ネット動画とのつきあいかた

第7回 YouTube Kidsってなんだろう

人気のネット動画サービスYouTube。大人向けの動画も出てくるので、安心できないと考える保護者も少なくありません。今回は、そうした保護者のために用意された、子ども専用のYouTubeアプリをご紹介します。

第7回 YouTube Kidsってなんだろう

YouTubeの利用は13歳から

あまり知られていないことですが、YouTubeの利用規約では、13歳未満の子どもの利用は認められていません。児童のプライバシーを守るための米国法への対応が理由で、実は多くのSNSでも同様のルールです。

ところが現実には、多くの小学生がYouTubeで動画を楽しんでいます。運営会社もこの矛盾を放置し続けるわけにはいかず、子ども向けのYouTubeアプリ「YouTube Kids」が開発され、米国では一足早く2015年に提供開始となりました。日本でも2017年に、ポケットモンスターやプリキュアなど、人気の動画を多数そろえた日本向けアプリが公開されました。

さまざまな配慮がされた子ども専用YouTubeアプリ

YouTube Kidsを利用するためには、まずタブレットやスマホに専用アプリを追加する必要があります。アプリは無料です。現時点では、ブラウザでの利用はできませんので、パソコンからは見られません。

子どもの視聴が前提となっているアプリなので、YouTube Kidsで見られる動画は、アニメや特撮、ドラマ、スポーツ、バラエティなど、子どもに見せても問題ないと思われるテーマやコンテンツが中心です。一部のユーチューバーの番組や学習コンテンツなども視聴可能です。アプリで視聴できる動画は、利用する子どもの年齢設定に合わせてプログラムが自動的に選択します。

このほかにも、保護者が期待するようなさまざまな機能が備わっています。

たとえば、保護者が目を離したスキに子どもが自分で勝手に動画を探さないように、アプリ内での動画検索機能は、オフにすることが可能です。

また、使いすぎを防ぐために、「視聴タイマー」も備わっています。最大60分までの間で、動画視聴の上限時間を保護者がその都度指定します。決めた時間になると、動画が見られなくなるため、「約束した時間になってもやめられない」という、よくある悩みを解決してくれそうです。

もちろん、こうした制限に関わる機能や設定は、保護者が決めたパスコード(暗証番号)でロックしておけば、子どもだけでは変更できません。これら制限機能の利用には、保護者のGoogleアカウントが必要になります。




YouTube Kidsの操作画面

与えっぱなしは禁物

このように、保護者にとっては、至れり尽くせりのYouTube Kidsアプリ。子どもが自分ひとりでも操作できるように、アプリの操作方法が通常のYouTubeと比べて簡略化されていることもあり、つい、タブレットやスマホごと、子どもに渡してしまいたくなるところですが、手放しで喜んでばかりはいられません。

たとえばまだキーボード入力ができない子どもでも、音声検索機能を使えば、好みの動画を簡単に見つけることができてしまいます。また、YouTube Kidsで視聴できる動画は、プログラムによって自動的に選定されたものです。人の目で中身を全て確認しているわけではないため、子どもには不適切な動画が表示されてしまう可能性も残っているのです。

さらに、動画を1本見終わったあと、それに関連する「おすすめ動画」が表示される点は、大人向けのYouTubeと同様です。利用する時間をまだ自制できない子どもの場合、視聴タイマー機能の助けを借りないと、好みの動画を次々と、長時間見続けてしまうことになりかねません。

つまり、YouTube Kidsアプリを使うにしても、一般のYouTube同様、子どもが利用しているようすから、保護者が目を離すことはできないのです。

とはいえ、子どもにはふさわしくない動画が表示されないか、ヒヤヒヤしながら使わせるという、保護者の精神的な負担が大幅に下がるのは大きなメリット。このアプリでできること、できないことをよく確かめるためにも、まずは保護者のみなさんが、一度YouTube Kidsを試してみてください

次回は、注意が必要な不適切なネット動画の流通についてご紹介します。

【YouTube Kids (Google, Inc.)のダウンロード先】

App Store(iPhone、iPad)

Google Play (Android)

ピットクルー高橋氏近影
高橋大洋(たかはしたいよう)
株式会社ミヤノモリ・ラボラトリー 代表取締役。2008年より、「子どもとインターネット」領域での保護者や学校支援に取り組んでいる。「ネットとのつきあい方をオトナにもわかりやすく」をモットーに研修講師、教材開発、執筆、自治体の会議委員など幅広く活動中。子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)事務局。ピットクルー株式会社インターネット利用者行動研究室 室長。一般社団法人セーファーインターネット協会 主席研究員。2児の父。