身近な生き物をみてみよう!「鳥」


撮影:掛下尚一郎

秋から冬はバードウォッチングのチャンス!

暑い暑い夏が過ぎ、野外で身近な生き物を観察するのが楽しい時期になりました。バードウォッチングを親子で楽しんでみたいと考える方もいるのではないでしょうか。そこで日本野鳥の会普及室の堀本理華さんに、野鳥を観察する楽しみや観察の仕方、野鳥と付き合ううえで気をつけたいことなどについて聞きました。


お話を聞いた堀本理華さん

野鳥を観察する楽しみはたくさんあります。
まず色や形が美しく、しぐさなどもかわいくて癒されます。鳴き声を楽しむこともできますし、絵や写真に表現する楽しみもあります。日本で観察できる鳥は全部で約600種類。多いように思えますが、地域性や季節性などもあるので実際に身近に観察できる数はもっと少なく、昆虫や植物と違ってほとんどの種類を覚えることも不可能ではありません。知っている鳥が増えていくのも楽しいものです。

秋から冬にかけては、バードウォッチングを始めるには絶好の季節です。木の葉が散って鳥の姿が見えやすくなるし、水辺にカモやカモメなど大きな鳥が渡ってくるからです。
あまりバードウォッチングの経験がないと、どこにどんな鳥がいるのか分からない、と思うかもしれません。でも、少し気をつければ、東京の都心部でも10種類くらいは見つけることができるんですよ。野鳥を観察するうえでまず大事なことは、ちょっと変に聞こえるかもしれませんが、「鳥はどこにでもいるんだ」と思うことなのです。

まずは「ものさし鳥」を頭に入れよう

身近にいそうな鳥を思い浮かべてみてください。スズメ、ハト、カラスなどは割とすぐに見つけられそうですね。この3種にムクドリを加えた4種は、「ものさし鳥」といって大きさの目安とされる鳥です。身近なハトには、キジバトとカワラバト(ドバト、イエバト)の2種がいます。カワラバトは飼われていたハトが野生化したもので、野鳥には入りませんが、大きさはキジバトと同じです。


「ものさし鳥」といわれる4種の鳥を押さえておくと、ぐっと観察しやすくなる。左からスズメ(全長14.5cm)、ムクドリ(全長24cm)、キジバト(全長33cm)、ハシブトカラス(全長56.5cm)イラスト:Haruki

ものさし鳥が自分との距離によってどのくらいの大きさに見えるのかを覚えておくと、野鳥を観察したり調べたりするうえでとても役に立ちます。例えば小さめの鳥を見かけたときに、スズメより大きいかどうかを意識するようにします。「このあたりにはスズメくらいしかいない」と思っていると小さめの鳥はみんなスズメに見えてしまいますが、ほかの鳥かもしれない、と思って見ると、「ちょっと色が違うな」とか「もう少し小さいな」というふうに、違いが見えるようになってくるのです。

同じように鳴き声も、「鳥が鳴いていないかな」とちょっと意識してみてください。鳴き声から鳥が見つかることは多いですよ。慣れれば「スズメのような声だったけど、もうちょっと低かったな」などと比べることができるようになります。濁っている、澄んでいる、伸ばす、区切る、繰り返しをするかどうか、リズムやテンポなども聞き分けのポイントになります。
また、脚や尾の長さや全体の体型、動作なども見分ける手がかりになります。

初心者におすすめの場所は池や川

見つけた鳥の名前を知るには、くわしい人に教えてもらうのが近道ですが、図鑑で調べるのも楽しいですね。その場合、図鑑をめくって色や形の似た鳥を探し、解説を読んで大きさやよく見られる場所などを確認して絞り込んでいきます。

日本野鳥の会で無料配布している「おさんぽ鳥図鑑」

はじめのうちは、たくさんの種類が載っている図鑑よりも、ある程度身近な種類にしぼって載せている図鑑を使ってみてください。その方が早く正しく名前を知ることができます。日本野鳥の会では、身近に見られる野鳥24種をものさし鳥の大きさに沿って紹介する、「おさんぽ鳥図鑑」という小冊子を無料配布していて、専用ページから申し込みができます※1

そのようにして、まず近所にいる身近な鳥を覚えましょう。一度いることがわかれば次からは見つけやすくなりますし、比較していろいろな鳥を見分けられるようになります。ある程度、身近な鳥がわかってきたら、同じ場所で観察して記録をつけてみるといいですよ。種類や数がわかるだけでなく、細かな動作にも注意を向けられるようになります。たとえば、カラスやハトが枝などをくわえて飛ぶようになったときに「巣づくりの時期だな」などと季節の移り変わりを実感できるようになると、身近な鳥を観察するという楽しみが増えるのではないかと思います。

どこかへ出かけてバードウォッチングをしようと思うなら、はじめは山や森林と比べて見通しが良く、鳥が近くで観察できる、川や池へ行くのがおすすめです。水辺の鳥はサギやカモなど体が大きく、動きがゆっくりしているものが多いので、見つけやすく、焦らずじっくりと観察できます。先にお話ししたように、秋から冬にかけては渡りをしてきた鳥もいて、いろいろな種類が見られますよ。

くわしい人から直接教えてもらえるバードウォッチングのイベントにも参加してみましょう。日本野鳥の会でも開催しています※2。あると良い道具は双眼鏡、野鳥図鑑、見た鳥を書き留めておくノートなどですが、はじめからそろえなくてもリーダーが望遠鏡などで鳥を見せてくれますし、鳥や道具のことをいろいろ教わることができます。


堀本さんおすすめの双眼鏡(左・ニコンモナーク7 8×30/右・ニコンプロスタッフ7S 8×30)。
「双眼鏡は長く使えるものなので、最低でも1万円以上のものを選んでほしい」と堀本さん。

「何をしているのかな?」 しぐさをじっくり観察しよう!

鳥の大きな特徴は羽毛があることです。
羽毛は飛ぶためだけでなく、体温を維持するためにもとても重要なものです。鳥たちは羽づくろいをしたり、ダニや寄生虫を落とすために水浴びや砂浴びをしたりして、しょっちゅう羽毛の手入れをしています。

ほかにも鳥はいろんなしぐさをしますので、お子さんといっしょに「何をしているんだろうね?」などと想像しながら見ると、たとえ鳥の種類がわからなくても楽しいですよ。
何かを食べていたら、鳥がいなくなったあとに近くに行って、何を食べていたか調べてみましょう。また、全く動かない鳥をよく観察していたら、まぶたが閉じかけてうつらうつらしていることもあります。経験が増えるほどに楽しさ、興味も増していきます

それに、一生懸命に鳥たちが生きている様子、例えば餌の乏しい時期でも必死で何とか餌を探していることや、ツバメは子育てのために3,000~4,000キロも渡ってくることを知ると、きっと生き物や自然に対する子どもたちの見方も変わると思います。


「鳥を観察することで、鳥の暮らしの背景にある事情にも思いを馳せてほしい」と話す堀本さん

人間のルールで判断しないで

野鳥と付き合ううえで忘れてはならないことは、野鳥は人間とは違った環境の中で生きているということです。だから人間の感覚で判断せず、野鳥の立場に立ってほしいと思います。

例えば、野鳥の子育ての時期になると、ヒナが落ちていることがあります。「このままでは死んでしまう、ネコやカラスに食べられてしまう」と思うと拾って助けてあげたくなるかもしれません。でも近くには親鳥がいるケースが多いですし、実際助けるつもりで拾ってきたとしても、人間は野鳥に飛び方や餌の探し方を教えてやることもできないのです。死んでしまったり、ほかの生き物に食べられたりしたら「かわいそう」かもしれませんが、自然界では命はほかの生き物の食べ物となることで成り立っています。鳥もきれいなチョウになるはずの幼虫を食べたりして生きているのです※3

また、寄ってきてかわいいからとパンやお菓子などを与える人がいますがお子さんがやりたがったら、それは野鳥の本当の姿ではないということを教えてあげてください。野鳥の体にとっても、良いことではありません。

個別の鳥についても、例えば「カラスはゴミを散らかすし、人をつつくから怖いし嫌い」という話をよく聞きます。
カラス(ハシブトガラス)は森林にすんでいて、木の上から地上の餌を探し、地面に降りて餌をとります。電柱や高い建物があるとその習性を生かして暮らせるということもあり、都市にもたくさんのカラスがいます。ごみを散らかすのは餌を探しているからで、習性を知ってゴミの出し方を工夫すれば散らかされなくなります。

カラスは賢くて、いろいろな遊びをすることでも知られています。滑り台を滑っているのを見たという話もあります。毛嫌いせずによく観察して面白い行動を発見してみてください。


いろいろな遊びをすることで知られるハシブトガラス。じっくり観察してみよう。撮影:掛下尚一郎

野鳥のことを表面的に判断するのではなく、自然の仕組みや習性をよく知り、適度な距離を保ってありのままの暮らしを観察してもらえたらと思います。

野鳥が生きるには豊かな環境が必要

環境の変化に伴い、身近に観察できる鳥も変化しています。よく言われるのが、スズメやツバメが減ったということ。どちらも水田や耕作地、草地の減少で虫などの餌が減ったことや、巣作りに適した場所がなくなってきていることが大きいようです。

スズメは屋根瓦の間など、ちょっとした隙間に巣をつくります。木造住宅には巣づくりできる隙間が多いのですが、近年の住宅やマンションにはありません。一方、ツバメは泥と藁などを混ぜてたもので巣をつくります。木や土壁だと巣の材料がつきやすいですが、近年の建物の素材は汚れがつきにくく、ツバメの巣づくりには向きません。糞が落ちるからと人間が巣を落としてしまうのも、ツバメが巣づくりできない原因となっています。

反対に都市部に戻ってきたのがカワセミです。高度経済成長期に川が汚れ、魚がすまなくなってカワセミは姿を消しましたが、水質が改善してきたことなどから再び見られるようになり、今では東京でも23区すべてで観察されています。本当に美しい鳥ですから、カワセミを探してみるのもいいですね。


都市部に戻ってきたカワセミ(撮影:掛下尚一郎)

野鳥は生態ピラミッドでも上の方にいます。たくさんの野鳥が暮らしていくためには、鳥の命を支える昆虫や小動物、それらを支える植物が生きていける環境が必要です。身近な鳥が人知れずいなくなることのないように、子どもたちには野鳥に親しみ、豊かな環境を守る選択ができるようになってほしいと思います。

日本野鳥の会ウェブサイト

※1 「おさんぽ鳥図鑑」が申し込める専用ページ
※2 日本野鳥の会では、全国で初心者向けのバードウォッチングのイベントを開催しています。2018年秋冬の予定
※3 関連記事「最も身近な野生の生き物、野鳥のヒナを拾わないで」

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)
『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。
学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

すくすく伸びる
子どもたちのために