シリーズ 専門家にきく!

ネット依存にNO! 子どもとネットのかっこいいつきあい方 ネット依存アドバイザー 遠藤 美季さんインタビュー 第1回(全6回)

遠藤さんが主宰するエンジェルズアイズには、ネットがやめられないという本人や家族からの相談がメールで寄せられます。相談内容から見えてくる問題はなんでしょうか。ネット依存の危険性について、また上手なネットとのつきあい方について、お話をうかがいます。

インタビュアー 梅本真由美(サイエンスライター)

遠藤美季(えんどうみき)
任意団体エンジェルズアイズ主宰、情報教育アドバイザー・ネット依存アドバイザー。保護者・学校関係者に対し子どものネット依存の問題の啓発活動を展開するため、2002年にエンジェルズアイズを設立。学校講演、Web上での普及啓発活動、メールによる相談活動などをおこなっている。著書に『子どものネット依存 小学生からの予防と対策』(かもがわ出版)、『ネット依存から子どもを救え』(墨岡孝氏との共著、光文社)など。

第1回 ネットトラブルの悲鳴 エンジェルズアイズに寄せられる相談

――はじめに、遠藤さんがエンジェルズアイズでおこなっている活動について教えてください。


エンジェルズアイズでは小中学生からおとなまでを対象に、ネットを上手に使いこなしていくための啓発活動をおこなっています。

ネット依存について知り、ネットの健康的な使い方を考え、今後トラブルに巻き込まれないための予防方法と望ましい生活習慣について、講演会や講座、出張授業でお話しています。

過去には小・中学校での「子どもインターネット教室」を開催し、現在は教育委員会や保護者から勉強会開催の依頼を受けたり、アンケートや聞き取りで子どものネット利用を調べたり、ネットユーザーとの座談会などをしています

最近ではネット依存について理解し、その予防方法や初期段階での対処法などをアドバイスするスキルを身につける「ネット依存アドバイザー」の養成もおこなっています。

Web上でもネット依存予防のための情報を発信していますので、ネット依存に関するさまざまな相談がメールで寄せられます。それらにアドバイスをして対応するのも大事な活動です。

――多岐にわたる活動をされているのですね。これまでにどのような相談が寄せられていますか。


遠藤さんの著作

子ども本人からは、オンラインゲームがやめられない、ネットをやめると不安がおそってくる、ネットが気になって集中力が落ち成績がさがってしまった、夜おそくまでSNSをやって朝起きられない、といった「やめたいけれどやめられない」という相談が寄せられます。本人に自覚があってやめたいけれども、ついスマホを手にとってしまう、どうしたらいいでしょうと。

深刻なケースでは、小学校3年生からネットをやっていて、6年生になったいま自分が生きている意味がわからない。カッターをもって学校へいっている、という子ども本人からメールで相談を受けたこともあります。

保護者からは「やめさせたいけれど、どうしたらいいですか」という相談が多いです。子どもがゲームばかりしていてやめさせたいけれど、注意するとムキになって子どもがキレてしまう、とか、子どもが一日中スマホで動画やSNSをやっているけれど大丈夫なのでしょうか、というようなものです。

――子ども以外からの相談もあるのでしょうか。

おとな自身の問題についての相談もあります。夫がネットゲームとゲーム上の彼女に夢中で家族をかえりみなくなってしまったというような深刻なものもありました。

また、最近増えてきたと感じるのが保護者自身のネット依存です。中学生、高校生から「母親がSNSにはまって家事をしなくなってしまった、うちの親をなんとかして欲しい」という相談を受けることもあって、相談の内容は本当にいろいろですね。

――子どもが親の相談を、というのはおどろきました。深刻なケースもあって心配です。これらの相談内容をもとに次回は「ネット依存」について掘りさげてお話をうかがいたいと思います。

第1回 ネットトラブルの悲鳴 エンジェルズアイズに寄せられる相談
第2回 ネット依存、その実態とは
第3回 アダルトサイト依存から子どもを守るには
第4回 依存するには理由がある
第5回 本気で脱ネット依存! 子ども・保護者それぞれができること ~保護者編
第6回 本気で脱ネット依存! 子ども・保護者それぞれができること ~子ども編~

梅本真由美(うめもとまゆみ)
サイエンスライター。
長野県出身。NTT勤務を経てNTT系列の広告代理店で編集・マーケティング・企業向けWebページの企画制作などを担当。結婚後は専業主婦となる。2002年、 「天文台マダム日記」の公開がきっかけでライターに転身、朝日新聞・天文雑誌などに執筆多数。現在、月刊星ナビにて「天文台マダムがゆく」、国立天文台の公式サイトにて「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。