すてきな女性になるヒントが詰まっている 映画『赤毛のアン 卒業』

すてきな女性になるヒントが詰まっている 映画『赤毛のアン 卒業』

100年以上経っても、少女たちに愛されて続けているL.M.モンゴメリの小説「赤毛のアン」。
それを原作として映画化し、昨年公開された『赤毛のアン』、今年10月から公開された『赤毛のアン 初恋』に続き、いよいよ完結編となる『赤毛のアン 卒業』が11月2日(金)から、全国順次ロードショーとなります。

恋心を封印してライバルとなったアンとギルバートに注目!

3部作の完結編となる『赤毛のアン 卒業』は、相変わらずおしゃべりの大好きなアンが、ちょっぴり大人になって、教師になるという夢に向かって邁進していく姿が描かれています。
また、前作『赤毛のアン 初恋』で、たがいに恋心を抱きながらもすれ違ってしまったアンとギルバート。今作でも気持ちがすれ違ったままの2人は、おたがいに素直になれないがゆえに、学業のライバルとして闘争心を燃やすようになります。そして、切磋琢磨しながら、将来の夢へ向かって突き進んでゆくのです。


恋心を封印し、勉強でのライバルとなったアン(写真右/エラ・バレンタイン)とギルバート(同左/ドゥルー・ヘイタオグルー)。対抗心を燃やすふたりの会話は、微笑ましくもあります。

進む道が違っても旧交を大事にするアンとダイアナ

アンのギルバートとの〝腐れ縁〟に対して、腹心の友であるダイアナとの関係の変化には切なさがこみ上げます。アンの養父母・マシュウとマリラ兄妹は、アンに良い教育を受けさせるべく、アンの上級学校への進学を賛成し応援しますが、ダイアナの家族は女性が上級学校に行く必要はないという考えを持っています。そのため、ダイアナは家族の意向に従い上級学校への進学をあきらめ、ふたりは違う道を進んでいくのです。しかし、アンとダイアナは違う道に進んでも腹心の友であり続けます。

この映画の副題となっている〝卒業〟という言葉に象徴されるように、この作品でアンは学校の卒業とともに、深い悲しみを経験することによって少女から卒業して、すてきな女性へと変貌を遂げていきます。

そんなアンの変化が描かれるクライマックスは涙なしには見られないのですが、「曲がり角の先にも、きっと素敵なことが待っている」と信じ、どんなにつらく悲しいことがあっても前を向けば、すてきな景色に出会えるはずだと、未来へと向かっていくアンの姿から勇気をもらいました。

生きていれば悲しいこともあるし、うまくいかないこともあるし、おもしろくないこともあります。でも、前を向いていれば、きれいな花を目にするかもしれないし、すてきな人と出会うかもしれません。前を向くことの大切さを、この映画は教えてくれるのです。


アンは少女期を卒業し、すてきな女性へと成長していく

教科書では学べないことが詰まっている映画

初恋の人との微妙な距離感にはじまり、幼なじみとの友情や前を向いて歩いていくことの大切さなど、この映画には、教科書には書かれていないけれど学ぶべき大切なことがたくさん詰まっています。アンに負けずおしゃべり好きな娘(中1)がこの映画を観たら、どんな感想を持つのか。また親からすると幼く思える娘が、大人への階段をどれくらい上っているのか(もしくはどのあたりで立ち止まっているのか……)、確かめられるかもしれません。

今年、中学に入学し、新しい友だちと出会った娘。中学の友だちとの学校生活も楽しいようですが、近くに住む幼いころからの友だちとは、アンとダイアナのようにホッとできる関係のようです。そんなお友だちといっしょに、この映画を観に行き、旧交を温めるのもいいかもしれないとも思いました。

作品情報


『赤毛のアン 卒業』
製作総指揮: ケイト・マクドナルド・バトラー
監督: ジョン・ケント・ハリソン
原作: L.M.モンゴメリ「赤毛のアン」
脚本: スーザン・コイン
出演: エラ・バレンタイン、サラ・ボッツフォード、マーティン・シーン

11月2日(金)より、新宿バトル9、109シネマズ二子玉川 他 全国順次ロードショー

公式サイト:http://anne-movie.jp/

配給:シナジー
2017年 カナダ/カラー/ビスタ/英語/5.1ch/原題:L.M.Montgomery’s Anne of Green Gables Fire & Dew

(c) 2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

思春期の少女を描く『赤毛のアン 初恋』

中森かなめ(なかもりかなめ)
東京都在住・40代
夫と娘(中1)と3人暮らし。
大学卒業後、出版社勤務を経て、渡仏。1年弱遊学した後、フリーランスライターとなる。結婚して出産後、しばらく休業するも、娘が5歳のときに復帰。現在も細々と執筆業に励む。