今すぐ知りたい! 親子のためのスマホ&タブレット安全ブック

第17回 【LINEのセキュリティ編】

不正使用やなりすましなどのトラブルを防ぐために、自分と子どもの端末で設定しておきたいセキュリティを紹介します。


LINEの起動画面、プライバシー管理画面、友だち画面

セキュリティのために 設定しておきたいこと

1.知らない人からの連絡を防ぐ

(1)ID検索をオフにする

他人が自分のIDを検索してメッセージを送ることを防ぎます。ただし、18歳未満のユーザーは検索できないように制限されています。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「プライバシー管理」→ 「IDで友だち追加を許可」をオン → 「メッセージ受信拒否」をオン

※LINEでは、青少年保護の目的でIDの登録とID検索を利用する際に「年齢認証」が必要です。18歳未満の未成年として各キャリアに登録すればID検索が禁止されます。
http://official-blog.line.me/ja/archives/21331557.html

 

(2)友だち自動追加をオフにする

自分の電話帳に登録してある電話番号やメールアドレスへの自動アクセスは、たくさんの人とつながりたい場合を除いてオフにしておいた方が安心です。子どもが使う場合は、必ずオフにしましょう。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「友だち」→ 「友だち追加」と「友だちへの追加を許可」をオフ

2.不正使用やなりすましを防ぐ

(1)他端末からのログイン許可をオフにする

ログインをオフにすることで、自分や子どものアカウントに他の端末から不正にログインするのを防ぐことができます。LINEはスマホでしか使わないという場合におすすめです。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「アカウント」→ 「ログイン許可」をオフ

 

(2)パスワードを安全なものに変更する

パソコンなどの他の端末からもLINEを使いたい場合は、「ログイン許可」をオンにした状態で自分だけに分かるパスワードへ変更しましょう。

また、安全のために定期的にパスワードを変更することをおすすめします。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「アカウント」→ 「メールアドレス変更」→「パスワード変更」で変更

※他の端末から自分や子どものアカウントへログインがあるかどうかは、設定の中にある「アカウント」画面の「ログイン中の端末」で確認することができます。

3.LINEにロックをかける

端末を紛失したときなどに勝手に操作されてLINEの内容を見られるのを防ぐために、LINEにパスコードをかけてロックしましょう。LINEを起動するたびにパスコードの入力が求められるので安心です。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「プライバシー管理」→ 「パスコードロック」をタップ
  3. 「パスコードロック」をオンにする
  4. 「パスコード入力」画面で4けたの数字を入力

※パスコードは起動時に必ず必要となるので忘れないようにしてください。
※子どもに知られてしまうとパスコードを変更できてしまうので、必ず保護者が管理してください。

4.LINEの安心安全な使い方を知る

子どもにLINEを使わせるときに、ぜひ読んでほしいのが「安心安全ガイド」。学生向けと保護者向けの使い方や設定などの基礎知識、会社としての安全への取り組みが紹介されています。

  1. 「その他」画面の「歯車」マークをタップ
  2. 「設定」画面の「LINEについて」→ 「安心安全ガイド」をタップ

 

LINEでコミュニケーションを楽しむためには、安心安全な使い方を知り、つながりたい友だちを慎重に決めることが大切。それは、大人の世界も子どもの世界もいっしょです。保護者とお子さんでLINEの使い方を通して、まわりの人とのコミュニケーションの取り方を考えてみるのもよいでしょう。

川筋真貴
川筋真貴(かわすじまき)
中学校の国語教員を経てライターに転職。女性向けの媒体での執筆が多く、IT関係からファッション・ペット・インテリアまで、女性のライフスタイルに役立つ記事の作成を得意としている。趣味は長年続けている茶道と御朱印集め。東京都在住。