キッズネットニュース

Notice: Undefined index: PHPSESSID in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/functions/custom_command_api.php on line 31 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 11 Notice: Trying to get property of non-object in /home/gk_kidsnet/www/news/kn-content/themes/kidsnet-news/single.php on line 13
Calendar
2018.09.28

ようこ なこ&ようこのキラキラ大作戦
楽しく英語を勉強したい! そんな人に聞いてほしい洋楽

楽しく英語を勉強したい! そんな人に聞いてほしい洋楽

やあ、みんな。ひさしぶり!

キズネコファミリーのようこだよ。

今回はみんなにとっておきの英語の勉強方法を教えるね!

英語を覚えるには、洋楽が一番!

どれだけ単語や文法を覚えても、実際(じっさい)にネイティブ(ネイティブスピーカー。生まれた国の言葉を話す人のこと)の人と話すと聞きとれないことってたくさんあるんだ。

なぜなら、英語は単語同士がくっついたり、省略(しょうりゃく)されたりすることがあるからね。

実際に外国の人と話してみるとわかるけど、かれらの話す英語は、学校で習うよりもうんと速い。

音楽なら、楽しみながらネイティブの発音になじむことができるよ!

では、さっそく、わたしのおすすめの洋楽をレベル別に紹介(しょうかい)していくよ。

Let‘s Go(レッツ ゴー)!

Level★☆☆☆☆ マザーグース

これは一つの歌ではなくて、子ども向けに書かれた詩集なんだ。

みんなも、「きらきら星」や「ロンドン橋」は聞いたことがあるんじゃない?

短くて 単語のレベルもそんなにむずかしくないから、英語初心者さんにおすすめ

★YouTube(ユーチューブ)で聞ける

Level★★☆☆☆ SING(シング)

人気兄妹デュオ、CARPENTERS(カーペンターズ)。

妹のカレンの美しい歌声は一世(いっせい)をふうびしたよ。

比較的(ひかくてき)歌詞(かし)が聞き取りやすくて、短い歌が多いので、「SING」以外の曲もおすすめ

毎日一曲聞けば耳が英語になれてくるよ。

カーペンターズ「青春の輝き ~ ベスト・オブ・カーペンターズ」(ユニバーサル ミュージック)

Level★★★☆☆ Make It Shine(メイク イット シャイン)

NHKで放送されていた大人気ドラマ、「ビクトリアス」。わたしも大好きだったよ。

その主題歌。ポップでなじみやすく、短いフレーズが続くので歌いやすいよ!

 

Level★★★★☆ HONESTY(オネスティ)

歌えるようになったら、歌詞の意味も理解(りかい)したいよね

英語には、日本語に直訳(ちょくやく)しにくい言葉もあるよ。

ビリー・ジョエルの「HONESTY」もその一つ。

誠実(せいじつ)とか、真面目っていう意味に近いかな。

最初の部分は

「もしきみがさがしているのがやさしさなら

見つけるのは難しくない

生きていくのに必要な愛だって手に入れられる

でも、誠実をさがしているのなら

目をとじたほうがマシ

あたえるのは難しいから」

と世の中の不誠実(ふせいじつ)さをなげいているよ。

そしてサビでは

「誠実ってなんてさびしい言葉なんだろう

みんなウソつきで

誠実なんてめったに聞かないけれど

それこそがきみからほしいものなんだ」

と、相手に誠実でいてほしいと願っているんだ。

ビリー・ジョエル「ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

Level★★★★★ Do they know it’s Christmas?(ドゥ ゼイ ノウ イッツ クリスマス?)

おうちの人や先生のなかに、今40代の人はいるかな?

その人たちがみんなぐらいのときに作られた曲で、とってもヒットしたんだって。

1984年、アフリカのエチオピアで、大規模(だいきぼ)な飢餓(きが)が起こったんだ。

そこで、イギリスやアイルランドのスーパースターたちが集まり、寄付金(きふきん)を集めるために結成(けっせい)されたのが、「バンド・エイド」

「バンド・エイド30」は、1984年から30年後の2014年に、そのときのイギリスを代表するアーティストが集まって、作られたものなんだ。

そんな背景(はいけい)も知りながら聞いてみてね。

アーティストによっては、くせがあって聞きづらいところもあるかもしれないけど、チャレンジしてみて!

バンド・エイド30「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?(2014)」(ユニバーサル ミュージック)

自分のペースで

音楽はまずは全部聞きとろうとしなくていい。

自分がどれだけ聞きとれるかをわかるのが大事なんだ。

分からなかったところは歌詞カードを見たり、インターネットで歌詞を調べてみてね!