プロから伝授! スマホで子どもの写真をステキに撮る6つのポイント

プロから伝授! スマホで子どもの写真をステキに撮る6つのポイント

さわやかな秋の行楽シーズン。秋晴れの休日には子どもとお出かけして“インスタ映え”する写真を撮って、SNSにアップして……という人も多く、デジカメや一眼レフより、今は「手軽なスマホでの撮影が主流」といってもいいでしょう。

ただ、スマホのカメラではシャッターを押せばそれなりに撮れてしまうけれど、デジカメとは勝手が異なるため思い通りの1枚は撮れないという声もよく聞きます。

そこで、プロカメラマンで2児の父でもある大崎聡さんに、スマホのカメラで子どもと風景を上手に撮る方法を教えてもらいました

大崎 聡(おおさき さとし)さん
撮影スタジオで広告写真を学んだあと、ファッションフォトグラファーに師事。2000年に独立し、2008年に『Shin Irai Inc.』を設立する。現在は、人物、美容、風景写真など幅広い分野の撮影に携わり、広告、雑誌、書籍など、さまざまなメディアで活躍している。著書に「いきなり思い通りに撮れる!デジタル一眼レフカメラと写真の基本BOOK」(永岡書店)。

まずは、スマホカメラのアプリによる違いを知っておこう!

スマホには、カメラアプリが標準機能として入っています。
iPhoneの場合は、iPhone8、iPhoneXと機種が違っても、同じアプリが入っているので操作方法は変わりません。でも、Androidの場合、機種により標準搭載されているカメラアプリが異なるので、操作方法が違うことがあります。ここではiPhoneの操作方法で説明しますが、同じ機能がほとんどのAndroidにもありますので、説明書などで確認してください。

Point1 きれいな写真を撮りたいならAE/AFロックを使おう!

AE/AFロックというのは、明るさとピントを固定する機能のこと(ただし、ピントを固定したらカメラを前後に動かさないことが前提)。
「この機能を使うと、背景の明るさが調整でき、子どもの顔が暗くなってしまうとか、ピントが合っていないということがなくなります」(大崎さん)

AE/AFロックというカメラの専門用語を聞くと、ちょっと難しそうと思うかもしれませんが、スマホなら操作は簡単。カメラアプリを起動させ、明るさとピントを合わせたい被写体を画面に写し、ピントを合わせたい被写体を指でタッチして長押しするだけ。このひと手間で写真の明るさとピントを固定できます。このときに、上下左右に動かしてアングルを決めるという作業は問題ないのですが、前後に大きく動かす(一歩前に出るなど)と、せっかくのピントがずれてしまいますので、注意してください。

ちなみに、AEとはオートマティック・エクスポージャー(自動露出)、AFとはオート・フォーカス(ピント自動調整)の略称です。

iPhoneの場合、明るさとピントを合わせたい被写体を画面に写し、画面上で狙った被写体を指で長押しすれば、画面上部にAE/AFロックという表示が出て、明るさとピントが固定されます。

AE/AFロックを利用して、明るさとピントを固定したら、構図を検討してシャッターを押します。これだけでも被写体の写りが断然変わります!


AE/AFロックを利用しない場合、背景の明るさにカメラが反応して、人物の表情が暗くなってしまいます。

AE/AFロックを利用すれば、明るさとピントを自分の狙いで決められます。上下左右にアングルを変えてもAE/AFロックで固定していれば、人物の肌がきれいに、表情もハッキリと写ります。

Point2 肉眼に近い写真撮影もできる!

次に覚えたいのはHDR機能。またまたアルファベットが並んだ用語はちょっと難しそうな印象を受けますが……。

肉眼で見ている状態に近い写真を撮ることができるという機能なんです。屋外で写真を撮るときには、ぜひ使ってほしいですね」(大崎さん)

ちなみにHDRとは、ハイダイナミックレンジ合成の略称で、露出レベルの異なる3枚の写真を1枚に合成することで、細部まで美しいショットを可能にするのです。
カメラアプリを起動させて、画面上部に表示されたHDRをタップし、HDRをオンにするだけです(iPhoneの場合)。


画面上部に表示された“HDR”をタップして、次に“オン”をタップすると、HDR機能が作動。

(左)HDR機能を使わない場合。空が白く写ってしまう。 (右)HDR機能をオン。顔の明るさもちょうど良いまま、空が青く、白い雲も写しだされます。

ただし、HDR機能はメモリを3枚分使用することになります。HDR機能をオンにしたままにしておくとメモリがどんどん減っていってしまうので要注意です!

Point3 光を上手に取り入れよう!

写真を撮るときに逆光になってしまうなど、光のことで迷ったことはありませんか?

「そういうというときは、光の当たり方を考えて、カメラ向きを変えてみましょう」(大崎さん)
光の当たり方は以下の3つに分けられます。

1)逆光……被写体の真うしろから光が当たる。


背景が明るく、顔が暗く写ってしまいます

2)順光……被写体の正面から光が当たる。


人物がくっきり鮮やかに、表情が明るく撮れます

3)斜光……被写体の横または斜めから光が当たる。


自然な陰影がつき、雰囲気のある写真が撮れます

逆光になるけれど、どうしてもこの風景をバックに撮りたい、ということもありますよね。逆光で人物の表情を明るく撮りたいときは、レフ板を使うという方法もあります。

「レフ板は、プロのカメラマンがモデルを撮影するときなどに、向かってくる逆光を人物に反射させるために使う撮影アイテムですが、プロ仕様のレフ板がなくても、白いもの(白い紙や白色のハンカチ・カーディガンなど)で代用が可能です」(大崎さん)


被写体の手前にレフ板をかざして、光を反射させて撮ると、肌も明るくきれいに写ります。レフ板に反射する光が眩しすぎるときは、2~3秒目をつぶってもらって、カメラマンの合図とともに目を開けてもらえば、眩しそうな顔にもなりません。

Point4 構図を意識しよう!

せっかく撮ったけど、なんとなくバランスがイマイチで……という場合は、構図をつくる目安になるグリット線機能がオススメです。

“設定”から“カメラ”を選択し、“グリッド”をタップすれば、画面上のタテとヨコに均等に2本ずつ線が表示されます。


iPhoneの場合、グリッドをオンの設定にすると、カメラを起動した際にグリッド線が表示されます

タテヨコ各2本のグリッド線が交差するおおよそのポイントに、被写体を配置するようにして、画面の中心に置かないように意識すると、空間の余白や広がりが出て効果的な構図となります」(大崎さん)


画面の中心に被写体を配置すると、背景も中途半端に写りこんで平凡な印象に

グリッド線が交差する左下のポイントに被写体を配置して構図をつくることで、空間に広がりが出て、インスタ映えな1枚に!

Point5 被写体に近寄って撮ろう!

スマホカメラで撮影するときによくあるのが、思ったよりも子どもが小さく写ってしまったということ。

「スマホのカメラは、広い空間や風景の撮影を得意とする“広角レンズ”がついているので、目で見る印象よりも広く全体が写ります。カメラにはズーム機能もありますが、ズーム機能を使うと画像が荒くなってしまうので、撮影するときは被写体に何歩か近づいて撮ることも上手に写すポイントです」(大崎さん)

さらに、お子さんに動きのあるポーズを注文すれば、躍動感のあるいきいきとした1枚となります。


「スマホカメラなら、思い切ってこのくらい近づきましょう」と大崎さん

Point6 連写機能も利用しよう!

じっとしていない子どもたちを撮ろうとして、ブレてしまったという経験はありませんか?

「そんなときは、カメラマンも被写体といっしょに動きながら連写モードで撮りましょう」(大崎さん)

スマホのシャッターボタンを長押しして、押し続けている間はかなり多くの枚数を撮影できます。


走る子どもたちといっしょに動きながら連写で撮影

連写した写真は、ホーム画面にある“写真”アプリを起動させ、バーストモード(高速連写機能)で撮影したショットを選択します。さらに、スクリーン下部の“選択…”をタップすると、連続した写真が1枚ずつ表示されます。


スクリーン下部の選択をタップ。連続した写真が1枚ずつ表示されたら、スワイプしてお気に入りの1枚を選びましょう。写真右下の○をタップすれば、お気に入りの1枚が保存されます。連写は複数枚の写真を撮ることになるので、このままにしておくとメモリがいっぱいになってしまいます。1枚選んだらほかの写真は削除しましょう。

なお、通常のシャッターボタンのほかに、本体側面にある音量ボタンもシャッターボタンとして機能します。スマホを横にして撮影するときや、片手で撮影するときは、音量ボタンを利用するのも便利です。

子どもとの思い出写真を大切に!

いかがでしたか? この6つのポイントをおさえておけば、ただ撮るだけではない、ちょっとこだわったショットが撮れること間違いなし!

そして写真を撮ったらできるだけ早く、できればその日のうちに整理しておくと、いつどこで撮影したのかということも忘れないのでオススメです。

「写真の整理は、忙しくてついあと回しになってしまいがちですが、メモリがいっぱいになってしまう前に、パソコンやハードディスク等に保存しておきましょう」(大崎さん)

子どものかわいい瞬間をベストタイミングで記録して、思い出の写真をたくさん残してくださいね!

(まとめ 中森かなめ)

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)
『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。
学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

すくすく伸びる
子どもたちのために