ネット動画とのつきあいかた

第5回 将来はユーチューバーになりたい

小学生の将来なりたい職業として最近おなじみのユーチューバー。大人はどう受けとめれば良いのでしょうか。


人気職業としてのユーチューバー

小学生がよく見るネット動画に、「ユーチューバーの番組」があります。

ユーチューバーとは、自らYouTubeに公開した動画の再生回数に応じて支払われる広告収入のみで暮らしている人のことをさします。

ヒカキンやはじめしゃちょーといった有名ユーチューバーの年収は1億円を超えるとされます。ふだんから彼らの動画を楽しむ子どもたちが、憧れをもつのはごく自然なことでしょう。

ユーチューバーの番組の多くは、「商品の紹介」や「ゲーム実況」「やってみた(歌う、踊る、食べる、作る、出かけるなど)」です。手作り感あふれる内容が多いのですが、いかにおもしろく、視聴者に飽きられず、再生回数を増やし続けるのか、企画はもちろん、字幕や編集にさまざまな創意工夫をこらした動画が日々つくり出されています。

「子どもユーチューバー」も人気です。未就学から小学校低学年の子どもが新作のおもちゃを紹介したり、アミューズメント施設を訪問したりする内容で、同世代の子どもたちには宣伝効果が絶大です。出演しているのは子どもですが、保護者が企画・撮影・編集から対外折衝まで一手に引き受けているようです。

実在の人物ではなくCGキャラクターと声優の組み合わせによる「バーチャルユーチューバー」も同様ですが、ユーチューバーの世界も、個人のアイデア、タレント性や編集能力に頼るのではなく、企画やプロデュースなど組織力での勝負になりつつあると言えるでしょう。

ユーチューバーは子どもの良いお手本か

わたしたち保護者にとって、子どもが将来の職業としてユーチューバーに憧れても、素直に応援しようという気持ちになるのは難しいところがあります。

収入のしくみがよくわからないうえ、安定した職業にはみえないからです。

実際、ユーチューバーが、CMのように「好きなことで、生きていく」のは、やさしいことではないのです。広告収入の分配割合はサイトの運営元に一方的に決められ、いつ広告単価を切り下げられるかわかりません。英語圏と比べると、日本語を解する視聴者の数が圧倒的に少ないのも再生回数のうえでは不利だと考えられます。

一方、短い時間で他者になにかを伝えるという点で、人気ユーチューバーに学べることは少なくありません。

北米の幼稚園・小学校などで行なわれているShow & Tellという授業について聞いたことはありますか? 自宅にある好きなおもちゃなどを教室に持ち込み、クラスメイトに「なぜ、どう好きなのか」などを説明し、質問に答えるという、プレゼンテーションの基礎訓練のようなものです。ユーチューバー動画は、その究極の形だと見ることもできます。

家庭ではどう対応したらよいか

ユーチューバーの番組を子どもといっしょにじっくり見たことがあるという保護者は少ないでしょう。最初からつまらないものと決めつけず、まずは子どもが好きなものをいっしょに楽しんでみてはいかがでしょうか。「好きな動画を2つ見たら終わりにしよう」などの約束をして、そのとおりに終わらせられたら、たくさんほめてあげましょう。

またユーチューバーの動画の表現や工夫のどこがスゴイのか、どういうしくみで収入を得ているのかについて、お子さんと話をする機会をもつのもいいでしょう。ユーチューバーとして大成功したければ、日本語だけでなく英語も使えると有利だと伝えると、英語の学習のはげみになるかもしれません。


Photo by Duangphorn Wiriya on Unsplash

漫然とユーチューバーの番組を見ているだけでは、得られることは少ないので、家庭内でのShow & Tell実践として、スマホやタブレットを使い、ユーチューバー風の動画を自分たちで作ってみるのも楽しいでしょう。

収録だけでなく編集もスマホの無料アプリでかなりのことができます。「子どもユーチューバー」のように再生回数を増やすことが目的ではないので、子どもの自由なアイデアを親が撮影などで支えてあげましょう。

でき上がった作品は、YouTubeにアップする必要はなく、家族で楽しんだり、祖父母に送ったりするのが良いですね。

次回は、ネット動画とのつきあいかたで最大の悩み、長時間利用との向き合いかたについて考えます。

ピットクルー高橋氏近影
高橋大洋(たかはしたいよう)
株式会社ミヤノモリ・ラボラトリー 代表取締役。2008年より、「子どもとインターネット」領域での保護者や学校支援に取り組んでいる。「ネットとのつきあい方をオトナにもわかりやすく」をモットーに研修講師、教材開発、執筆、自治体の会議委員など幅広く活動中。子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)事務局。ピットクルー株式会社インターネット利用者行動研究室 室長。一般社団法人セーファーインターネット協会 主席研究員。2児の父。