 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 13
Calendar
2018.08.15

キズネコ キズネコとつげきインタビュー
「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

フニャー!! 元気ー? ぼく、キズネコ~!

自由研究、進んでいるかな。サッサカ進んでいる人も、そうでない人にもステキなお知らせ~♪

なんとこのたび、みんなのために、有人潜水調査船(ゆうじんせんすいちょうさせん)「しんかい6500」のパイロット、大西琢磨(おおにしたくま)さんにインタビューしてきたよ~。

ニャに? 「しんかい6500」を知らない?

では説明するよ。「しんかい6500」は、海洋研究開発機構(かいようけんきゅうかいはつきこう)という海の研究所の調査船(ちょうさせん)。人をのせて深さ6500mまでもぐれるんだ。富士山の高さが3776mだから、えーーっと(計算機使っちゃえ!……)、1.7倍だ、オッホン。人を乗せて、同じくらい深くもぐれる調査船で現在(げんざい)でもかつやくしているのは世界で2せきしかないんだって!

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

深い海へもぐっていく「しんかい6500」 写真提供:海洋研究開発機構

深い海へもぐっていくと、だんだん太陽の光がとどかなくなって、そのうち真っ暗になる。そういうところにすんでいる生き物は、魚でもタコでもクラゲでも、光るものが多いんだって~。

しかも、深海はただ暗いだけじゃない。

海底にはいろんな世界が広がっている。たとえば、熱水がふき出していているところでは、地上とはまったくちがう生き物たちのくらしがあって、貝とかエビの仲間が何万匹(なんまんびき)も集まっていたり、大昔の溶岩(ようがん)が川みたいになって固まっているところがあったり……。

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

熱水の近くにすむ生き物たち。全体的にむらがっているのは白っぽいエビ。海底には貝やイソギンチャクもたくさん集まっている。  写真提供:海洋研究開発機構

深海を調べることで、地球のなりたちや進化のなぞ、地震(じしん)が起きるしくみをとき明かしたり、新しい資源(しげん)を見つけたりできると期待されているんだって~!

それじゃ、そんな深海に80回以上ももぐって調査してきた大西パイロットにとつげきインタビュー!

キズネコ — 自由研究の思い出、ありますか?

大西さん — 子どものころは、夏休みの自由研究がすごくたのしみでした。ふしぎだな、どうなっているんだろう……と思ったことをテーマに、観察(かんさつ)したり、調べたりしていくうちに、今まで知らなかったことを発見できて、わくわくしたよ

キズネコ — どんな自由研究をしましたか。

大西さん — 小学1年生のときは、セミの研究をしました。幼虫(ようちゅう)をつかまえてきて、家でひとばん中観察したんだ。羽化(うか)したときは本当に感動したなあ。なかにはきれいに羽がのびない幼虫もいて、「がんばれーっ」と応えんしながら見守ったのをおぼえているよ。

2年生のときは、ウナギが食べられるようになるまでを調べました。ウナギを育てている場所やさばくところを見学したり、店でやいて売っているところもたずねて写真をとったりしてまとめました。

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

キズネコ — へぇ~写真がいっぱいだし、楽しそ~。

大西さん — 3年生のときは、カイコをテーマにしました。幼虫がまゆをつくり、羽化してたまごを生み、死んでしまうまでをまとめたよ。今日久しぶりに自分の自由研究を見たら、「せっかく羽があるのに人間が品種改良(ひんしゅかいりょう)したから飛べなくなってかわいそう」と書いてあって、胸(むね)がジーンとしました。

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

キズネコ — さすが、深海でかつやくする大西パイロット。自由研究もしっかり取り組んでいるな~。では最後に、みんなにメッセージをお願いします!

大西さん — ぼくは生き物が好きだから、生き物をテーマに選んだけれど、植物が好きなら木や花を観察してみたらいいと思います。じっくり観察すると、「昨日までこうだったのに今日はなんかちがう」という変化に気づくはず。それこそが発見であり、研究になるんだよ。

キズネコ — でも、町の中にはあんまり生き物がいないよ。植物だってそんなに生えてないし…。

大西さん — 観察するのは、家にある花でもれいぞうこの野菜でもいいんだよ。まどから見た空の雲でもいいんだ。発見の種は世界に無限(むげん)にねむっている。よく観察して変化やちがいに気づいたら、きっと自分だけのすてきな発見があるし、感動につながります。せっかくの自由研究、たのしんで取り組んでほしいな。

キズネコ — はいっ、がんばります! 大西パイロット、ありがとうございました!

「しんかい6500」の大西パイロットに、どんな自由研究をしたか聞いてみた!

深海潜水調査船支援母船(しんかいせんすいちょうさせんしえんぼせん)「よこすか」。「しんかい6500」を搭載(とうさい)して調査航海(ちょうさこうかい)する船。

 

もっと知りたい人へ

キッズネットサーチで調べてみよう。たとえば、「さがしたいことばをいれよう」というところに、「深海」と入れてみると、いろいろな言葉がでてくるよ。

キッズネットサーチへGO!(キッズネットサーチへ移動するよ)

ジャムステックキッズは、このニュースに登場した海の研究所(海洋研究開発機構)の子ども向けサイト。海と地球のふしぎについて学べるよ。

ジャムステックキッズへGO!(研究所のサイトへ移動するよ)