シリーズ 専門家にきく!

情報モラル教育のエキスパートが語る、ネットと子ども、そして保護者の望ましい関係とは ピットクルー株式会社 高橋大洋氏インタビュー第4回(全4回)


インターネットのコンテンツ監視サービスを手がけるピットクルー株式会社。同社では学校向けのネットサポートサービスを行なっており、「子どもとインターネット」について年間300回以上の講演と全国10,000校以上のネットパトロールを実施しています。インターネット利用者行動研究室の高橋大洋室長に「情報モラル教育のいま」についてうかがいました。最後に保護者の心構えについて教えていただきましょう。

(インタビュアー 川筋真貴)

ピットクルー高橋氏近影
高橋大洋(たかはしたいよう)
ピットクルー株式会社 インターネット利用者行動研究室 室長。2008年ごろから、「子どもとインターネット」領域での保護者や学校支援に取り組んでいる。「ネットとのつきあい方をオトナにもわかりやすく」をモットーに研修講師、教材開発、執筆、省庁・自治体の会議委員など幅広く活動中。子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)事務局(2008年~)。一般社団法人セーファーインターネット協会事務局(2014年~)。

第4回 ネットを使う子どもに保護者ができる一番大切なこと

−− 保護者はネットを利用する子どもとどのように向き合えばいいでしょうか?

 


まず「困ったことは必ず起きる」という事実を受け入れてください。ネットは怖いという話を聞くとつい「トラブルゼロ」をめざしたくなるんですね。1回でもつまづいたら人生終わりだみたいな気分になる。でもそれはうそなんです。どの子にも困ったことは必ず起きます。とはいえ、子どもは急に地下鉄の線路に降りて、写真をとってネットにつぶやいたりしません。手前に助走期間があるんです。このくらい書いても平気、こんなことしても大丈夫……そして、こえてはいけない一線をこえてしまう。その前にチャンスはあるんです。

といっても保護者がずっと見張っているわけにはいきません。子どもが「ヤバッ」と感じたときに、保護者に「ちょっとまずいかも……」と伝えられる関係をキープしていくことがとても大切です。

−−子どもが相談しやすくするためには、どうしたらよいでしょう?

子どものネット利用に関心があるんだということを普段から表明しておく必要があります。

いつも「利用料金には気をつけなさいよ」としか言わない人には不安な気持ちを伝えられないですよね。「なんでも言っておいで」というコミュニケーションの経路を断ち切らないことが大事です。

そのためには保護者、あるいは周りの大人が勇気を出して「ネットで困ったことがあったら相談しなさいよ」と言ったときの、「はぁ?」「うん…そうだね(苦笑)」という子どもの反応を乗り越える必要があります。

−−もし「お母さんはネットのことなんか知らないでしょ」と言われたらどうすればいいでしょうか?

「そうだね、詳しくは知らない。でもお母さんは詳しい人につなぐことができるんだよ」と自信を持って答えてください。トラブルを大きくしないために大切なのは、一刻も早く対応を始めることです。子どもどうしで「どうする? どうする?」って騒いでいるよりも、大人の助けを借りた方が、ずっと早く解決にたどり着けることを教えてあげてください。

もし身近な「詳しい人」に心当たりがなければ、自治体の相談窓口などの、専門の人につなぐんです。ちょっとした風邪ならともかく、子どもが急に高熱を出してようすがおかしかったら病院へ連れていきますよね。ネットのトラブルもいっしょです。

極端な話、最悪の事態さえ避けられれば、子どもがネットでなにをしているのか保護者がすべてを知らなくてもいいわけです。子どものネット利用を管理しようとすることよりも「なにかあったら言っておいで」という言葉が確実に伝わっていることが大切です。

 

−−そのほかにコツはありますか?

スマホなどの機器は、子どもさんの持ち物にはしないでください。クリスマスプレゼントとか進級祝いとかの名目で与えてしまうと、子どもの所有物になって、保護者から口出ししづらくなりますよね。なにかの設定を確認しようとしても「わたしのだから触らないで」、LINEの練習をしようと持ちかけても「わたしはしたくない」って言われたら終わりです。

これが、子どもに保護者の機器を貸し出している形ならどうでしょう。「それってお父さんのだよね?」といつでも設定を確認したり、流行っている新しいアプリについて聞きやすくなるんですよ。保護者が中身を黙って見ないと約束する代わりに、画面ロックのパスワードは共有するように約束させるのもアリです。

あとから厳しくするやり方は、親子ともにくたびれます。保護者が良いお手本を心がけ、子どもとの間に信頼関係が成り立っていれば、子どもがどんなスマホの使い方をしているのか、友だちともめていないかどうかも、保護者にちゃんと伝わってくるんです。


大切な子どもたちを守るためには、まずわたしたちが相談される大人にならなくてはいけませんね。

高橋さん、本当にありがとうございました

関連記事

第1回 情報モラル教育で子どもたちが本当に知りたいこと
第2回 子どものネットトラブル、その背景と回避方法
第3回 第3回 理想のネットデビューとは
第4回 ネットを使う子どもに保護者ができる一番大切なこと

川筋真貴
川筋真貴(かわすじまき)
中学校の国語教員を経てライターに転職。女性向けの媒体での執筆が多く、IT関係からファッション・ペット・インテリアまで、女性のライフスタイルに役立つ記事の作成を得意としている。趣味は長年続けている茶道と御朱印集め。東京都在住。