シリーズ 専門家にきく!

情報モラル教育のエキスパートが語る、ネットと子ども、そして保護者の望ましい関係とは ピットクルー株式会社 高橋大洋氏インタビュー第2回(全4回)

インターネットのコンテンツ監視サービスを手がけるピットクルー株式会社。同社では学校向けのネットサポートサービスを行なっており、「子どもとインターネット」について年間300回以上の講演と全国10,000校以上のネットパトロールを実施しています。インターネット利用者行動研究室の高橋大洋室長に「情報モラル教育のいま」についてうかがいました。2回めの今回はネットトラブルと保護者ができる回避方法についてとりあげます。

(インタビュアー 川筋真貴)


ピットクルー高橋氏近影
高橋大洋(たかはしたいよう)
ピットクルー株式会社 インターネット利用者行動研究室 室長。2008年ごろから、「子どもとインターネット」領域での保護者や学校支援に取り組んでいる。「ネットとのつきあい方をオトナにもわかりやすく」をモットーに研修講師、教材開発、執筆、省庁・自治体の会議委員など幅広く活動中。子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)事務局(2008年~)。一般社団法人セーファーインターネット協会事務局(2014年~)。

第2回 子どものネットトラブル、その背景と回避方法

−−子どものネット知識とネットトラブルは関係ありますか?


子どもたちのネットトラブルの背景には(1)知識の不足や不十分な理解(2)経験や成熟の不足、(3)「満たされなさ」からの避難・代償があります。知識の不足には、インターネットにかかわるものだけでなく、世の中のしくみや道徳・規範も含まれます。

十分な知識や経験があっても、ネットで大きなトラブルを起こしてしまう子どももいる。その子の状況や環境において、満たされないなにかがあるわけです。その状況が背中を押して「まさか、やらないでしょ!?」ってことをネットでやらかしてしまう。

−−なるほど。

現実世界に活躍の場がなくて、ネットの世界に逃避して行動する子どもは、ネットだけに拠り所があるわけです。だからこそ、最悪の事態になる前に、周囲の気づきやケアが必要なんです。

親に愛されている、親に認められている、部活で活躍できる、勉強ができる、スターウォーズにものすごく詳しいとかいうふうにその道では一目置かれてるとか、なんでもいいんですが、なにかが必要なんですよ。

でも家庭環境やなにかのタイミングでそれが失われていて、その寂しさや喪失感などをネットで埋めてしまう。ここで必要になるのは子ども自身のネットの知識ではなくて、周りの大人の気づき、そして適切なケアです。だからこそ保護者へ向けた話は大事なんです。

−− ネットトラブルの解決にはどんなことが必要なのでしょうか。


社会全体で見ると、トラブルを減らすためには、「調査」、「相談」、「教育」という3つの機能が必要です。

はじめの「調査」機能というのは、ネットパトロールやアンケートなどをさします。学校や自治体で行なっていますね。定期的にずっと見続けることで子どもたちのネット利用の傾向を読み取るわけです。調査だけでなにかが解決するわけではありませんが、子どもたちに「だれか見てる人がいるんだよ」というメッセージを伝えることの効果も大きいんです。

2つめの「相談」機能というのは、問題が起こったときに相談できる相手や公的窓口をさします。たとえば東京都だと外部に委託した相談窓口「こたエール」を持っています。これは都内に住んでいたり、都内に通勤・通学している人を対象にした、ネットトラブルに関する専門相談窓口です。他の自治体や学校などでも相談できる窓口を用意しているところがありますので、ぜひ確認してみてください。

こたエール http://www.tokyohelpdesk.jp

3つ目の「教育」機能というのは、子どもたちや先生、そして保護者に学習の機会を提供することをさします。学校の外から授業をしにやって来る「安全指導」には昔から警察の交通安全教室や防犯教室などがありますが、そのインターネット版です。

わたしたちは、インターネットの中の仕事をしている人間という立場でその授業を行なっています。最近では学校の先生自身が授業で教えることも求められているので、わたしたちが先生方向けの研修会の講師を担当することもあるんですよ。

とはいえ、いまやネットは、毎日の生活にかかわることですし、学校以外で使う時間の方が圧倒的に長いです。知識だけでなく、日々の経験も大切なので、学校の授業だけではとても足りないのが実際のところです。

ですから保護者のみなさんが子どもたちに教えたりいっしょに考える機会をつくることが、とても重要なんです。


新宿区私立幼稚園教育研修会・新宿区私立幼稚園PTA連合会合同研修会にて

−− ネットの世界に救いを求めてしまう前に子どもをケアすることの大切さについて、とても考えさせられました。次回は理想的なインターネットデビューについてお話をうかがいます。

関連記事

第1回 情報モラル教育で子どもたちが本当に知りたいこと

 

川筋真貴
川筋真貴(かわすじまき)
中学校の国語教員を経てライターに転職。女性向けの媒体での執筆が多く、IT関係からファッション・ペット・インテリアまで、女性のライフスタイルに役立つ記事の作成を得意としている。趣味は長年続けている茶道と御朱印集め。東京都在住。