データで読み解く、子どもとスマホ

第60回 保護者が感じる携帯・スマホの悪影響

第60回 保護者が感じる携帯・スマホの悪影響

悪影響を感じる保護者、東京都で5割超

前回に引き続き、東京都の「家庭等における青少年の携帯電話・スマートフォン等の利用等に関する調査」(平成29年度)※1 から、気になるデータを読み解いていきます。

この調査では、子どもが携帯・スマホを持ったことによる悪影響やトラブルについて、保護者に聞いています。

「お子さんに携帯電話・スマートフォンを持たせたことにより、どのような悪影響がありましたか。(いくつでも)」という設問に対して、「悪影響は特にない」という回答は48.8%にとどまり、2人に1人以上の保護者が携帯・スマホの悪影響を感じていることがわかりました。

<<悪影響の有無・内容>>

お子さんに携帯電話・スマートフォンを持たせたことにより、どのような悪影響がありましたか。(いくつでも)


東京都 「家庭等における青少年の携帯電話・スマートフォン等の利用等に関する調査」 (平成29年度)」より

何らかの悪影響があったとした回答の合計は51.2%です。
悪影響のうち、上位3つは次の回答項目です。

  • 睡眠不足になった 19.9%
  • 視力が落ちた 18.7%
  • 勉強に集中できなくなったり、記憶力が下がったりした 15.3%

以下、次の回答が続きます。

  • 家族や友達と過ごす時間が減った(手伝いをしない、外で遊ばない等) 12.7%
  • 猫背になったり、巻き肩になるなど、姿勢が悪くなった 12.3%
  • 成績が下がった 10.7%
  • 肩こりや頭痛、めまい等の不調を訴えるようになった 4.1%

健康に関する悪影響を感じている保護者が多いことがわかります。

睡眠不足でイライラ

睡眠不足、視力低下、悪い姿勢、体の不調……どの項目をとりあげても、心身の成長期にある子どもたちにとっては大問題です。

とくに睡眠不足は心身の成長の大敵。携帯・スマホの時間が生活時間を侵食し、睡眠時間を削って帳尻を合わせるような生活は、子どもの心身の成長に取り返しのつかない影を落としかねません。

小学生と中学生では、就寝時刻が遅いほど、イライラすることが「よくある」 「ときどきある」の割合が高いという調査結果もあります。※2

子どもが携帯・スマホに夢中で、睡眠時間を削ってまでいじり、イライラしてキレてしまう……「しかたなく」(前回記事参照)持たせたスマホでそんなことになってしまったら大変です。

削るべきは睡眠ではなく、携帯・スマホの時間だということを、きちんと子どもに伝えていかなくてはなりませんね。

視力と姿勢にも要注意

視力低下も、学齢期の子どもをもつ保護者にはおおいに気になるところです。

最近では、目から近い距離でスマホを見続けることで目の機能が低下する「スマホ老眼」などという言葉もあるくらいです。

近視の度合いによっては、つけない職業も存在します(パイロットや警察官など)。いまのスマホの使いすぎが、将来子どもの可能性をせばめてしまっては悔いが残ります。

姿勢についても、携帯・スマホの使いすぎによる姿勢の悪化で、「背筋をのばしてね」という小さいころからの家庭での習慣づけが、だいなしになりかねません。

回答に出てきた巻き肩とは、肩が前方に出て内側に丸まった姿勢のこと。スマホを見るとき、前かがみの姿勢でうつむいているとなりやすいとされています。猫背や巻き肩は、肩こりや頭痛、肺活量の減少の原因になるとの指摘もあります。

家庭全体で適正な使い方を

もちろん、目をリラックスさせるストレッチ、猫背や巻き肩のコリをほぐす体操などもありますが、成長期の子どもには、寝不足解消のためにも、使う時間をコントロールしていくほうが先決でしょう。

また、携帯・スマホありきではなく、機器の選択も考えてみてください。画面が狭く手元で見るしかないスマホではなく、画面が大きく距離をとってみる必要があるパソコンモニタのほうが、視力やいい姿勢の維持に良いとされています。

また、保護者のみなさんも、一度自分が携帯・スマホを使っている姿勢を確認してみてください。家族のだれかに写真やムービーをとってもらえば一目瞭然です。自分の姿勢の意外な悪さにびっくりするかもしれません。

携帯・スマホを適正に使う方法について、家庭で習慣づけていけるようにしたいものです。

※1 東京都 「家庭等における青少年の携帯電話・スマートフォン等の利用等に関する調査」 (平成29年度)

※2 睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果(概要)平成26年 文部科学省

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)
株式会社コドモット代表取締役社長。
NTT在籍時代の2001年、子ども向けポータルサイト「キッズgoo」を立ち上げ、同サイトでデジタルコンテンツグランプリ・エデュテイメント賞受賞。独立後は小学生向けのコンテンツを中心に、企業の子ども向けWebサイトや公共団体の子ども向けツールなどの企画制作を数多く手がける。一男一女の母。