ああ言えばこう言う。母と息子の“押し”問答集

「自主学習」の自主性って!

「自主学習」の自主性って!

「宿題は成績向上に効果なしという研究結果」

こんな見出しの新聞記事が、SNS上でバズっていました。もとをたどれば実は、「宿題は多すぎない限り、子どもの成功を助ける」という研究結果で、それによると、学年×10分が家庭学習の目安。高校生でも2時間以上の家庭学習は、高い効果が期待できないのだとか。

しかし、現実は。息子2号(小5)の学校から配布された「家庭学習の目安」には、5~6年生は90分という、研究結果の目安より、かなり長い時間が記載されています。

息子2号の毎日の宿題は

  • プリント 表裏
  • 「自主学習」ノート 算数1ページ+漢字1ページ

そのうち漢字は、千マス以上の方眼ノートに隙間なく漢字を書き、マスの谷間に読み仮名をふるというルールがあるんだそうで。これが相当に嫌らしく、毎日毎日、大きなため息をつき、ボヤきながらやっているのです。

ボヤキがあまりにしつこく、うるさいので、

「そんじゃあ、どんだけうざいのか、やってみようじゃあねえか!」

と、実際に宿題……改め「自主学習」ノートにチャレンジしてみることにした母。

「大人の実力見したるわ! ドヤ!!」とばかりに、超高速かつ雑に書き取りしてみました。

結果は……1ページ20分以上かかったうえに、ものすごい疲労感。手が疲れる。そして何よりもつまらない。これを来る日も来る日もやるかと思うと、確かにうざいですね。

とはいえ、この宿題…改め「自主学習」がなくなることはなさそうなので、

「どうせやらなきゃいけないなら、自分の身につくメリットのあるやり方にしたら?」

「テストで間違った漢字とか、自分が覚えたい漢字だけ選んでやったら?」

「読み仮名は1回でいいんじゃないの?」

などと、さまざまなアレンジを提案してみますが、

「そんなのダメなんだよ! やり直しさせられるんだよ!」

と、あくまでもルールを守ろうとする2号くん。
先生の言うことは絶対です。

「たまにはさ、すき間を開けてスカスカで提出してみたら?」

「そうだ! 今日は漢字さぼっちゃえ♡」

と、だんだんふざけた発言をするお母さん。
お母さんの言うことはテキトーです。

「自主学習」という名前が付いているのに、何をやるかの選択はできない。
時間や、やり方に基準がある。

もはやそれは「課題」ではないのかな。
イヤイヤやる、面白みのない勉強に意味はあるのかな?


せっかくなので、夏の個人面談で担任の先生に相談してみました!

結果は……
親子で相談したことならアレンジしていい。ルールは絶対ではない。とのこと。
(自由があるなら、はじめから子どもたちに伝えてくれたらいいのになぁ……)

宿題の量は学年で統一して決めるらしい。状況に応じて量を加減することもあるようで、ほかのクラスの宿題情報を聞きつけた子どもたちは、
「自学ノート1ページに減らしてもらったらしい」「ずるい」「隣の先生は優しい」などと、隣の青い芝生をのぞいては、苦々しい思いをしているよう。

息子1号(高3) 「おいおい。誰のための宿題か? って話だよ。そこ考えろ」

 「ほおほお。考えた結果、あえて宿題をやらなかったってわけだね?」

息子1号(高3) 「そうそう。そういうこと(ニヤニヤ)」

ちなみに2号くん、漢字の書き取りはもうだいぶ慣れてきたそうで。母にグチることで、やる気を奮い起こしているんだとか。わかるわー。グチを吐き出すことで、がんばれるところってあるよねぇ~。

あっ! そういえば、彼のため息小芝居劇場にいちいち反応して助言したらダメだったんだ。

以前にお話した
気ままに営業中! バーBBAの行方は……
ひたすら同意してうなずいて聞き役に回る……これこそが、わたしが自らに課した「自主学習」ですよ。

がんばるぞ、あたし! チェストー!

2006年 米Duke大学 Harris Cooper教授の研究結果より

ヤナトモ
宮崎県在住/40代
高3、小5の男児の母。
趣味は哲学。