学習指導要領の改訂で学校教育が変わる

第39回 特別活動でいまある課題の解決を学ぶ

第39回 特別活動でいまある課題の解決を学ぶ

今回は、中学校、高等学校の特別活動で指導されている「男女相互の理解と協力」「思春期の不安や悩みの解決」を紹介します。

学校生活、社会生活を送るための必須の力をはぐくむ

特別活動は、各教科等で育成された資質・能力を、集団や自分自身の課題を解決するために実践することにより、実生活で資質・能力を発揮できるようにすることを目的としています。特別活動では、学校生活を送るうえで基盤となる力や、社会で他者とかかわって生きていく力をはぐくむ活動として実践されてきました。また人間形成の面では、とくに心のもち方や態度面に関する資質・能力を育成することが重視されてきました。

男女がたがいに尊重し合うことが男女共同参画社会の原点

中学校、高等学校の特別活動では、生徒は、男女がたがいに相手のよさを認め合うことを理解し、共に尊重し合い、ルールやマナーを大切にして人間関係を築くことを学びます。学校教育を通して、男女が協力し合って充実した学校生活を送るためです。
中学生は、男女の身体面、精神面の特徴が顕著にあらわれ、異性への関心が高まる時期です。中学生のときに、異性を尊重し合い、協力することを理解することはとても重要です。

次期学習指導要領では、特別活動において、生徒がテーマに基づいて課題を発見し、情報を収集し、課題の解決方法を考え、意見を交換し合うといった学習活動が推奨されています。たとえば、男女共同参画社会の実現に向けて、日本が抱えている課題について、インターネットや新聞、雑誌などから情報を収集し、課題を見つけ、課題解決策について話し合います。

「ジェンダー・ギャップ指数*1は、世界144カ国中で日本は114位(2017年)。日本では企業の女性管理職、女性の政治家の数が少ない現実をとらえ、解決策を話し合うのも意義のある取組みです。

*1 世界経済フォーラム「グローバル・ジェンダー・ギャップ報告書」をもとに作成された、経済、教育、保健、政治の分野ごとの男女間の格差を示す指標。下の表は「内閣府男女共同参画局」のウェブサイトに掲載されたもの。


出典:内閣府男女共同参画局ウェブサイト

高等学校の特別活動では、具体的に男女共同参画社会における働き方について、自分のキャリア形成と合わせて考えます。高等学校の「家庭基礎」では、男女が相互に協力して、家族の一員としての役割を果たし家庭を築くことの重要性を学びます。家庭科の授業と連携して、男女がたがいの生き方や仕事を尊重し合い、家庭生活を送るための方法や恋愛と結婚などについて話し合うことは、貴重な体験です。

思春期の不安や悩みを解決するための話し合い

中学校の特別活動の内容に含まれている「思春期の不安や悩みの解決、性的な発達への対応」(前回参照)は、とくに中学生にとって重要なテーマです。中学生になると、新しい人間関係に悩んだり、失敗や挫折を経験して自信をなくしたり、生き方に不安を感じたりするなど、心のかっとうに直面します。

思春期の不安や悩みの解決にあたって、特別活動で育成をめざす資質・能力は、思春期の心と身体の発達を正しく理解し、悩みや不安を解消しながら自他の人格を尊重した行動ができるようになることです。また、そうした過程を通して、自分の行動に責任をもち、悩みや不安に向き合う経験や学びを成長につなげようとする態度を育てることです。

自分が不安に感じることや挫折を乗り越えたアスリートなど、身近な人の事例をもとに生徒が話し合ったり、先輩や身近な大人にインタビューしたりして、悩みの解決方法について学びます。

高校生になると、自らの行動は自ら選択し決定したいという自律の要求が高まります。同時に、自分の将来の生き方や進路を模索する時期でもあります。高等学校では、さまざまな人々の生き方に触れ、いかに生きるべきかについて考え、話し合います。
こうした活動を通して思春期特有の問題を乗り越え、人間としての成長につなげることが期待されています。

学級やホームルームでの活発な話し合いを実践するには、生徒の悩みを自分のことのように共感して考えることができる雰囲気を学級やホームルームの中につくることが前提条件です。安心して自分の気持ちを伝えることができる学級やホームルームづくりがなによりも重要です。

氾濫する性情報に対応する

次期学習指導要領では、性的な発達への対応として、中学生に対し性情報への対応やエイズや性感染症などの予防について触れ、専門家の講話を聞くことも推奨しています。(高校生に関しては性的な発達への対応に触れていません)。とくにインターネット上には、女性を商品化したような情報があふれています。膨大な量の性情報に振り回されずに適切に対応する力を身につけてほしいものです。

特別活動では、さまざまな問題への対処法を考えながら、将来を豊かに生きるための資質・能力を養います。特別活動を通して子どもたちの生きる力が育ってほしいと願っています。

藤田由美子(ふじたゆみこ)
藤田由美子(ふじたゆみこ)
株式会社ユーミックス代表取締役社長。1993年の創業以来、コンピューターリテラシー教育を数多く手がける。
「生きる力」「社会力」の育成をめざして、子ども向けICT教育のカリキュラム作りにも力をいれており、大手携帯電話会社のケータイ安全教室の企画立ち上げ、ネット安全利用推進プログラムの開発など、実績多数。