シリーズ 専門家にきく!

情報モラル教育のエキスパートが語る、ネットと子ども、そして保護者の望ましい関係とは ピットクルー株式会社 高橋大洋氏インタビュー第3回(全4回)


インターネットのコンテンツ監視サービスを手がけるピットクルー株式会社。同社では学校向けのネットサポートサービスを行なっており、「子どもとインターネット」について年間300回以上の講演と全国10,000校以上のネットパトロールを実施しています。インターネット利用者行動研究室の高橋大洋室長に「情報モラル教育のいま」についてうかがいました。2回めは今回は理想のネットデビューとはどんなものなのか、掘りさげたいと思います。

 

(インタビュアー 川筋真貴)

ピットクルー高橋氏近影
高橋大洋(たかはしたいよう)
ピットクルー株式会社 インターネット利用者行動研究室 室長。2008年ごろから、「子どもとインターネット」領域での保護者や学校支援に取り組んでいる。「ネットとのつきあい方をオトナにもわかりやすく」をモットーに研修講師、教材開発、執筆、省庁・自治体の会議委員など幅広く活動中。子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)事務局(2008年~)。一般社団法人セーファーインターネット協会事務局(2014年~)。

第3回 理想のネットデビューとは

−−高橋さんが考える望ましいネットデビューについて教えてください。

わたしも事務局として参加している「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」、通称子どもネット研というところで、段階的利用モデルというのを提唱しているんです。これは、まったくネットを使わない段階からはじまり、ネット上で大人として扱われる18歳までの期間について、段階的に難度を上げて利用範囲を広げていくというモデルです。

 

子どもたちのインターネット利用について考える研究会 段階的利用モデル

※子どもたちのインターネット利用について考える研究会 段階的利用モデル 小中学生のお子さんを持つ保護者のためのインターネットセーフティガイド より作成

詳しくはこちら
http://www.child-safenet.jp/material/guide06_model/

−−具体的にどういう段階があるのでしょうか?

最初は「見るだけ」の段階です。保護者といっしょの環境などで動画やサイトを見るだけ。これなら受け身ですから、ネット上に自分の失敗した記録も残らないし、相手を傷つけたりしないですよね。

でもその前に知っておいてほしいのが、ネットにはうその情報や危ないこともあるということ。子ども向けの情報、たとえばEテレの教育番組、絵本なんかでは、悪質なうそや危ないもの、むきだしの悪意はとりのぞかれていますよね。ネットデビュー期の子どもはうそだらけの情報に接したことがほとんどない。でもネットというのはそういう保証がまったくないメディアだから、そのことを保護者も含めて知っておいてほしいわけです。

それに加えて、保護者と話し合って節度のある使い方をすること、約束を守りなにかあったらすぐ相談できることも、「見るだけ」を認めるために必要な力です。

たとえば保護者が「YouTubeでセサミストリートを見てもいいよ」と子どもに言ったとする。そこで、約束の時間になっても見るのをやめられないなら、まだその子に見させるのは早いんですね。

これらの見きわめポイントをクリアできたら、「見るだけ」の段階に入っていく、というわけです。

−−「見るだけ」の次はどんな段階ですか?


「発信する」段階です。昔はメールからはじまるケースが多かったのですが、最近はいきなりLINEではじまることも多いようです。発信したものは「公開される」「取り消せない」「匿名性はない」こと、そして「オンラインコミュニケーションだけでは気持ちは伝わらない」ということを知ったうえで発信する必要があります。

最初は家族と練習して、少しなれてきたら友だちとというように段階を踏んでいくのがおすすめです。家族での練習期間は1カ月とか短くてもいいんですが、家族で練習している期間に、オンラインコミュニケーションだけでは気持ちは伝わらないという本質を体験できるのが理想です。

−− 18歳になる前に、どんなことができるようになっていればいいのでしょうか。

徐々にレベルを上げて、18歳になる前に「他の人の目にふれるところに発表する」ことを経験しておく必要もあります。子どもはネットを使っていろんなことを友だちとやりとりしていますが、世の中にはさまざまな価値観があるということを実感としてまだ知らないんです。自分と同じような中学生・高校生しかいない狭い世界だったらOKだったことが、広い世界ではダメなんだということがなかなかわからない。

そのためにも18歳になる前に広い世界で「発表する」ということを経験させるのが一つの理想です。ここで、一度発信した言葉は取り消せないとか、責任ある行動の重要性を自分の体験として知ることが大切です。

その他に、特定のアプリや、オンラインだけでなく、いろいろな手段を目的や状況に応じて使い分けて情報を集めたり、伝えたりすることも18歳までにできるようにしておきたいですね。

ネットとのかかわり方も、段階に分けて考える軸があればわかりやすく、子どもにも説明しやすいですね。最終回となる次回は保護者の心構えについてお話をうかがいたいと思います

関連記事

第1回 情報モラル教育で子どもたちが本当に知りたいこと
第2回 子どものネットトラブル、その背景と回避方法

川筋真貴
川筋真貴(かわすじまき)
中学校の国語教員を経てライターに転職。女性向けの媒体での執筆が多く、IT関係からファッション・ペット・インテリアまで、女性のライフスタイルに役立つ記事の作成を得意としている。趣味は長年続けている茶道と御朱印集め。東京都在住。