【高校生対象】「センセイプレイスのネット自習室」累計利用者が6000人突破! 利用者98%が継続希望

教育変革をミッションに掲げ、”独学にコーチがつく。勉強法が劇的に変わる。”をコンセプトに大学受験のオンライン個別指導塾を展開するセンセイプレイス株式会社は、休校による学生の生活・学習リズム改善の支援策として2020年3月から5月にかけて「センセイプレイスのネット自習室」を実施しており、累計の利用者が6000人を突破したことを発表しました。


休校期間終了後の継続希望が98%

センセイプレイスでは、休校延長による学生の生活・学習リズム改善の支援策として3月から5月にかけて「センセイプレイスのネット自習室」を実施しており、累計の利用者が6000人を突破しました。39県で緊急事態宣言が解除され、地域により通学再開の見通しが立ってきています。「センセイプレイスのネット自習室」では、5月末までの実施を決定しておりますが、緊急事態宣言の解除に合わせて、休校終了後のネット自習室の継続希望について利用者146名にアンケートを実施したところ、約98%が継続してほしいと回答しました。

■継続利用したい理由1位は「移動時間がなくて効率的」


継続してほしいと答えた方に継続してほしい理由を聞いたところ、1位は「移動がなくて効率的」、2位が「時間が区切られているのでだらけない」、3位が「他の人が見えて刺激になるのでモチベーションを維持できる」という結果になりました。「センセイプレイスのネット自習室」は、オンラインの強みを活かした、「移動時間のかからない自習室」であり、1時間毎に休憩時間を設けることで集中力を維持できる仕組みを作っています。また、全国から学生が参加し、朝の会で目標宣言をすることで他の人達の頑張りが刺激となり、モチベーションの維持に繋がると考えています。

#休校中の過ごし方 を支援する「センセイプレイスのネット自習室」概要

時間:8:45~11:00 自習の前後に10分間の「朝会」と「ふりかえり会」を実施。
期間:2020年5月7日(木)~5月29日(金)まで
※土日祝日は除く
対象:高校1年生、高校2年生、高校3年生、浪人生
自習環境:ビデオ会議サービスZoomを活用
自習室の管理人:センセイプレイス学習責任者 馬場センセイ、センセイプレイス学習コーチ陣(現役の早稲田生・慶応生)

内容
1朝の会:自習前の目標宣言(学習時間、やること、決意表明)、
2帰りの会:自習後のふりかえり(学習時間、やったこと、ふりかえり)、
馬場センセイ・学習コーチ陣による有益な情報の学習情報の提供

■会社概要
2015年にCEO庄司裕一とCLO(学習責任者=Chief Learning Officer)馬場祐平の2人で創業した教育スタートアップ。3度の資金調達を経て、現在は社員10名を中心に、学生インターン30名・学習コーチ40名が在籍する規模に拡大。2017年にスタートした大学受験生向けYouTubeチャンネルは、開始3年間でチャンネル登録者数約2万人超、視聴回数1000万回の人気チャンネルとして成長中。

会社名:センセイプレイス株式会社
所在地:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目13-3 橘ビル5階
代表者:庄司裕一(しょうじゆういち)
設立:2015年4月
会社公式サイト:https://www.senseiplace.com/

■「学研キッズネットFor Parents」のニュース一覧はコチラ■
https://kids.gakken.co.jp/parents/

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)
『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。
学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

すくすく伸びる
子どもたちのために